すっきり片付け!冷蔵庫収納術


冷蔵庫に何が入っているのかを把握していますか?

スーパーで買い物を終えてしまおうと思ったら、同じものを買っていたことがあったり、奥から何年も前に賞味期限が切れたものが出てきたりしていませんか?

そうならないようにするために、まずは置く場所を決めましょう。

スポンサーリンク

まずはどこに何を置くかを決めよう

ドアポケットに水やジュースなどを置くことを決めているように、他の場所も何を置くかを決めてください。

すると、どこに何を置いたのかがわかります。これは収納のコツの一つです。

調味料もドアポケットに入れている人が多いです。

ただ、調味料もしまうときは必ず同じ場所に同じものを収納してください。これもコツです。

いつも同じ場所に入れていれば、どこに行ったのかがわからなくなり、新しく買い足して無駄にならなくて済みます。

おかずを置く場所もランダムにならないようにしてください。

常備菜を置く場所、夕飯の材料を置く場所というように置く場所を決めておけば、ここに置いたもので夕飯を作れますから時短になります。

いちいちいろいろな場所から材料を取り出さなくて済むので、忙しい人は試してみませんか。

納豆を置く場所、ビールを置く場所、というようにどんな細かいものも必ず同じ場所にしまいましょう。

家族にも言っておいてください。

そうしないと、家族が違う場所に置いてしまって、行方不明になることもあります。

慣れるまでは大変ですが、慣れればとても便利です。

覚えにくいと思ったら、冷蔵庫の見取り図を描いて、どこに何を置くのかのメモを書いて、ドアに貼っておくと良いかもしれません。

そうすれば、家族にも置く場所を簡単に伝えられます。

100円均一を有効活用

100円均一のグッズを使って収納しましょう。

専用のグッズも多いです。

グッズを使わないでおかずや調味料などを置くと、倒れたり、見栄えが良くなかったりします。

しかし、便利なグッズを使えば、見やすくなるだけではなく、安定感がありますし、取り出しやすくなります。

透明の容器を買って、常備菜を入れておくだけではありません。

調味料立てをドアポケットに使えば、立てた状態でも安定します。

ドアの開閉で倒れなくて済むので、調味料が漏れたりしにくいでしょう。

また、同じ素材の容器を使って、おかずや肉、魚などを入れておけば、かなり見栄えが良くなります。

何が入っているのかを書いておけば、どこに何がおいてあるのかもすぐにわかります。

透明の容器に収納すれば、中身が見えるので容器に入っているものを書かなくても大丈夫でしょう。

同じ容器を使うと、統一感が出るので、各段に冷蔵庫内の見栄えが良くなります。

また、容器を使って収納すれば、デッドスペースがなくなります。

つまり、全体をうまく使えるようになるので、たくさんものを入れられるようになります。

コツさえつかめば簡単にできるでしょう。容器を使うのは、野菜室や冷凍庫なども同じです。

統一感が出ますし、デッドスペースがなくなりますから、たっぷり入るようになります。

特に、冷凍庫はぎゅうぎゅうに詰めたほうが節電になるのでたっぷり詰めてみませんか。

これまでは、あまり入らないと思っていた人も、たっぷり入るようになるので、もっと大きな冷蔵庫を買わなくても大丈夫だと思うようになるかもしれません。

工夫すればとても便利になる

単にどこに何を置くのかを決めたり、見栄えをよくするだけではなく、工夫しましょう。

すると、取り出しにくかったものが取り出しやすくなります。

缶ビールなどがたくさんあるのならば、縦長のトレイに入れます。

すると、奥に入っているものも簡単に取り出せます。

トレイの奥の下に割りばしなどを置いておけば、傾斜が付くので、数が少なくなっても常に手前に缶ビールなどがおいてあるので、とても取りやすくなります。

冷凍庫にものがたくさん入っている人は多いでしょう。

冷凍庫の収納のコツは、立てて置くことです。

いろいろなものをストックするために、冷凍庫を使っていませんか。

袋に入っているものは、立てて置いてください。

そうすると、たっぷり入るようになります。

ブックスタンドを使って倒れないようにすると良いでしょう。

袋に入っていないものは、容器にまとめて入れておけば、迷子にならなくて済みます。

冷ご飯などはまとめて容器に入れて保存しましょう。

調味料なども同じ容器に入れ替えておけば、統一感が出るだけではなく、同じ大きさの容器なので収納しやすくなります。

こうすれば、デッドスペースがなくなるので、今よりもたっぷり入るようになるでしょう。

基本的には、なるべく同じ容器に入れて保存することです。

むき出しに置いておくよりもずっと収納力が高くなります。

100円均一でも良いですし、おしゃれなキッチン雑貨店でもちょうど良い容器などが販売されているのでまとめ買いしてみませんか。

コツをつかむと収納が苦手だった人も綺麗に冷蔵庫を片付けられるようになります。

すると、無駄がなくなって節約もできるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

繊維の種類と特徴を把握する:麻

衣類の素材の多くには、より衣服を機能的にするための素材が使われている事が多くなっています。 その中でも数多く使われている麻は、耐久性が高い特徴を持ち合わせているので、多くの衣類に使われている傾向があり …

100万円を貯金するために、財形貯蓄と財形給付金を知ろう

貯金で100万円貯めたいけど、なかなか貯められない方、それは貯金の仕方に問題があるかもしれないです。 お金を確実に貯める貯金方法として、財形貯蓄や財形給付金があります。 どのようなものなのか解説します …

クレジットカード「イオンカード」の特徴やおすすめポイント

最近になって話を聞くのが、財布を持ち歩かないという方の存在です。 今は、多くのお店がクレジットカードや電子マネーに対応するようになり、確かに財布が無くても良い時代も近いのかもしれません。 そして、そん …

いまさら聞けない年金入門|年金状況を把握しておく

多くの方が、将来について不安に感じてしまうことがあります。その内容で多いものでは、お金に関する内容を挙げることができます。 将来に備えて、十分な蓄えを持っている方ならば、問題にならずに済ませられますが …

婚活パーティーはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

婚活パーティーへ行くことに、悩んでいる人も多いと思いますが、まずは下調べや事前準備をして、婚活へ臨みましょう。 大手であれば、やり方に多少の異なりはあっても、大差はありません。 流れを把握することが、 …

楽天モーションウィジェット