すっきり片付け!クローゼット収納術

クローゼットを見てください。

スキマがありませんか?

これは、うまく空間を利用できていないということです。

ちょっとした収納のコツをマスターすれば、うまく空間を埋められます。

スポンサーリンク

スキマがあるなら工夫しよう

多くの人は、家の中にたくさんの洋服などがあるはずです。

しまいたいのに入りきらなくて困っていませんか?

一工夫するだけで全部入るかもしれません。

かなり入らない洋服などが多くてもあきらめないでください。

スキマがあるとは言え、でこぼこしたスキマではこれ以上手が打てないので、洋服の丈の長さを合わせてポールにかけてください。

ハンガーにつるしている衣類をこのように整理すれば、でこぼこしたスキマから広々とした空間へと変わります。

秋冬物と春夏物というように分けたくなりますが、収納アップのコツは、丈を合わせることです。

空いた空間には、収納ケースはキャスター付きのクリアチェストなどを使ってみてください。

大きさは、空間の広さに合わせましょう。

クリアのほうが良い理由は、中身が見えるからです。

中に何が入っているのかがわかりやすい方が、探す時に各段に楽になります。

これだけでも、かなり収納力がアップするでしょう。

スキマをどれだけ埋めるのかがコツです。

キャスターが付いていれば、中に衣類がたっぷり入っていても動かしやすいので、キャスター付きのほうが良いです。

春夏物と秋冬物を交換したいなどいろいろな使い方ができます。

また、引き出しの中に衣類を入れる時も立てて入れるようにしたほうがたっぷり入る上に、取り出しやすいので、なるべくブックスタンドなどをうまく活用して立てて入れてみてください。

奥にあるスキマを埋めよう

クローゼットをよく見てみると、ポールの奥にもスキマがありませんか?

スキマは徹底的に埋めましょう。

まだ、入り切れていない洋服などがあるならなおさらです。

突っ張り棒を使ってみてください。

すると、ポールが2本に増えます。

そこにもたくさんのコートやワンピースなどをかけられるようになります。

家族全員分のコートなどをかけられるかもしれません。

ポールが2本になるので、単純に収納力が2倍にアップします。

簡単にできるので、試してみませんか?

たくさんコートなどをかけるとかなり重たくなるので、かなり丈夫な突っ張り棒を使ってください。

そうしないと、すぐに落ちてしまいます。

衣類をたくさんかけても耐えられるかどうかを考えて、突っ張り棒を選べば、たっぷり衣類をかけられます。

まだ、スキマがありませんか?

クリアチェストを入れてもまだ余裕があるのならば、ボックスを使ってみましょう。

スキマの広さに合わせてボックスを選びましょう。

そして、その中にクリアチェストに入りきらなかった洋服などを入れましょう。

小物を入れても構いません。

そのボックスをスキマにおいてください。

バッグや帽子などをしまう場合は、ふたがないボックスを使うことがコツです。

形が崩れなくて済みます。

ポールにかけた洋服の下にスキマがあればそこに置いてみてください。

ちょっとしたスキマも見逃さないようにしましょう。

グッズを活用すると、クローゼットのスキマを全部収納にできると言っても過言ではありません。

意外と奥は盲点となっていますから、置くまでよく観察してみましょう。

奥のスキマがもったいないです。

細かい小物もたっぷり入る

小物の収納のコツは、クローゼットの扉を使うことです。

扉をよく見てください。

裏側に何もないのならば、ここにグッズを使いましょう。

タオルハンガーを付けて、S字フックを付ければバッグや帽子などをかけられます。

もちろん、バッグや帽子だけではなく、スカーフなどもしまえます。

S字フックではなく、ネクタイハンガーをかければ、たっぷりネクタイを収納できます。

ネクタイでも良いですし、スカーフがたくさんあるならうまくスカーフをしまってみてください。

まだ、スキマがありませんか?

ポールをよく見るとまだかけられるようであれば、ここにも小物をしまいましょう。

S字フックとチェーンを使ってネクタイなどの小物をかけられます。

S字フックはかなり活用できるので、多めに買っておいても良いかもしれません。

クローゼットの上にまだスキマがあれば、ここにもボックスを使ってたくさんのものをしまいましょう。

使わない布団などもたっぷり入るはずです。

ぴったり収納できることもありますが、スキマができることもあります。

スキマができれば、小物などのボックスに入れて収納しましょう。

スキマの広さに合わせてボックスを買えば、まだまだものが入ります。

隅から隅までちょっとしたスキマを見逃さないことです。

ちょっとでもスキマがあれば、S字フックやボックスを使ってみましょう。

小物も全部入るかもしれません。

最後に

クローゼットが小さいと思っていませんでしたか?
ちょっとしたコツを使うだけで、各段に収納力がアップするので、まずはよく観察してください。
スキマを見つけたら、どんなグッズが使えるかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「楽天銀行」

楽天銀行(旧イーバンク銀行)は、日本で2番目に古いインターネット銀行で、有人店舗や専用ATMを持たない「新しい形態」の銀行です。 インターネット銀行は、有人店舗窓口が存在しないため、口座の残高照会や振 …

フリマアプリ「ブクマ!」の特徴や使い方

フリマアプリの中でも、「ブクマ!」は本を販売するのに特化しているという特徴があり、スマートフォンから出品することができます。 自分の売りたい価格で売ることができますので、専門業者の買取よりも、高い値段 …

ネット銀行活用術 : 住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は、2007年9月に営業を開始したインターネット銀行で、有人店舗や専用ATMを持ちません。 口座開設手続きや残高照会、振込、定期預金、その他各種サービスの申込みは、基本的にインター …

絶対欲しい調理家電!シャープのスロージューサー(ジュースプレッソ )

最近は、天然ジュースが非常に高いブームとなっています。 自然の甘みを簡単に取り入れることができるとあって、忙しい朝などにも手軽に飲めるため、多くの人に人気ですが、これまでのジューサーは、その機能を十分 …

100万円を貯めるために、電力会社や契約プランを見直そう

車や住宅の購入、教育資金や老後資金など、お金は人生においていくらあっても足りません。 普段から節約を心がけて貯金をしておけば、必要な時にすぐにお金を用意することができるので、生活にも余裕が生まれます。 …

楽天モーションウィジェット