すっきり片付け!押入れ収納術

押入れの中は扉を閉めてしまえば人目につかなくなるため、乱雑になりやすい場所でもあります。

その反面、長期間閉めたままにしていると湿気の影響でカビが発生したり、汚れが蓄積されやすい場所でもあるのです。

湿気やカビなど汚れを防ぐためにも、すっきりと片付けをすることが大切です。

スポンサーリンク

押入れは取り出しやすさも大切

押入れの収納にはいくつかのコツがあります。

まず最初に紹介する収納のコツは、全体の物の取り出しやすさを考えることです。

奥行きがあるからといって物をしまいこむと、奥のものが取り出しにくくなってしまいます。

そのため衣類であれば奥行きに合わせた衣装ケースの活用がポイントになります。

衣装ケースは引き出すタイプが使いやすくなります。

衣装ケースと押入れの奥行きを合わせることで、無駄なく収納することができ奥のものも取り出しやすくなります。

これは衣替えにも利用でき使用しないシーズンの衣類は奥側に入れておき、現シーズンの衣類を手前側に入れれば使い勝手が良くなります。

衣替えは手前と奥川の衣類を移動させるだけなので簡単になり、作業の効率化も図れます。

また収納する物によっては、奥のものを取り出しやすいようにするコツが他にもあります。

あまり頻繁に使わないものを奥に収納するようにし、重たいものは取り出しやすいようにキャスターをつけた台座に乗せるようにします。

そうすることで取り出す際の手間や力も必要なくなります。

このキャスターつき台座は押入れの上段でも下段でも使えるので、収納するものの大きさや量に応じて使い分けることが大切です。

好きな長さの板にキャスターをつけるだけなので自作も簡単ですし、箱などに直接キャスターをつける方法もあります。

収納する場所を考える

押入れの中に収納する際にはものの重さによって、置く場所を考える必要があります。

できるだけ重たいものは下段に配置し、軽くて持ち上げやすい小さめのものを上段に配置します。

そして収納の際は重さの他に、大きさを揃えることもコツの一つになります。

段ボールに入れたままの状態であれば荷物の出し入れが大変になり、また段ボールが湿気を吸収してカビの原因にもなりやすくなります。

できるだけきれいで乾燥した段ボールを使用するようにして、大きさも統一したほうがきれいに収納することができます。

収納ケースを用意する時はできるだけ同じ大きさのもので統一するようにして、押し入れに入れた際壁と密着しないように注意します。

少しだけ壁とケースを離すことで空気の通り道を作り、湿気を溜め込まないようにします。

またケースを重ねる時は上段に軽いものを入れ、下段に重いものを入れることで変形やバランスの崩れを防ぐことができます。

よく使用するものは取り出しやすい上段に配置します。

あまり使用しないものや重たいものは下段に配置します。

さらに上段も下段も奥側に使用頻度が低いものを配置し、手前によく使うものを配置します。

最初にしまうものの場所を決めてから収納することで、今後の使い勝手の良さも変わってきます。

あらかじめ配置を考えてから収納すると、無駄なスペースができてしまう場合もあります。

ですが押入れ収納のコツとして、限界までものを入れないということがあります。

スペースが残るぐらいの方が取り出しやすく、掃除も行いやすくなります。

物が増えてしまった時の対処も行いやすいのでおすすめです。

どこに何があるか把握できるようにする

すっきりと片付けるには、どこに何を入れたか把握することが大切です。

隙間なく物を入れてしまってはどこに何が入っているかわからなくなってしまい、物の出し入れに手間がかかってしまいます。

それを改善するコツは、奥側に何を閉まっているか見えるようにしておくことです。

奥に背の高いものを入れたり、手前は物を積み上げない、奥が見えるようにところどころ隙間をあけておくなどの方法があります。

また家の中に他にも生活を共にしている人がいる時は、誰が見ても中に何が入っているかわかる工夫をすることも重要になります。

収納ケースや段ボールに物を入れて中が判断できなくなる時は、外側に何が入っているか記しておくとわかりやすくなります。

これは自分が何を入れたか後で忘れてしまった時にも便利なので、中身がわかるように記しておくことは大切です。

また押入れの入り口を開放的にすることで、物の出し入れなど使いやすくなることもあります。

扉が取り外せる場合は取り外し、カーテンや布で目隠しをします。

こうすることで一度に押入れの中の全体を確認できるようになるため、使いやすくなるメリットもあります。

他にも通気性がよくなるため衛生面でもメリットがあります。

収納には便利な道具を活用することもできます。

カラーボックスや棚を使用して、すっきりとした収納に役立てることが可能です。

他にも押入れ専用の収納用品も多数販売されているので、自分の用途に見合ったものを取り入れることで簡単に片付けが行えます。

また片付けの際には必要のないものは処分することで、よりすっきりとした収納を実現することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「新生銀行」

新生銀行を利用することで得られるメリットは、ATMの利用手数料があまりにも安いことです。 他の銀行では見かけられないほどの安さを誇りますから、頻繁に自分の預金口座から引き出したり、預け入れたりするとき …

一人暮らしをお洒落に見せるインテリア ~ スタンドライト ~

最近では、一人暮らしのインテリアとしてスタンドライトを利用する方が増えてきています。 これは、間接照明の持つ効果が注目されるようになった他にも、様々な形のスタンドライトが販売されている事が理由になって …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金の加入年齢と受給年齢

厚生年金は、正社員として働いていると給料から、自動的に徴収されています。 しかし、いつから払えばいいのか、いつまで払えばいいのか、いつからもらえるかは把握していない人が多いのではないでしょうか。 とい …

美を追求する最新美容家電 ― スチーマー ―

美容家電があれば、エステサロン並みのケアを自宅で体験できます。スチーマーもそのような美容家電の1つですが、この機器は顔に対して蒸気を当てることで使います。 蒸気を当てると、様々な効果を引き出してくれま …

野菜高騰に負けない!食費を節約する5つのコツ

自炊を毎日していると、買い物に行かなくてはなりませんが、買い物に行って野菜の値段に驚くこともあります。 ついこの前まで安かった野菜が、何倍もの値段に跳ね上がっていることがあるでしょう。 あまりにも高い …

楽天モーションウィジェット