証券事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務の仕事の中でも、特に専門的な事務になると、意外と知名度が低いことが多いでしょう。

その中でも、あまり有名ではないのは証券事務です。事務の1つのジャンルとはいえ、あまり耳慣れない言葉ですよね。

どういう仕事か、未経験でも働けるのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも証券事務とはどういう仕事?

そもそも証券事務とは、たくさんある事務の仕事の中でも、証券会社で働く人の事務を指します。

証券会社でも、一般事務など他の事務の仕事はありますが、他の事務との違いの特徴は、証券会社の営業やディーラーなど、金融商品を売買する人、実際に取引する人などの、後方支援に当たる仕事だということです。

仕事内容としては、銀行を巡ったり、電話応対やメール応対、来客対応、資料作成などが当てはまります。

というと、一般事務とあまり変わりがないように思うかもしれませんが、金融に関する知識や、日々の経済の動きを読む知識などが必要です。

また、証券知識や証券業界・金融業界に関する知識などが必要で、ある程度専門的な知識があることが望ましいともいわれています。

最も大きな違いは、お客様から注文があった時、その注文の処理を行うということでしょう。タイミングが少し違うだけで、利益や損失の額が大きく違うこともあるため、処理のスピードを重視されることも多いのです。

金銭的なことを行うため、ミスが大きな損失に繋がる場合もあるでしょう。

勤務先は証券会社などが多い

仕事内容が、証券に関わることというのもあり、勤務先は基本的に証券会社などが多いでしょう。証券会社とは、いろいろな金融商品を揃えてお客様の資産を守り、時に増やすことを中心とした企業です。

また、中には株の取引所や、銀行などに勤務することもありうるでしょう。

というと、難しいように感じるかもしれませんし、実際に専門的な知識やスキルが必要になることも少なくありません。ただ、基本的には事務ですから、あまり専門的な知識が必要ないことも多いのです。

それぞれの企業によって、求められる知識や資格、必要とされるスキルは違ってきます。場合によっては、事務未経験者でもある、程度パソコン操作が堪能なら問題なしとしているところもあります。

このため、それぞれの企業ごとに、どういうスキルが必要なのか、またどういうスキルを期待しているのか、というようなことをしっかり確認したいところでしょう。

これは、応募要項をしっかりチェックしておきたいところですね。また、応募前の問い合わせや、面接などで確認してから決めるのも良い方法です。

証券事務は未経験者でもいい?

証券事務というと、あまりピンとこない人も多いでしょう。このため、未経験者で事務職だからということで応募しても、あまり採用されない可能性が高いでしょう。

これは、そもそも証券事務が、それなりに専門的な仕事であり、また専門知識を求めるためです。証券会社の場合は、正確さとスピード感が大事なので、事務経験者や最初から事務の内容を教える必要がない人を、求める傾向があります。

このため、全くの事務未経験者だと、難しいことも多いのです。

ただ、それでも事務未経験者でも採用される可能性はあり、また未経験者を対象とした求人はあります。このため、証券事務というちょっと難しそうな事務だからと言って、敬遠することはありません。

ちなみに、事務未経験者でも採用される可能性はあります。これはファイナンシャル・プランナーや、外務員資格などを持っている人ですね。

このような人は、業界知識があると判断されますから、証券事務として採用される可能性は高くなります。また、証券会社・銀行などへの勤務経験がある人も業界知識があるとして採用されやすくなります。

未経験者で証券事務として働くためには

全くの事務未経験、証券業界・金融業界の経験がなくて働ける可能性を高めるなら、いくつかの方法があります。

まずは、パソコンスキル・電話応対などの一般的な事務スキルを磨く事です。例えば資格を取ったり、どこかのパソコン教室・事務マナーを教えてくれるスクールなどに通うというのが方法でしょう。

こういうところに通うことで、基本的な事務スキルを高めることが出来ます。

もうひとつの方法は、金融に関する知識を身につけることです。こちらも、ファイナンシャル・プランナーや、外務員などの資格をとることが当てはまります。

ちなみに、証券事務は育児や介護などでブランクがあっても、再雇用されやすい仕事です。このため、一度働いて経験を積むと、転職や再就職にも有利になります。

専門的な知識があればあるほど、この傾向は強くなりますし、派遣やアルバイトから、正社員になりやすい傾向があります。

入る時や、専門的な知識を身につけることは難しくても、一度資格や経験を身につければ、その後は証券事務としてキャリアを積んでいけるというのが、大きな強みでしょう。

最後に

証券事務は、普通の事務より数字を扱うこともあり、数字に強くパソコン操作が堪能な人が良いという意見もあります。

ただ、それでもスキルを磨けば経験がなくても、採用されやすくなるでしょう。

経済に興味がある、お金が好きという人にも良いですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「見守り適任者能力検定」

近年高齢社会になっている日本では、多くの高齢者が1人暮らし、もしくは夫婦のみで生活をしていると言うケースが増えていて、そのまま家の中に閉じこもってしまうなど、周囲の人たちと交流が少ない高齢者も、少なく …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運航管理者

一機の飛行機が飛び立つために、地上でも多くの人たちが働いています。 運航管理者もその中の一人です。 飛行機の安全運航のために、地上で様々な情報を入手して航空機を運転している機長に伝えています。 運航の …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:内燃機関海技士

機関長や機関士のような機関部船舶職員が船舶に乗り組むために必要な国家資格として、海技士 (機関)があります。 海技士を所管しているのは国土交通省です。 内燃機関海技士は海技士 (機関)のうちの1つで、 …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「計算実務能力検定」

会社の業務の中には、複雑な計算を要するものが多いです。特に、経理や財務関係の部門では、専門的な計算のスキルが必要になります。 計算といっても、学校で習うような単純なものではありません。もちろん基本的な …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車整備士

現在の車は電子制御化が進み、不具合が起こればコンピューター診断機を取り付けて故障個所を探ります。 自動車整備士はこれまでの経験とスキルを生かして、さらに電気の知識を駆使して修理を行い解決していきます。

楽天モーションウィジェット