すっきり片付け!物置収納術

物置はあると色々なものをしまえてとっても便利ですよね。

でも、何も考えずに何でもかんでもしまい込むと、すぐに物置が一杯になってしまいます。

せっかくある物置を有効利用するために、収納を上手くするためのコツを学んでおきましょう。

スポンサーリンク

まずは必用なものと不要なものに分けよう

まず、普通の人が物置に収納するものといえば、普段あまり使う事のないものが多いのではないでしょうか。

例えば、アウトドアグッズなんかは普段必要のないものですから、ついつい収納してしまいがちです。

しかし、このような考えで収納していると、いざ必要になった時に取り出せなくなってしまいます。

しまってあるけど取り出すのが面倒になって使わなくなった、というものもあるのではないでしょうか。

こういった事態を防ぐためのコツとしては、あらかじめ何を収納するのかを決めておくのが有効です。

日用品や保存食を収納するのも良いですし、あまり使わないお客さん用の食器や調理器具をしまうのも良いでしょう。

どのようなものを収納するか、リストを作成してみるのも良いです。

リストを作ることで、物置に本当に収納するべきものが分かります。

そして、中をすっきりさせるためのコツとして、リストに上がらなかったものの中で、本当に必要が無いと思ったものは処分するようにしましょう。

ついつい、いつか使うだろうとずっと使わないままのものをしまったままにしてしまいがちですが、必要のないものは処分する気持ちを持たないと、物というのはどんどん増えていくきます。

せっかくリストを作って整理したとしても結局は物であふれかえってしまうことになります。

こうすることで物置自体もスッキリします。

何が置いてあるかすぐにわかるようにする

リストを作って不要なものを処分することで、初めに比べると収納する物の数はずいぶんと少なくなったのではないでしょうか。

さらに有効活用するためのコツとしては、中に何が入っているかがすぐにわかるようにしておくことが必要です。

作成したリストは物置の見やすい場所に張っておくとよいでしょう。

そして物置にはたくさんの棚があって、棚の上に色々なものを収納することになるはずです。

中がすっきりしていれば見ただけですぐにわかりますが、もっとわかりやすくするために、棚にはラベルを貼っておくようにしましょう。

ラベルを貼っておくことで、ものがあふれかえったとしても、棚にあるものは一目で分かるようになります。

ラベルを貼っておくことによるメリットはもう一つあります。

物置の棚に奥行きがある場合、前と奥の二列で物を置くことになるでしょう。

このように置いた場合、奥に置いたものは全く確認できないので、わざわざ前のものをどけて確認する必要があります。

しかし、ラベルを棚あるいは前に置いてある物に貼っておくことで、わざわざ前のものをどけることなく奥のものが確認できるようになります。

そして、先ほども書いた通り、物というのは減るよりも増えていくことの方が多いです。

どんどん物が増えていくとまた中がいっぱいになって、どこに何があるか分からないようになってしまいます。

一度整理整頓したら終わりではなく、定期的に収納しているものを見直す、というのも有効利用するための大切なコツの一つです。

二回目の整理整頓をおこなうと、一回目では必要だと思っていたものが不要だという事に気づくこともあります。

そうすることで、より中身を厳選することが出来るのです。

上手なしまい方について

最後に具体的な片付け方のコツに関してですが、まずはリストを作るためにも、現在しまってあるものを一度全部外に出してみましょう。

中身を出していくうちに、中身が空っぽの箱だったり完全に壊れているものが出てくるかもしれません。

こういったもので占領されてはせっかくのスペースがもったいないので、中身を取り出しながら不要なものと必要なものに分けておくようにしましょう。

物置の中を有効に活用するためには、棚やラックが必要不可欠です。

できれば初めに、収納する前に中の奥行や高さ度の寸法を測って、収まるタイプの棚やラックを購入してから物をしまうのが理想です。

そして、ラックや棚にものをしまう際には、さらにスペースを有効に利用できるよう、そのまま直置きにするのではなくて、箱など入れ物におさめておくようにしましょう。

複数の引き出しが付いた透明の衣装ケースに入れるようにすると、中身の確認が一目で出来るうえに、複数のものを一度にしまえるので空間を有効活用できます。

奥行きがあるのであれば、手前と奥に箱などを置いて奥行きを有効利用することも忘れないようにしてください。

物を置いたら、箱や棚などにラベルで何が置いてあるかが分かるように表示しておきます。

どこに何を置くかは自由ですが、重いものは下において置いた方が良いでしょう。

下に置いた方が必要な時に取り出しやすいですし、重いものが下にある方がラックや棚などの重心が下に来るので安定します。

さらに、置いてあるもので普段よく取り出すものは、下や上の方ではなく、腰から頭の高さ辺りに置くようにすると取り出す際にとても楽になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

美を追求する最新美容家電 ― 家庭用脱毛器 ―

近頃は、美容家電として家庭用脱毛器に人気が集まっていますが、家庭用脱毛器でムダ毛を目立たなくするメリットとして挙げられるのは、自分の家で好きなときにムダ毛のケアができることや、一旦購入してしまえば、追 …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示の見方

洗濯は毎日のことですが、洗濯をする際には、その洋服がどんな洗剤が使えるのかや、クリーニングはどんな方法なら可能かなどは、洗濯の取り扱い絵表示を確認して行うことでしょう。 そんな洗濯の取り扱い絵表示は、 …

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:ヘアアイロンを利用する

出張や旅行先など、自宅以外で宿泊をする機会は様々あると言われていますが、出先で多くの方が困った経験をお持ちなのが、「服のシワ」だといわれています。 服が汚れてしまっても、ホテルにあるコインランドリーな …

時短で済ます!キッチン収納術

キッチンは毎日使うものですね。 定期的に掃除をしないと、調理時の油はねなどでコンロ周り、食材の取り出しによって冷蔵庫、シンク周りはすぐ汚れてしまいます。 仕事もして家事もしてという方にとっては、掃除も …

結婚指輪の人気デザインについて:チャネル

結婚指輪のリング上に光り輝く宝石は、多くの女性が憧れる輝きの一つです。 しかしこの輝きを維持するには、職人による様々な工夫がなされており、全てが手作業であるため、結婚指輪が高額である原因の一つとなって …

楽天モーションウィジェット