無料で読める電子書籍サイト「小説を読もう!」の特徴とおすすめポイント

電子書籍サイトは多くなってきていますが、その中でも数万点の小説が無料で読むことができるものが小説を読もう!です。

小説を読もう!の特徴を知って、自分が読みたい小説や興味がある小説を探せるようにしましょう。

スポンサーリンク

小説家になろうで投稿された小説を紹介している

小説を読もう!は小説家になろうグループの電子書籍サイトであり、小説家になろうが管理する小説サイトの一つです。

小説を読もう!で読むことができる小説は、小説家になろうで投稿された小説であり、幅広いジャンルの小説を読むことができ、読者向けの小説サイトになります。

小説家になろうは日本最大級の小説サイトですが、その名前から小説家向けのサイトと誤解され続けており、作家の人数に比べて読者の人数が少なかったです。

その問題に対処するために、読者向けだと直感で連想できるわかりやすいものにしたのが、小説を読もう!になります。

そのため、小説を読むには小説を読もう!からしか読むことができないと勘違いしてしまいますが、小説家になろうに登録していても読むことができます。

ユーザー登録をする際には、小説家になろうの方に登録することになり、そこから好きな小説を探したりして読む形です。

もし、小説を書いてみたくなった場合でも、なろうに登録しているので、執筆活動を始めることもできるので、使い勝手がいいサイトになります。

豊富な検索機能

様々な電子書籍サイトがありますが、小説を読もう!の特徴の一つが検索機能が使いやすいことです。

キーワードやジャンルで検索できるのは当然ですが、除外ワードを設定することができます。

小説を読むときには、好きではないシーンなども人によってはあるので、除外ワードを設定しておくことで少しでも少なくできます。

また、キーワードには、作品名やあらすじなど検索の対象とする範囲も決めることができるので、便利に利用できます。

検索をする際は、詳細検索でこまかく絞り込んでいけることもおすすめポイントです。

読み手によって長編が好きな人と短編が好きな人など色々といます。

読了時間指定や文字数指定など、特徴的な検索機能があるので小説を探す際にも役立ちます。

そして、重要なことが並び替え機能です。検索した小説がたくさんあった場合、ひとつずつ探していくのは大変です。

並び替えではおまかせ順や新着順、文字数の多い順や古い順などその他にも、並び替えもバリエーションがたくさんあります。

これにより、小説を探すのも楽なことが特徴です。

掲載されている小説が多い

小説を読みたい場合、電子書籍サイトで探してもそこまで数が多くないサイトも多くあります。

しかし、小説を読もう!では、数十万作品が掲載されており自分が好きな作品を探しやすいことも、おすすめポイントです。

好きな作品を見つけたら、その作者のページを訪れることで他のその作者のほかの作品を見ることもでき、ブックマークしている小説も確認出来たりするので、違う作品に興味をもつことにもつながります。

また、書籍化された作品やアニメ化された作品の原作を読むこともできます。

電子書籍サイトなどで書籍化された作品は、ダイジェスト化されたり削除されたりすることが多いですが、小説を読もう!では違い、読むことが可能です。

書籍化する出版社によっては読むことができませんが、書籍化されたものであっても小説家になろうサイトで執筆をつづけ、書籍化するときに改修して出版するなどもあり、問題なく読むことができる作品も多いです。

書籍化されたものと大幅に違うこともあり、色々と小説を読むことが好きな人にはおすすめポイントになります。

作者との距離が近いことも特徴

小説の作者と話がしたくてもできないことは普通で、サイン会などに行かないと言葉を交わすこともできません。

しかし、小説を読もう!であれば、好きな作品などがあれば感想を書くこともできるし、作者にメッセージを送ることができます。

作者によっても違いますが、感想やメッセージにもきちんと応えてくれるので、読者と作者の距離が近いこともおすすめポイントです。

好きな作品の感想やメッセージを送ることで作者の励みになります。

作者によってはオフ会を開く人もいるので、活動報告を読むことも大切です。

活動報告には次の投稿日時を発表したり、閑話などでどのような話が読みたいかアンケートする作者もいるので、確認しておきましょう。

しかし、必ずしも感想やメッセージを送れるわけではありません。

悪意のある感想を書いたり、誹謗中傷のメッセージを送る者も中にはいるので、受け付けていない作者もいます。

そのため、感想やメッセージを送る際には、マナーなどをきちんと守り相手を不快にさせないようにすることが大事です。

最後に

小説を読むには、読者だけでなく作者や運営会社も大切です。
より良い作品を読むためにも、きちんとマナーを守り読むことが大切になります。
小説を読もう!は作者との距離が近いので、感想を書くときは作者の励みになるようにしましょう。

小説を読もう!

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 書籍
-, ,

関連記事

劇場へ見に行こう!今見るべき「バレエ」の魅力に迫る!

バレエを初めて劇場で鑑賞する方や、劇場に足を運んだことはあるがいまだ良さがよくわからない、という方のために、バレエの魅力を入門的に解説します。

Huluで人気の国内ドラマ5選

Huluでは数多くの国内ドラマが配信されています。 その中でも人気の作品を紹介します。

ダンス初心者必見!文化祭で踊りたい曲まとめ

ダンスの初心者でも出来る、文化祭で踊りたい曲をまとめました。 難しい曲も簡単なものがありますかが、文化祭では何を踊っても盛り上がるでしょうから、特にスキルがないといけないというものはありません。 とに …

賛否両論の声が多い海外ドラマ、LOSTの面白さや魅力

海外ドラマの中でも大成功を収めた作品と言えばLOSTが代表的です。 2004年から2010年まで放送され、シーズン6まで続きました。 海外ドラマは評価を得られないと打ち切りになってしまうケースも珍しく …

癒やされたいときに見たい動物映画5選

癒されたいときには、可愛らしい動物の姿が堪能できる作品を見たいものです。 動物たちの生死が描かれる物語は大変感動的で考えさせられるものがありますが、ただ癒されたいという場合には、動物たちが元気な日常の …

楽天モーションウィジェット