宅地建物取引士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?


宅地建物取引士(通称、宅建)は毎年約20万人が受ける人気の国家資格です。

そんなに人気で多くの人が受けるなら合格しにくいのでは?と思うかもしれません。

今回は宅地建物取引士の資格の難易度や合格率について紹介します。

スポンサーリンク

宅地建物取引士とは?

まず、宅地建物取引士とは、簡単に言うと不動産に関わる仕事をする人のことです。

具体的には、不動産の売買を自分で行ったり、不動産の売買・交換を代理・媒介したり、不動産の賃借権を代理・媒介します。

しかし、実際には不動産業に携わるだけでなく、金融関係、建設関係をはじめとした様々な業種に携わることが出来るのです。

しかも宅建は業務独占資格であるので、宅地建物取引士の資格を持っていなければ出来ない仕事も多数あります。

また、不動産業を行う会社・営業所では、5人に1人の割合で専任の宅地建物取引士の資格を持っている従業員を配置しなければならないと法律で定められています。

宅建の資格を持っていれば請け負うことが出来る仕事が多く、社会のニーズも高いので食いっぱぐれる心配は少なく、需要があり人気も高くなっています。

宅建の資格は幅広い業種の就職活動に有利に働き、就職してからも不動産業界では資格手当が出るのも人気が高いポイントです。

資格手当は会社によりますが、毎月5千円~5万円だと言われています。

これだけメリットがあれば、多くの人はこの資格を取っておきたいと思うでしょう。

宅地建物取引士の試験難易度と合格率

さて、宅建の資格試験はどれほどの難易度なのでしょうか。

毎年20万人以上が受験する宅地建物取引士国家資格試験ですが、合格率は例年だいたい15~17%の間で変動しています。

毎年3万人程度の人が合格しています。

他の国家資格と比べたら合格率は普通よりやや低いか、普通ぐらいのように思えます。

しかし毎年20万人近く試験を受けるにもかかわらず、受かるのはたったの3万人…と決して簡単ではありません。

試験に合格するために

予備校に通うなどしてしっかりと試験対策をすれば受かる資格だと言えます。

だいたい合格に必要な勉強期間は4~8ヶ月で、早い人なら2ヶ月で資格を取ってしまう人もいます。

計画的に効率よく勉強をしていけば届かない資格ではないです。

宅地建物取引士の仕事が法律に関わる仕事なので、試験の内容は法律に関わってくるものとなっています。

試験は4肢択一式の問題が50問出るマーク式の問題形式になっています。

そのうち、民法に関わる問題が14問、宅建業法に関わる問題が20問、法令上の制限に関する問題が8問、その他関連知識の問題が8問出るようになっています。

どこをとっても法律が関わってくるので、法律を学んだことがない初学者が独学で勉強するのは非常に厳しいです。

特に民法は莫大な量があるため、どこを勉強すれば良いのかよく分かっていない人が独学で手をつけると泥沼にはまります。

ですので、初学者の方や効率的に勉強したい方は予備校に行くのがおすすめです。

少なくとも250時間は勉強時間を確保しなければならず、合格者はだいたい350~400時間の勉強をしています。

簡単に合格することはなく難易度も少し高い資格ですが、他の国家資格に比べたらちょっと頑張れば手が届く資格だと思います。

難易度の話を聞いて「難しいならやめてしまおう」と諦めてしまうのは勿体ないと思います。

毎年20万人以上の受験者のうち、実際に受験する人は19万人ほどで、申し込んでも受験することをやめてしまう人もいます。

また、学生から70代の人まで幅広い世代の人が受けているため、その中には勉強時間が確保できずに勉強量や理解度が不十分なまま試験を受けてしまったという方も大勢いるのではないでしょうか。

そのため、ちゃんと勉強した人の実質の合格率は15~17%ほどだと思います。

頑張れば届く資格ですので、法学は全く学んでこられなかったという方も、予備校や映像授業などを受けたりして目指してみてはいかがでしょうか。

宅地建物取引士を取得できたら

宅地建物取引士の資格をまず取ってから、行政書士などのさらに難関国家資格を目指す方も多くいます。

というのも、宅建の資格試験の内容と行政書士や司法書士を初めとした難関国家資格の試験内容は重なる部分があるため、宅建の資格勉強が役に立つからです。

また、宅地建物取引士の資格を持っている人で独立を考えるとなると、資格がそれだけではかなり厳しいというのもあります。

ですので、宅建よりも難易度の高い資格を取って独立を目指そうと考えてる方もいます。

いずれにせよ、宅地建物取引士の資格をファーストステップとしている方も多数います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格

関連記事

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:エアロビックダンスエクササイズインストラクター(ADI)

ここ数年、健康意識の高い人が増えてきて年齢性別に関係なくスポーツジムへの加入者が増えています。 スポーツジムのプログラムで人気があるものの一つとして、王道で人気があるのがエアロビクスです。 楽しみなが …

センスを活かそう!生活に関する資格「照明コンサルタント」

照明コンサルタントとは、一般社団法人照明学会が認定する民間資格です。基礎講座の受講をし、所定の知識を得た人に与えられる資格なのです。 照明と言っても、自宅で使用するものから屋外で使用する大型のものまで …

英語を通して学ぶ文化と歴史

語学はその国の文化を表しています。 日本語は文章を最後まで確認しないと、YESと言っているのか、NOと言っているのかわかりません。 それは日本の国民性が人間関係を曖昧にし、センテンスの最後の方にその人 …

一般事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

一般事務は、事務の中でもかなり初歩のお仕事とされています。 では、一般事務とは具体的にどういうもので、一般事務で働くためにはどうしたらいいのでしょうか? また、未経験者でも働けるものなのでしょうか?そ …

外国語を学ぶ資格:工業英語能力検定

工業英語能力検定の知名度は低いですが、語学系の検定の中で一番役に立ちます。

楽天モーションウィジェット