水泳の悩み…背泳ぎがキックが進まない

背泳ぎは、水泳の4泳法の中で唯一、仰向けで泳ぎます。手足を左右交互に動かすので、スピードが途切れることなく常に進み、簡単に言えばクロールをひっくり返した泳ぎ方です。

バタフライや平泳ぎは、フォームの特性上、ワンストローク中に水進力の緩急があり、クロールや背泳ぎに比べて、スピードを安定させるのは難しくなります。

スポンサーリンク

ゆったり泳げる!仰向けの泳法「背泳ぎ」

一般的に、クロールは水泳の4泳法の中で最も速く泳げるとされていますが、二番目に速い泳法は、クロールと類似した背泳ぎというわけではありません。背泳ぎは、息継ぎの必要がないので、スピードが落ちる時点は無いと言えるでしょう。

それでもクロールに比べて遅くなる原因のひとつは、仰向けで進行方向の確認ができないという点です。水泳の競技選手など熟練のスイマーなら、大した問題ではありませんが、初心者や趣味程度の場合は前方確認ができないのは、ネックになります。

なお、熟練のスイマーは、5mの旗やコースロープの色、手のかき数などでターンやタッチを合わせます。さらに泳ぎながら、頭を進行方向に向ける(顔を水中に沈める)ことで、目視することも可能です。

前方(進行方向)が確認できないと、ターンやタッチのタイミングが取りづらく、無意識にでもスピードを抑えがちになってしまいます。一度でもプールの壁に腕や頭をぶつける痛みを知っているなら尚更です。

また、大きく肩を回し背中側に腕を持っていくフォームになるので、体勢を崩しやすく進行方向がブレる上に、前方確認できず修正も難しくなります。

背泳ぎの特徴として、競技の上でスタートが唯一飛び込みでないことがあります。水に入ってから後ろ向きにスタートするので、上から飛び込む勢いを活用することができず、壁を蹴る力と、上半身を反らせて水の抵抗を最小限に留めるためのしなやかな動きが必要です。

スタート後の長めの水中バサロも、特徴です。

キックがうまく進まない原因はコレ

キックは、基本的に水面に脚を出さないようにして、水中でしっかり水をとらえることが効率的で理想です。クロールやバタフライでは、体のラインより前方向、泳いでいる時での水の底に向かって脚を出します。

対して背泳ぎでは、体のラインより後ろ方向に脚を出すことになります。うつ伏せとは違い、仰向けの状態で脚を水中に下げると、お尻も一緒に下がりやすくなります。

きちんと体を浮かせることができない、水泳初心者に見られがちな、下半身が下がった泳ぎと類似します。また水面から膝が出てしまうのは、脛や足の甲で水を蹴り上げようと膝を曲げすぎていて、余計に腰が折れお尻をはじめ下半身はどんどん沈みます。

水泳の基本の姿勢であるストリームラインは、いつでも意識しておいて、腰が折れることのないようにしなくてはなりません。膝は曲げすぎず、脚の付け根から爪先までの脚全体をつかって滑らかに動かします。

背泳ぎに限らず、キックが進まないのは、膝から下だけで水を打ち付けている場合が多いです。お尻が下がって膝が前に突き出て曲がった状態では、腕のストロークによって、運ばれた水の流れが太もものあたりに溜まってしまい、よけいに体が沈んでしまいます。

効率良く水の流れを後方に送り出すためには、水の流れの障害にならないよう、体をできるだけ真っすぐに保ち、滑らかな動きで水を運ぶことが重要です。

きちんとキックができていないと、前に進む力と体を浮かせる力を得られません。水しぶきが大きく上がるのは、一見ダイナミックで力強く感じられますが、水を後方に送りこめておらず水進力はありません。

効率的で美しいキックは、水しぶきが大きすぎず斜め後ろ方向に、鈍く低い音で上がるものです。

進まないキックを改善して美しい泳ぎへ

背泳ぎのキャッチ(腕の動き)は、日常生活ではあまりないぐらい大きく背中側に回します。体の芯を真っすぐにキープしつつ、肩を大きく使って体をひねる必要があります。

左右交互に動かすので、体の横をかいてしまっては、頭から左右に進行方向がブレて余分です。できるだけ水中深くに腕を持っていくことが理想ですが、深く切り込みすぎて背中が90度以上かたむくと、競技ルール上は失格になります。

ですので、体幹と肩の柔軟性がたいへん重要です。うまく体のひねりを利用して、真っすぐ進むようにするためにもイメージを大切に練習しましょう。

左右それぞれでしっかり水をとらえることができれば、水進力や体を浮かせることのほかに、体勢のキープに繋がります。

体勢がキープできるというのは、左手が水中にある時に右足で打つので、体をひねって腕の力による傾きをキックで抑えられるということです。背泳ぎのキックでは、腕のストロークで運ばれてきた水の流れを、水面と脚の間で送り出すよう意識します。

脚の付け根から順に足先へ滑らかに、そして水を蹴り上げるのではなく後方に送り出すよう、脚全体を使います。

脚の所々の関節は意識せず、脚を一本の縄として波打たせるようなイメージが大切です。左右同じ力でコンスタントに動かして、体勢と水進力をキープします。しっかりキックできているかどうか、確認する方法があります。

正しいキックは、水の塊が水面に盛り上がり、また足先の後方に盛り上がるのです。

膝が水上に出たり、足の甲の真上に水しぶきが上がったりする場合は、脚全体を使えておらず、水を打ち上げるだけで進んでいないということです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

-->

関連記事

馬術部のある大学は?強豪校はどこ?

人が馬に乗り、息を合わせながら一緒にいる時間を過ごす「乗馬」 その中でも特に馬と息を合わせ、馬の動きを美しく見せる競技が「馬術」です。 オリンピック・パラリンピックの種目の一つにもなっている「馬術」は …

子ども・幼児の水泳練習メニュー

水遊びも、子ども・幼児にとって大切な水泳練習メニューの一つです。 今クロールや平泳ぎができる子供達も、最初は皆、水遊びを通して水に慣れるところから始まります。

心と体を鍛えて護身術にもなる?空手で学ぶ武道の世界

空手は日本の武道として古くから親しまれている格闘技の1つです。

初心者のためのヨガ入門:基本のポーズ

ヨガを初めてみたいけれど、難しそうだし、体が柔らかく出来ないんでしょ?と興味を持っているのに始められない方が多いですが、実際に体の硬い方も多いですし、無理にポーズを取ることはありません。 また、大事に …

初心者のための乗馬入門:乗馬用語を覚えよう

乗馬というのは、日本人にとってはあまり身近なスポーツではないかもしれませんが、動物と一緒にできる唯一のスポーツとして、全世界で親しまれています。 乗馬には大きく分けて2種類のスタイルがあります。 ひと …

楽天モーションウィジェット