すっきり片付け!キッチン収納術

キッチンの収納を考えるときに、まず1番最初に手をつけたいのはシンク下です。

調理をするときのホームポジションに一番近い収納がシンク周辺ですので、できるだけ使いやすく、散らからず、衛生的な収納になるよう心がけましょう。

スポンサーリンク

シンク下の空間、無駄にしていませんか?

収納のコツは、大きくて重いもの、高さのあるものは低い位置に置くことです。

ホットプレートやジューサー・ミキサー、ハンドブレンダーなどの調理家電、お茶や水を入れるタンブラー、鍋やケトル、洗剤類などが適しています。

食品をぎっしりと詰める方もおられますが、湿気がこもりがちな空間ですので1日に何度か開け放って風を通すようにしてください。

シンク下には大きな空間があり配管の出っ張りがあるのが特徴です。

この配管を避けて空間をうまく仕切ることが必要です。

100円ショップのグッズを使って、簡単で使いやすい仕切りを手作りしてみましょう。

ワイヤーネットに突っ張り棒を何本か渡し、結束テープで留めれば簡単に好みのサイズの棚が出来上がります。

書類を入れるファイルボックスも、フライパンや鍋の蓋、まな板や落としぶたなど、立てた方がスペースを取らないグッズに適しています。

生活感を隠すためにシンク内にゴミ箱を設置するのもいいですが、衛生面に気を使うことが必要です。

開き扉の内側も有効活用ができます。

吸盤の付いたタオルハンガーを使って、おたまやフライ返しを吊り下げたり、フックを貼り付けてゴム手袋やボトルを洗うブラシ、キッチンバサミをなどを吊り下げる事にも使えます。

あまり詰め込みすぎず、ある程度の余裕を持たせることも使いやすさの上で必要なことです。

食器棚は取り出しやすさが肝心

食器棚の収納のコツを考える前に最も重要なことは、食器棚に対して食器の量が適正であるか考えることです。

食器の量が多すぎるとどんなに上手に収まっていても取り出すのに手間がかかり、ストレスが生まれます。

毎日の生活に必要なものだけを食器棚の取り出しやすい位置に収納し、使用頻度の少ないアイテムは棚の1番上や、食器棚以外の場所などに置き、必要なときだけ取り出してくるのも1つの方法です。

食器には大きいものや小さいもの、深いものや浅いもの、軽いものや重いもの、様々な形のものが存在します。

形の近いものを、できるだけ同じ場所に集めるのが皿や茶碗の収納のコツです。

1番取り出しやすいスペースには、使用頻度が高いものを、届かない高い位置や、しゃがまないと取れない下の奥には、使用品度の低いもの置きましょう。

食器をうまく収納するための便利なグッズも、数多く販売されています。

ディッシュラックを使えば食器棚のデットスペースを少なくすることができます。

重い大皿にはディッシュスタンドを使って取り出しやすい工夫をしましょう。

100円ショップで売っているファイルボックスや、ブックスタンドも食器を立てるのに便利です。

ファイルボックスはシャンパングラスなど、倒れやすいものを収納するのにも向いています。

小鉢や丼はディッシュラックやワイヤーラックにまとめれば崩れ落ちず、安心です。

お弁当に使う小物類は、プラスチックケースに入れたり仕切りを使って、浅いスペースに収納するのが使いやすいポイントです。

見た目のすっきり感を重視される方は、ごちゃごちゃして見える部分を素敵なバスケットやボックスに入れたり、お皿のカラーを統一するといいですね。

冷蔵庫は食品のもちのよさも考えて

冷蔵庫収納のコツは見やすさです。

ものが多すぎると欲しい食品が見つけづらく、取り出しにくくなります。

一生懸命愛情込めて作った食材が、冷蔵庫の奥で腐ったり、干からびたりするのはぜひとも避けたいものです。

冷蔵庫の中が暗いことで余計に食材が見えづらくなりますのでライトの前のスペースはできるだけ空けておくようにしましょう。

暑いシーズンには、せっかく作った料理が傷みやすくなりますので、鍋やボールごと入れることのできるスペースを確保しておくと良いでしょう。

冷蔵庫にも100円ショップのグッズは重宝します。

トレーを使えば引き出すことで取り出しやすくなります。

食品は立てた方が取り出しやすくスペースを取らないのでブックスタンドは便利に使えます。

「作り置きおかず」が忙しい主婦の間でブームになっていますが、必需品であるタッパーにもわかりやすい工夫をしましょう。

できるだけ透明の素材のタッパーを使い、内容や作った日付をラベリングしておくと自分以外の人にも使いやすいです。

からしやわさびのチューブはベン立てに入れるとすっきり収まります。

プラスチックのカゴも便利に使えます。

肉や魚、野菜といったジャンルごとに、かごや紙袋、仕切りなどを使って分けるとどこにあるのかわかりやすく掃除もしやすくなります。

どの収納にも言えることですが、物の位置をはっきり決めることが散らかりにくい収納のコツです。

濡らした新聞紙に包んだり、乾いたキッチンペーパーに包んだり、冷気にできるだけ触れないようにしたり、立てたほうが長持ちしたり、食材によって適した冷蔵庫収納を学ぶことも必要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : 蒸し器

あまり作らないようで、実は意外と作る機会があるのが蒸し料理でしょう。たまには、茶碗蒸しが食べたくなったりしませんか。だしを作って卵を溶いて、野菜などを入れて後は蒸すだけと思っても、肝心な蒸し器がないた …

b-mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

今使っているスマートフォンが、大手キャリアのもので、月額費用が高いと感じるのなら、b-mobileを利用してみるといいでしょう。 MVNO業者で、格安SIMを販売しています。 乗り替える前に、どのよう …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お焼香のやり方

日本で執り行われる葬儀の多くが仏式葬で、参列者全員がお焼香を行います。これは一人ずつ祭壇の前に移動してから、一つまみ分の抹香を香炉にくべます。 自分の席を立って戻って来るまでに、基本的な作法を守らなけ …

カラーボックスでDIY!天板を乗せてDIY

カラーボックスは、シンプルで使い勝手の良いDIYアイテムです。DIY初心者でも、簡単に家具を作る事が出来ます! また、リビングやキッチン、ベッドルームなど様々な場所に置くことが出来る便利な収納家具です …

美を追求する最新美容家電 ― 美顔器 ―

昔から、美顔器は女性の間でとても人気があります。美容家電業界でも、各社がこぞって発売しているほどです。 今では、かなり進化が進んでいるので、1台は持っておきたいかもしれません。

楽天モーションウィジェット