水泳の悩み…バタフライが難しい

4泳法のうち、バタフライと平泳ぎは、左右対称の動きをするのが特徴です。

競技ではターン、ゴールを必ず両手でタッチし、脚も両方同時にキックしなければ失格になります。

スポンサーリンク

動きが複雑で難しい?バタフライのあれこれ

バタフライや平泳ぎは、クロールや背泳ぎのように、左右交互に動かして体をひねることがなく、また呼吸も横向きではなく進行方向に顔を上げるので、真っすぐ進むことができ、左右にブレる心配はありません。

ただし、左右対称の動きはタイミングがたいへん重要になり、これが崩れると体が沈んだり水をとらえる力が減って、推進力は低下します。

水泳の4泳法は、それぞれ全く違う泳ぎに見えますが、見た目とは裏腹に共通する動きが多く、共通の基本を身に付ければ、各泳法それぞれも習得しやすくなります。共通の水泳の基本とは、ストリームラインの保持です。

ストリームラインは、二の腕を耳に付け両手を伸ばして頭の上で合わせる、水に浮かぶ一本の棒のような姿勢です。水泳初心者はまずこの姿勢が難しく、下半身が下がって水の抵抗になり、前に進まないばかりか、どんどん体が沈んでしまいす。

水泳上級者のストリームラインは、うつ伏せでも仰向けでも体全体が水面に浮かび、水の抵抗が少ないので、壁を蹴っただけで何メートルも進むことができます。

バタフライは、ダイナミックな泳ぎが格好良いのですが、その迫力に気圧されてか難易度が高いように思われがちです。しかし、意外なことにバタフライの体の動きは、4泳法の中でもシンプルで、水泳の基本と独特のリズムさえ掴めば、泳げるようになる場合があります。

バタフライが下手だと思っている人は、基本の姿勢と手足の動かし方、そしてリズムが習得できていないことがほとんどです。

バタフライの腕の動き・脚の動き

見よう見まねで腕を回し、脚を動かしてみても、前には進まず同じ場所でじわじわと体が沈んで、ただ疲労感だけが残るバタフライが、初心者は多いのではないでしょうか。

水圧の中で一気に全身運動をするので、下手に手足を動かしては、もがくだけになってしまいます。まずは、腕の動かし方を理解しなければなりません。ただ腕を回すだけでは水をつかむことができず、水中で空回りして推進力は得られません。

手を入水させたら、手のひら大のボールのような水の塊を、足先に持っていくイメージで運び、腰のあたりで水から出します。入水時点での手は、何かに手を掛けて体を上に持ち上げるように、ひじや手首が少し曲がった状態が理想で、これはクロールや背泳ぎにも共通します。

バタフライでは、肩幅ぐらいの直径の大きなボールを、両手で押し下げるイメージでも良いでしょう。少し曲がった腕に対する水の抵抗を利用して、腕を真っすぐに伸ばして水を切るよりも、多く推進力を得ることができます。

バタフライの脚は、両脚そろえてキックします。ただし水面を打ち付けるのではなく、水中で脛あたりの水を斜め下に押し出すように蹴ります。斜め下とは、爪先と水底の両方面のことで、ここに水を押し出すことで、ストリームラインを保ちつつ、前に進む力と下半身や腰を水面に浮かせる力になります。

下半身が水中に下がると、水の抵抗が生まれ推進力は低下します。そのまま腕の力だけで前へ進もうとすると、余分に体力を使うことに繋がります。

キックが下手な人は、膝から下だけで水を蹴ろうとする傾向がありますが、ストリームラインをキープした状態で膝下でキックすると、水面を叩くだけです。

脚の付け根からはじまり、太もも、膝、脛、足の甲、足の爪先と順番に水の塊をリレーするイメージで、脚を滑らかに動かします。

バタフライはリズムの習得がカギ

バタフライや平泳ぎは、手足をそれぞれ動かすタイミングが重要です。腕と脚のリズムが崩れると、推進力が低下し、余分に体力を使うことになります。

バタフライでは、基本的に腕ひとかきにつき脚ふた蹴りで、手が水をかき始めたタイミングでひと蹴り目、腕を回して手が入水したところでふた蹴り目です。ひと蹴り目は、どちらかというとふた蹴り目より軽く、前に進む力よりは体を浮かせる力に作用します。

水をひとかきして腰あたりから水上に腕を回し出す際、できるだけ上半身を水面に持ち上げることで、しっかりと腕を空中に出すことができます。

腕が余分に水を切らず、また上半身が持ち上がっているので、次のひとかきも水を捉えやすいです。迫力あるバタフライは、このように両腕が同時に蝶のように水面で開くのが魅力です。

ふた蹴り目は、手が入水して頭や背中が潜り込むタイミングです。ひと蹴り目より重く、前に進むイメージを強く持ちます。ふた蹴り目が蹴り終わった時点では、上半身が少し水中に入れ込んだストリームラインをとるのが理想です。

指先から足先までを、波のようになだらかにしならせ、指先からとらえた水を足先に送り込むようにします。バタフライのキックはその波のような体の動きの延長で打つと、水の抵抗が少なくリズミカルにできます。

ひと蹴り目は、体を持ち上げるように腕のかき始めに短く軽めに「トンッ」、ふた蹴り目は前に進めるように手の入水のタイミングで長く重めに「ダーン」を意識しましょう。

腕のひとかきのうちに、二種類の蹴りを組み込むことで、水面を滑るようにダイナミックで美しいバタフライになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

自分に合うヨガ教室を選ぶためのポイント

ヨガ教室に通うのであれば、自分に合った教室を選びたいですよね。 相性が合わないなと思いながら通い続けるのは、ヨガの楽しさも半減してしまうことになってしまいます。 そこで、自分に合ったヨガ教室を選ぶため …

水泳の悩み…平泳ぎのタイムが伸びない

一言に、平泳ぎと言うと恐らく誰もが連想するのは「カエルみたい(実際のカエルの泳ぎ方とは少々異なります)」や「クロールより遅い」ではないでしょうか。 確かに真実、平泳ぎはクロールより遅く、見てくれも派手 …

山の食事|パーティ(複数人数)なら

登山は、山頂に到達した時の達成感というのが最大の魅力ですが、山頂やその途中で食べる食事というのもまた魅力的なものです。 魅力的なものであると同時に、食事というのは登山をする上で非常に重要なものであり、 …

フィギュアスケート採点の流れ:審判団(ジャッジ)

フィギュアスケートの大会は、世界各地でたくさんおこなわれています。 各大会には審判団がいて、その時点での基準に合わせた審判をおこない、各選手の演技に点数をつけています。 採点基準はしばしば変わります。 …

サッカーの基本ルール : プレーヤー

サッカーは、一つのチームにつき、11人以下のプレーヤーで試合を行なうのが基本ルールです。 両方のチームを合計すれば、22人のプレーヤーが、ピッチの上で試合を行います。

楽天モーションウィジェット