就職・転職にハローワークを活用しよう

ハローワークは、多くの失業者が通うところとしても知られていますが、近年は就職活動中の学生が、足繁く通う場合もあるなど、失業者だけでなく、学生や転職希望のサラリーマンなども来ており、いかにハローワークを活用できるかが求められます。

スポンサーリンク

ハローワークを活用するメリット

ハローワークには、求人がかなりあります。これは、求人を出すこと自体は無料というのがあり、他の転職サイトのように、採用したら相当な金額を出さないといけないこともありません。

企業は、仮に正社員として採用した場合、転職サイトに数十万円以上の費用を支払うことになっており、ハローワークにしか掲載をしていないところもあります。

このため、実は意中の案件や求人が、ハローワークに存在したということも十分に考えられるため、ぜひとも活用したいところであり、マークは欠かせません。

都市部などのように、求人の質も数も、そして幅広さなども期待できるところではなく、地方部においては、むしろ転職サイトなどよりもハローワークの方が、魅力的な案件も多く、競争相手もあまりいないのが特徴です。

それでいて、土地柄やだいたいの性質を把握して、指導をしてくれるため、自分に合った仕事を見つけることもできます。

公的な援助を受けることができるかもしれないため、ハローワークを活用することは大事であり、逐一情報を入れておくことが求められています。

ハローワークで行われるセミナー

就職活動をする学生や、転職を考えているサラリーマンや、特定の職業に就く社会人を対象にしたセミナーが、行われています。

失業をしている人は、失業認定をしてもらうことが大事であるため、こうしたセミナーに参加することが多いですが、就職活動をする学生などにとっても、こうしたセミナーはメリットになることが多く、おすすめです。

また、自治体と協力してセミナーを開催し、周辺エリアの企業を交えた、企業説明会というものが行われることもあり、就職活動の現場としても機能することになります。

若者向けのハローワークでは、事細かに指導をしてくれるところもあれば、ある程度年齢を重ねた人へのセミナーというのも行われています。

ほとんどの場合は無料で行われ、しかも、何回かに分けて行われることもあるため、参加しやすい時間帯に参加することもできます。

そのセミナーに参加して触発され、そして、その足で求人票のあるところに行き、勢いで企業に応募することができるため、アクションをすぐに起こしたいという場合には、とても好都合な場所です。

ハローワークだけでは無論限界も

活用することは、依存することと同じではありません。ハローワークに依存することで、すべてが解決するほど、世の中はそこまで甘くありません。

むしろ、性質を知らずにただ単に足を運ぶことは、マイナスでしかないというのが実情です。

確かに、求人数は多いものの、相談する際にそれがちゃんとしたところかどうかというのは、相談員の人にはわかりません。

一般の転職サイトでは、エージェントが足を運び、様子を見ているため、どのようなところかを知った上で提案しますが、ハローワークではそうしたことはしません。

近年では、いわゆるブラック企業からの求人を、表示しないようにする対策は出来ていますが、まだまだ未知数であり、はずれを引くのではないかという不安は、まだぬぐいきれない部分があります。

ハローワーク単体だけで就職、転職の活動をするのは限界があり、到底カバーしきれない部分があることを知っておく必要があり、場合によっては、若者向けに特化した所や、自治体の窓口などに足を運んで、相談をお願いすることも大事です。

いずれにしても、1か所で済まさないことが、求められます。

転職サイトとの併用もあり

単体では限界があっても、転職サイトとの併用をすることで、いいところを見つけやすくなるというのはあります。

例えば、ハローワークで見つけた案件を、転職サイトで調べてみて、状況を知ることも可能です。

これなら、意中の案件をすぐに吟味することができ、ちゃんとしたところかどうかがわかります。

また、相場を知るということも非常に重要です。ハローワークにある案件は、最低賃金で契約を目指すところが多いため、結果として同じような求人に比べて見劣りします。

しかし、それは他のサイトと比較してわかることです。

もちろん、サイト単体で活動をすることも、残念ながら万全とは呼べません。

どの媒体にも守備範囲があり、その守備範囲がすべてを網羅するとは言い切れないため、すべての守備範囲をカバーするのであれば、併用は必須です。

どちらにも頼りきることをせず、利用できるものは何でも利用するぐらいの気持ちを持ち、活動を続けていくことで理想の職場を見つけ、幸せな日々を過ごすことができる可能性が高まるため、いくつかのところを試すことも大事です。

最後に

ハローワークの良さは、気軽に行きやすく、無料であり、求人数も多いという部分です。

あとは、カバーしきれない部分を、いかに別のサイトで補っていくかというのが大事であり、それができれば、仕事はすぐに見つかるようになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

公務員になるための試験:公立学校教員

教員の資格は比較的簡単に取得可能ですが、公立学校で教師として働くためには、県や市町村が行う教員採用試験に合格する必要があります。

医療系の資格:獣医師になるには

今では空前のペットブームということで、昔とは比べ物にならないほど犬や猫を飼う人が増えています。 もはや家族同然の扱いで、中には飼い主の方が犬や猫に身を捧げているようなケースまであります。 特に最近の猫 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「中小企業診断士」

日本の社会の特徴として、中小企業が数多く存在することが挙げられます。テレビや新聞などのメディアでは、認知度の高い企業ばかり見聞きしますが、日本の企業のおよそ99%は中小企業で成り立っているのが現状です …

就職・転職に求人情報サイトを活用しよう

就職や転職をする時には、求人情報サイトを活用するのが一番でしょう。 今は、ここに最も多くの情報が集まるようにもなっていますから、これを有効活用することで、希望の仕事に就くことが出来るようにもなるはずで …

専門職には欠かせない!技術系の資格「電気工事士」

いろいろ世の中には資格試験がありますが、試験内容が簡単なものから、難しいものまで数多くありますし、また仮に試験に合格したとしても、それで生活していけるのかどうかわからないものも多くありますよね。 とこ …

楽天モーションウィジェット