「 船舶 」 一覧

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船舶乗組衛生管理者

船舶に関連する国家資格の1つとして船舶乗組衛生管理者があります。 船舶衛生管理者は、船員法の規定に基づく「船舶に乗り組む医師及び衛生管理者に関する省令」によって詳細が定められており、国土交通大臣によっ …

海技士はどんな仕事?適正や収入など

海技士は別名航海士とも呼ばれる職業で、船舶などが安全に海を航行するために重要な役割を担っています。 知識や体力が求められるハードな仕事ですが、その分やりがいを感じられるので海や船が好きな人にはお勧めの …

救命艇手はどんな資格?受験資格や難易度など

もし船で不慮の事故やトラブルが起きてしまったら、乗組員や乗客は身の危険に晒されます。 船舶でのトラブルは昔から今に至るまで数多く起きてきました。 万が一船で何かあった時のために待機しているのが、救命艇 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:水先人

外航船や内航船など船舶が安全に航行するためには、水先人の有資格者の存在が重要です。 水先人は特定の海域に関する海底の地形や潮の流れなど、様々な環境に精通した専門家として船に乗り込み、船長に助言を行いま …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:内燃機関海技士

機関長や機関士のような機関部船舶職員が船舶に乗り組むために必要な国家資格として、海技士 (機関)があります。 海技士を所管しているのは国土交通省です。 内燃機関海技士は海技士 (機関)のうちの1つで、 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(機関)

船橋当直3級海技士は船橋のブリッジなどで、安全に航海を行うため当直制度によって監視を行う船員のことです。 船橋当直3級海技士(機関)の役割は、推進機関や操舵装置などが安全に正常に動いているのかに関して …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船内荷役作業主任者

船と聞くと人を乗せて運ぶものと言うイメージが強いですが、同時に数多くの貨物も運搬しています。 効率よく貨物を積み下ろしして運搬するために重要な役割を果たすのが、船内荷役作業主任者という仕事です。 どの …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(航海)

船橋当直3級海技士(航海)とは船舶のブリッジで運航の安全を確保するための資格です。 船舶の甲板の上にあるブリッジは船橋とも呼ばれます。 この資格の有資格者はブリッジで気象状況や視界、周囲の状況や障害物 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(通信・電子通信)

船舶の運航に関わる海技士の資格は様々な種類がありますが、その中でも外部との通信を通して船の安全を守るのが海技士(通信・電子通信)という仕事です。 船舶の情報に関するスペシャリストとも言える存在で、万一 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(機関)

船舶の運航に関わる仕事と言えば航海士をイメージしがちですが、実際に船を動かす心臓部である機関室を管理する海技士(機関)も非常に重要な役割を担っています。 船舶に関わらず幅広い分野で活躍することもできる …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(航海)

安全で効率的な漁業を行うために、漁労船を操る操船や魚を取る操業の中心的な役割を担うのが、漁労船の船長です。 船長は乗船すると、さまざまな計器を点検します。 船の位置を的確に示すGPSや、魚群探知機など …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:小型船舶操縦士

海や川などでエンジンのついたボートで颯爽と水面を駆け抜けるのはかっこよく、誰もがやってみたいと思います。 そのためには小型船舶操縦士という資格が必要になります。 資格取得の方法や船舶との関係性など知り …

楽天モーションウィジェット