RCカーの塗装に!タミヤ ポリカーボネートスプレーの特徴と使い方

RCカーは外を走らせる前提で作る必要があるので、剥がれにくい丈夫な塗装が求められます。

タミヤはボディの素材に密着する塗料を開発したことで、RCカーに適した塗装の可能性を広げ、塗装の楽しみの提供を行っています。

スポンサーリンク

ボディに使われているポリカーボネートとは

ポリカーボネートとは、透明度が高いプラスチックの一種で、光の透過性と寸法安定性が優れています。
一般的にはCDやDVDで目にしていることが多いですから、案外身近なプラスチック素材だといえるでしょう。

RCカーでこの素材が採用されている理由には、やはり内側から塗装することができて、走行中に剥がれる心配が少ない点が挙げられます。
また、ポリカーボネートは耐衝撃性も備えているので、RCカーで採用されているのは必然的な結果だと考えられます。

このように、優れた素材なのは間違いありませんが、衝撃を受けると変形しますし、強力な溶剤は使えないことから、塗料の密着性が弱くが剥がれてしまう欠点があります。

溶剤が浸透してダメージを受けると、透明性が利点のポリカーボネートに曇りが生じるので、これでは使い物になりません。
その為、今までは強力な溶剤を含む塗装を行うことができなくて、塗料の密着性に不安があったのが実情です。

一方で、タミヤ ポリカーボネートスプレーが登場してからは、ポリカーボネートに対する不安がなくなり、積極的にRCカーを作り走らせる人が増えています。
商品名にある通り、ポリカーボネート素材に合わせて作られているので、これまでの欠点が解消されています。

RCカー文化の発展に力を入れて、RCカーの提供を行っているタミヤが開発した商品ですから、商品に対する信頼性は高く、理想的な塗料の一つだと評価されています。

RCカーに最適なタミヤ ポリカーボネートスプレーの特徴

タミヤ ポリカーボネートスプレーは、ポリカーボネートを侵さず、尚且つ密着性の良い溶剤の配合バランスが特徴です。

ラッカー系のスプレーは複数の溶剤が配合されていて、溶剤の種類や配合比はメーカーごとに秘密となっています。
その結果、プラスチック素材に使っても問題がないかどうかは、実際に試さないと分からないのが現実です。

しかし、タミヤは自社のRCカー用に、タミヤ ポリカーボネートスプレーを提供しているので、この組み合わせなら問題がないことが保証されます。
これはRCカー作りを楽しむファンに朗報で、今まで試行錯誤が求められていた苦労から、これ一つで解放されることを意味します。

更に、タミヤ ポリカーボネートスプレーは色数が豊富で、既に約70種類登場していますから、自慢のRCカー作りにおける表現の幅が広がるはずです。
一缶あたりの使用量の目安は、8分の1から12分の1サイズのボディ1台分で、衝撃を受けても剥がれにくく、模型用エンジンの燃料に侵されないと良いこと尽くめです。
しかも、価格は実売ワンコイン500円程度とお得ですから、気軽に試せたり楽しめるアイテムとなるでしょう。

内容量や価格のバランス、そして使い勝手はとても好評なので、これからRCカー作りに挑戦したり、休んでいた趣味を再開したい人にもおすすめです。
充実の単色は勿論、限定色やラメ入りもラインナップに加わっていますから、頭の中のイメージに限りなく近い、自慢のRCカーを実現させることができます。

RCカーの塗装が楽しいタミヤ ポリカーボネートスプレーの使い方

塗装が思った通り簡単にできると、RCカー作りはそれだけで楽しくなりますし、走らせる時も喜びが実感できるようになります。

タミヤ ポリカーボネートスプレーの使い方は、一般的なスプレー缶に準じるもので、特別な難しさは全くありません。

使用前によく振りながら塗料を撹拌して、気温が低い時はお湯で温めるのが基本です。
ただし、熱湯はガスの気圧を高め、スプレー缶を爆発させる恐れがありますから、お風呂のお湯程度の温度が安全で理想的です。

事前の準備では、ボディに付いた汚れや油分を洗い流し、よく乾燥させてから、塗料を付着させたくない部分をマスキングします。

塗装を行う条件は、周囲の環境が開けていて、風が弱く過ごしやすい気温と湿度の低い日が絶好です。
タミヤ ポリカーボネートスプレーは溶剤を含む商品なので、塗装中は換気状態を確保して、火の気のある場所を避けるのがベストです。

スプレーを行う時は、ボディのない空間から噴射を始めて、ボディを通過して噴射を止めます。
今度は逆の手順で開始地点まで戻って、これを数回繰り返すのがポイントです。

いきなりボディに噴射すると、塗料がダマになって飛び出すので、ボディに目立つ固まりを残してしまいます。
反対に、出始めを避けて通過させる要領でスプレーすると、ムラのない自然な仕上がりが実現します。

塗装中は定期的にスプレー缶を振り、常に撹拌状態を保つことも大切です。

一度に厚塗りはせず、程よく乾いてから薄く重ね塗りする、これがRCカーを楽しく綺麗に仕上げるコツとなります。

未使用時や余った場合の保管は、高温多湿と直射日光を避けて、風通しの冷暗所に保管すると長持ちします。

最後に

RCカーのボディに合わせて作られているタミヤ ポリカーボネートスプレーは、RCカーファンが待ち望んでいた商品で、期待通りの結果で応えてくれます。
手頃で使いやすく、手順を踏めば失敗する恐れはありませんから、RCカー作りをこよなく愛する多くの人に適しています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ホビー, 模型
-

関連記事

フリマアプリ「ショッピーズ」の特徴や使い方

着なくなった洋服や、使わないバッグ等を気軽に売ることができる、フリマアプリが人気を集めています。 様々なアプリが開発されていますが、その中でも今、注目を集めているのが、女の子向けフリマアプリのショッピ …

AK-GARDENに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

インターネットメディアの隆盛に伴って数多くのサブカルコンテンツを扱ったイベントが開催されてきましたが、それぞれのイベントにコンセプトや特徴があります。 それがイベントごとの面白さを形成しているのですが …

ボードゲーム「ドメモ」とは?楽しむポイントは?

スポンサーリンク ドメモはどんなゲーム? ドメモ(DOMEMO)は簡単に言うと数字当てゲームのようなものです。 イタリアのボードゲームデザイナー、アレックス・ランドルフが開発した人気ボードゲームです

デジタルTCG「マビノギデュエル」の魅力とは?

マビノギデュエルはスマホのアプリで遊べるトレーディングカードゲームとなります。 2015年あたりから配信を開始した、ビジュアル面が特化した世界観が特徴ですが、ルールは単純ながらも奥が深いです。 ハマる …

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:ゲームボーイ

ゲームボーイは、ファミコンと並んで任天堂がヒットさせたゲーム機の1つです。 後継機種も発売され、根強く人気もありました。 今回はそんなゲームボーイについて簡単にまとめました。

楽天モーションウィジェット