航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

パイロットは旅客や貨物の輸送、遊覧、写真撮影などのために航空機を操縦して、目的地まで正確に運搬する仕事をしています。

航空会社や航空測量業、報道、遊覧サービス業などで仕事に従事しています。

スポンサーリンク

パイロットがいるから安心できる

航空会社の定期航空便には、機長と副操縦士の二人のパイロットが乗務して役割を分担しながら、安全な運行に従事しています。

パイロットはまず運航管理者が収集した気象データや飛行プランを検討して、最終的な飛行コースや高度、搭載する燃料の量などを決定します。

そして機体の点検を済ませ、航空管制官の離陸許可により離陸していきます。

飛行機が安定すると自動操縦に切り替えますが、機長は離着陸時以外でも緊急事態に備え、飛行中は絶えず操縦かんを握っています。

そして航空管制官に飛行位置を通知したり、計器の監視などを行っています。

ビジネスに旅行にと人々にとって、航空機は欠かせない交通手段です。

目的地まで安全に運航するパイロットは、社会に大きな貢献を果たしています。

飛行機の操縦の中では特に離陸と着陸が難しく、機長と副操縦士の連携がとりわけ必要とされており、離陸するときは副操縦士がスピードメーターの数字を読み上げ、前方を注視している操縦士はその数字から離陸させるタイミングを判断して、操縦かんを引きます。

飛行中は自動操縦になっているとはいえ、ニアミスや乱気流などを警戒し前方の監視を怠らないパイロットの活躍があるからこそ、私たちは安心して航空機を利用することができます。

機長になるためにはパイロットライセンスが必要

パイロットになるための適正として、かつては運動神経が発達していることが強く求められていました。

しかし現在では航空機の装備が改良されたこともあり、運動神経に依存する程度は相対的に低下しています。

パイロットに必要になってくる適正は、どんな緊急事態に遭遇した時でも機内外の状況を沈着に判断して、適切な対処を行うことができる情緒の安定と、冷静な判断力が必要になってきます。

また勤務が飛行ダイヤに合わせて交代制で働き、心身ともにハードな仕事だけに常に健康管理ができる細心の、注意力も求められています。

パイロットの交信は原則としてすべて英語で行われますから、英語力は不可欠なものとなります。

定期航空会社のパイロットになるためには、航空大学校に入校して定期航空会社に採用されるコースと、大学を卒業後航空会社に入社して、自社養成パイロット制度に採用されるコースとがあります。

パイロットになるためには国家試験の、パイロットライセンスが必要です。

パイロットの国家資格は定期運送用、事業用、自家用に分かれていて定期民間航空の機長になるためには、もっとも難易度が高い定期運送用操縦士の資格が、必要になってきます。

航空関係のライセンスでは難易度が高い資格

航空大学校を卒業して定期航空会社に入社しても、すぐに副操縦士や機長として乗務できるわけではありません。

地上勤務などを経験して、パイロットとしての基礎教育などを受けて、副操縦士、機長への道を歩んでいきます。

定期運送用操縦士の資格は、航空関係の免許の中でも最も難易度が高くパイロットの養成機関である国土交通省の航空大学校などを卒業したのちに、長期間の訓練と実務経験が必要になってきます。

専門知識と高度な技術、さらに万一の時に的確な処置を施す冷静な判断力も要求される、高度な資格になっています。

定期運送用操縦士の資格は、飛行機の部と回転翼の部で受験資格がそれぞれ異なっています。

この資格試験を受験できるのは21歳以上で、飛行機の部が総飛行時間1500時間以上で100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の、機長としての飛行がある人か、200時間以上の野外飛行がある人、100時間以上の夜間飛行がある人、75時間以上の計器飛行がある人に、受験資格が与えられています。

回転翼の部の受験資格は、総飛行時間が1000時間以上で100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の、機長としての飛行がある人、200時間以上の野外飛行がある人、50時間以上の夜間飛行がある人が受験をすることが、可能になっています。

安心安全を守る使命感

この航空機の資格試験は、学科と実地によって行われています。

学科では航空工学、航空気象、空中航法、航空通信、航空法規の問題が出されています。

実地では運行に必要な知識、飛行前作業、飛行場および場周経路における運行、基本的な景気による飛行、各種離着陸並びに着陸履行、および離陸中止などの試験が行われています。

これらの難しい試験をパスして、経験を積みながら一人前のパイロットになっていきます。

悪天候や機材のトラブルのような厳しい条件をクリアして、運行が完遂できて目的地について降りて行かれるお客様の安心した姿を見る時が一番満足ができる瞬間だという、パイロットもいます。

お客さんの安心と安全を目的地まで守っていく、そのような使命感がこの職業には必要になってきます。

最後に

航空機関係の操縦のライセンスの中で一番難しいのが、定期運送用操縦士の試験です。
民間航空会社のパイロットになるためには、この資格が絶対に必要になってきます。
この資格を取り豊富な経験をして、お客さんの安心と安全を守っています。

国土交通省(パイロットになるには)

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

医療系の資格:看護師・准看護師になるには

看護師として働くには、看護学校で単位を取得して、看護師試験に合格しなくてはいけません。

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「MIDI検定」

電子楽器の演奏データを保存したり、送受信するための世界共通規格として、MIDI(Musical Instrument Digital Interface)が用いられてきました。 MIDI形式のファイル …

歯科事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

歯科医院は、全国にたくさんあるので、求人募集も多くなっています。ただし、人気のある職種でもあるため、資格を持って自己の能力をアピールすることが大切です。 どんな活躍をしたいかによって、選択肢が大きく変 …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運航管理者

一機の飛行機が飛び立つために、地上でも多くの人たちが働いています。 運航管理者もその中の一人です。 飛行機の安全運航のために、地上で様々な情報を入手して航空機を運転している機長に伝えています。 運航の …

地球環境を守る資格:樹木医

人や動物が病気になったりけがをしたりするように、樹木も具合が悪くなることがあります。 元気だったはずの木が、いつの間にか枯れてしまいそうになる時もあります。 庭の木を病院に連れて行くことはできません。 …

楽天モーションウィジェット