宅建事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

宅建事務は、不動産屋さんに関係する事務を行う仕事です。

実はその業務は、不動産屋さんの規模によって大きく異なります。内容によっては、未経験者であっても働くことができます。

事前に、よく調べておくことが重要と言えます。

スポンサーリンク

規模の小さい不動産屋さんで働く場合

比較的規模の小さな不動産屋さんでは、全般的な仕事を行うことが多いです。

具体的には、物件が募集中かどうかの問い合わせ対応、問い合わせのあった物件の図面をFAXで送信、店頭広告の作成、チラシの整理など枚挙にいとまがありません。

その仕事内容は、個々で見ればそこまで難しいものはほとんどありませんが、業務自体が多いのが特徴です。

どちらかというと技能よりも、体力が必要となる仕事が多いので、その点では未経験でもあまり問題はありません。

しかし、店頭広告を作成する際には、エクセルやワードなどを、ある程度使える必要があります。

ワードであれば、初めてでも何らか問題はありませんが、エクセルは最初の頃に関して、ややこしく感じるかもしれません。

最も頻繁に行う必要があるのは、問い合わせ対応を含めた電話の応対です、宅建事務でなくても、他の仕事で電話応対をしたことのある方は働きやすいかもしれません。

日々の入金確認や、大家さんへの家賃の支払い、管理物件の見回り、営業マンの代わりに物件の案内など、足を使った業務もたくさんあります。

大きな規模の不動産で働く場合

比較的規模の大きな不動産屋さんでは、細かい業務はたくさんの人員で分担するので、1人が行う業務の種類は多くありません。

具体的な宅建事務の内容としては、送金手配や電話応対、書類の作成、入居者情報の登録や変更などが挙げられます。

送金は、シンプルな業務であるものの、失敗できない重大な手続きです。ただし、チェック機能が構築されており、誰か1人の責任で行うことは基本的にありません。

電話応対に関しては、不動産屋さんの規模に関わらず、任せられることが多いです。

しかし、大きな規模の不動産屋さんでは、重要な内容に関しては担当の方に取り次ぐことになるので、それほど大変ではありません。

これまでに電話応対を行ってことのある方なら、難しい業務ではありません。書類の作成も、重要な宅建事務です。

フォーマットがあるので、オリジナルで考える必要はありませんが、その不動産屋さんが定める方式を、確実に取らなければなりません。

パソコン操作に慣れていれば難しくありませんが、初めてであっても、数週間で問題なくこなせるケースが多いです。

不動産屋さんの規模による宅建事務の違い

宅建事務は、不動産屋さんの規模で大きく仕事内容が異なるので、その点に留意しておきましょう。

基本的な違いとしては、小さな規模の不動産屋さんの方が行う業務の種類が多く、大きな規模の不動産屋さんの方が業務の内容がシンプルです。

大きな規模の不動産屋さんでは、責任も分散しやすく気持ちの上でも働きやすい可能性があります。

小さな不動産屋さんは、重大な事務を任されやすいので、やりがいはあるかもしれません。

特に繁忙期には、営業マンの業務まで代行するケースがあります。

将来的に、不動産屋さんに正社員として就職することを考えるならば、小さな規模の不動産屋さんで、腕を磨くという選択肢もあります。

それほど大変な業務を行いたくないという方や、パートやアルバイトとして、短時間で働きたいという方には、大きな規模の不動産屋さんで働くことをおすすめします。

業務の種類が絞られているので働きやすく、重大な責任のかかる業務を、1人で行うことはほとんどありません。

採用さえされれば、事務作業未経験でも問題なく、仕事を行える可能性が高いです。

大きな規模の不動産屋さんで働く際の注意点

大きな規模の不動屋さんでは、過剰な負担がかかる宅建事務が少ない一方、そもそも正規採用の募集が少ないという問題があります。

アルバイトやパートとしての求人が多く、社員採用があっても最初は派遣というパターンが一般的です。

そのため、未経験の方が正社員として採用されることは、非常に難しいという実情があります。

ただ、一度は派遣社員として採用されてから、正社員に切り替えてくれる不動屋さんもあります。

アルバイトやパートで働く場合ならば、小さな規模の不動屋さんの方が、複雑な業務を任されやすいです。

しかし、これは必ずしもデメリットではなく、宅建事務のスキルアップを目指すことができます。

学生時代に、小さな不動産屋さんの宅建事務事務で経験を積み、大きな不動産屋さんの正社員になるという方もいます。

宅建事務をしたことがない方は、とりあえずお金を稼ぎたいのか、将来的に不動産屋さんで働きたいのかによって、判断が変わることもあります。

なお、宅建事務として働いた経験は、他の業種の事務職でも活かせるのでスキルアップには適しています。

最後に

一口に宅建事務といっても、不動産屋さんごとの違いが大きくなっており、一概に簡単とも難しいとも言えません。

業務内容的にハードなのは、小さな不動産屋さんですが、その分スキルを身につけやすいという特徴があります。

短時間でも働きたいという方には、大きな不動産屋さんがおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

イタリア語を通して学ぶ文化と歴史

イタリアは海外旅行で行ってみたい国のランキングでも常にトップに入っていて、世界中から観光客が集まってくる憧れの国です。 地中海に面していて温暖な気候で、古代ローマ時代から続く独自の文化と歴史を持ってい …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「法人税法能力検定」

法人税法能力検定とは、昭和43年9月29日に第1回能力検定試験が実施されていた税務会計能力検定から、平成24年に「所得税法能力検定試験」「法人税法能力検定試験」「消費税法検定試験」と区分された資格の一 …

就活で持っていたい資格「簿記」のアピールできるポイント

簿記の資格を持っていると、就活を行うときのアピールポイントになります。 ただし一口に簿記といっても複数の種類があり、担当領域や計算方法などが異なります。それぞれの特徴を踏まえて、自分の志望先に合ったも …

女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定

現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。 このような状況のもとで必要とされているのが” …

公務員になるための試験:警察官

警察官といえば、国と社会を成り立たせるためには不可欠な存在です。 世のため人のために働き、秩序を正すのが仕事です。 警察官はやりがいが大きく、社会貢献したい人にはぴったりです。 ただし、警察官になるた …

楽天モーションウィジェット