すっきり片付け!壁面収納術

収納というと、大きな家具やクローゼット、押し入れなどをイメージすることが多いでしょう。

しかし、部屋の広さには限界があります。

どうしてもあふれてしまう小物があったり、出しっぱなしになってしまうものが出てきたりという形で部屋の中が乱雑に見えてしまうというケースも多いものです。

しまいこんでおくだけでは使いにくくなってしまいますし、こうした乱雑さも目立ちやすくなります。

そこで、収納場所を増やし、使い勝手が良いように整えていくことを心がけてみたいものです。

スポンサーリンク

壁も収納に利用できる

今利用していないような場所に収納を設けることで、しまうことができる量を増やすという事につながります。

特に、利用できないままあいている壁を利用してみるのがコツです。

もちろん大きなものなどは置くことが難しいですが、小物などは十分収納できる仕組みを作ることもできます。

きちんとしまっておきたいものはこれまで通り家具などに入れておき、出しておきたいもの、すぐ使うものなどはこうした空いているスペースを利用してみるというのも手です。

しかし、あまり多くのものを配置しすぎてしまうと、また乱雑に見えやすくなりますし、注意が必要です。

すっきりした部屋にしたいのであれば、必要な物のみに絞って一部の壁を利用するようにしていきましょう。

全体を使ってしまうと圧迫感などが出てきてしまいます。

そのために便利な家具や雑貨を上手に利用していくことがコツといえます。

目につきやすいところなので、最低限のものをきちんと仕分けて整理しておくということがポイントです。

こうした点に注意しながら、使いやすい形でのしまい方を実践していきましょう。

見せることを意識した形に

壁はお部屋の中でも特に目につきやすいポイントといえます。

だからこそ、人に見られてもよいように、自分の目に入っても嫌な印象を受けないように、綺麗に整えておくことが必要です。

アイテムは厳選したうえで、ディスプレイするように入れておくことが必要でしょう。

そのために利用したいアイテムとしてウォールポケットが挙げられます。

ものを小分けしてしまうことができ、すぐに取り出すことができるうえ、厚みがないために邪魔にならずに使うことができます。

入れたいものがお洒落なアイテムなら、ポケットは透明なもので中身を見せる形での収納を目指すとよいでしょう。

逆に、隠したいと思う場合には布製など中が透けないようなポケットがついているものにすると、ごちゃごちゃした見た目を防ぐことができます。

場所に応じて選んでいくのがコツです。

ウォールポケットを選ぶ際には、壁の色や家具の色と合わせてなじみやすいものにするのもポイントです。

余りにも色が多くなりすぎると部屋の中が乱雑になるので注意しましょう。

部屋全体とのバランスを考えながらアイテムを配置していくのがコツといえます。

他にも、壁で見せる収納を実現するにはフックを付けることなども有効です。

大き目のフックなら洋服を一時的にかけておいたり、バッグをかけておいたり、日常のファッションの一時置き場として使えます。

小さなフックならアクセサリーを並べてかけておいたり、ハンディモップなどの可愛い掃除用具などをすぐ手にとれるところにかけておくなどという形で利用することもできます。

さっと掃除もしやすくなって綺麗なお部屋を保ちやすくなります。

収納場所を増やすなら

ウォールポケットやフックでは足りない、見せたくないものがあるなどという場合は、棚を増やすという事もできます。

壁面収納の棚を作ることで、壁の広さの分だけ収納を増やしていくことができるようになります。

作り付けの棚ならぴったりのサイズの収納になります。

木材を床と天井に突っ張らせ、棚板を付けることで棚を作ることもでき、ホームセンターなどで金具などが販売されています。

大きな棚を作るというだけではなく、ディスプレイなどを楽しむために小さな棚がほしいというときにも自分で対応ができます。

それほど重いものを載せるのでなければ、ピンなどで止めて設置できる棚も販売されています。

小さな穴しか開かないという事で、後で動かす場合にも利用しやすいといえるでしょう。

こうしたものを利用して、棚を増やしてみるというのも有効な方法でしょう。

ディスプレイだけではなく、小物などを一時的に置きたいものを置いておける棚があると便利です。

スリムな棚であれば、空いている部分に設置することができます。

こうしたところに細かいものを入れたりすると、ごちゃごちゃしてしまい見た目が損なわれることがあります。

カーテンなどを付けて目隠ししておくことで、部屋全体のすっきり感を失わずに収納力をアップさせることができます。

カーテンは壁の色に近くしておくと、統一感が出て部屋が広くみえるようになります。

色の選び方も部屋の印象を決めるコツといえます。

最後に

こうした方法で、足りない収納をおしゃれに補ってみましょう。
きちんと収納できることで生活のしやすさもぐっとアップしていくはずです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:シワ取りスプレーをかける

シャツやブラウスといった洋服は、着た後にすぐに洗濯機へ投げ入れてしまえばOKでも、着用した後のスーツやオシャレ着はどうしようと思ったことはないでしょうか。 お手入れの方法は洋服によって全然違うものです …

敷金・礼金とは?有りと無しの物件はどう違う?

部屋などを借りる場合、最初の初期費用として、敷金、礼金を支払うことがあります。 家賃の何カ月分かを敷金や礼金として支払うため、結構な負担になることがある一方、物件によってはこれらが全く必要ないところも …

いまさら聞けない年金入門|年金受給額の計算方法

一般に年金といえば、将来リタイア後の生活を支えるために支払われるものを想像する人がほとんどです。 これは正確には、老齢年金といわれるもので、複数の制度に加入したことがあれば、それぞれ各制度から支払われ …

クレジットカード「リクルートカード」の特徴やおすすめポイント

リクルートカードは、リクルートがリリースしている、高還元率が特徴的なクレジットカードです。年会費が無料で、還元率が1.2%という特典があります。 ポンパレモールでお買い物すると、ポイントがもらえたり、 …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お焼香のやり方

日本で執り行われる葬儀の多くが仏式葬で、参列者全員がお焼香を行います。これは一人ずつ祭壇の前に移動してから、一つまみ分の抹香を香炉にくべます。 自分の席を立って戻って来るまでに、基本的な作法を守らなけ …

楽天モーションウィジェット