鉄道模型の塗装に!鉄ホビカラーの特徴と使い方

鉄ホビカラーは鉄道模型のために販売されている人気シリーズで、それぞれ特定の型番で実際に使用されていた色を忠実に再現しているのが特徴です。

スポンサーリンク

実際の車両の色を再現した鉄ホビカラー

愛好家が多い鉄道模型では、特に塗装についてのノウハウが豊富で、塗料としても専用の鉄ホビカラーを愛用している方が大勢います。

そのため、自分のお気に入りの鉄道模型に該当する鉄ホビカラーを使用するだけで、まさに現実の車両をそのまま小さくしたミニチュアに早変わりします。

しかも、鉄道模型向けの塗料ゆえ、複数の車両を余裕をもって塗装できるだけのたっぷりとした大容量です。

塗装時に途中で塗料がなくなってしまうのは大変困る事態だから、専用の鉄ホビカラーによって快適な環境を確保しましょう。

鉄道模型に塗装してグレードアップしてみよう

鉄道模型にいざ塗ってみたら、イメージしていた感じと違うという事例はよく見られます。

鉄ホビカラーは鉄道模型のために作られているので、きちんと指定のカラーを購入すれば大丈夫です。

しかし、それでも個人の好みによってはもう少し明るくしたいなどの要望が出てきます。

その場合は不要になった同じ材料の切れ端などに試し塗りをしてみて、その感じからどうするのかを最終決定するのが、できるモデラーです。

地形や市街地を再現したレイアウトも併せて用意するのならば、素早く均一に塗りやすいエアブラシ一式を購入することも検討してみましょう。

圧力調整のレギュレーターと、途中で混じってくる水を除外する水抜きも必須ですが、基本的にレギュレーターに水抜き機能も内蔵されています。

塗装中に水が混じってしまうと、いかに高品質の鉄ホビカラーであっても不安定な塗膜になってしまい失敗してしまうので、エアブラシを使用する時に欠かせない装置の1つです。

塗装面積が比較的大きい鉄道模型では、筆だけで塗っていてはなかなか均一に塗れない上に、時間がかかりすぎてしまうので、コンプレッサーで広範囲に吹きつけるエアブラシを好んで使用している方が多く見られます。

周囲に散らばる塗料のミストをホースで吸引してくれる塗装ブースもあると、塗装環境としてほぼ最上級です。

細かい部分だけ筆で丁寧に仕上げていくと、重厚感がある全体カラーとワンポイントとなる色による自慢の鉄道模型が完成します。

コレクションとして増やしていく予定ならば、早めに塗装環境を整備しておき、最小限の手間で最高の塗装を行ってみましょう。

鉄ホビカラーの塗装手順

立体的な造形物を塗っていくことから、住宅の外壁塗装に近い作業になります。

主に室内で作業するので、作業スペースの周囲に汚れても構わない大きな敷物を広げると同時に、揮発性の溶剤を長時間使用することから十分な換気も行う必要があります。

閉め切った室内では、健康に悪影響が出てしまう恐れがあるので、決して作業してはいけません。

顔を近づけて作業するのが基本だから、あまり溶剤を吸い込まないために使い捨てのマスクをするのも有効です。

塗料を薄めてから塗装する場合には、指定されている薄め液を使用するのが一般的です。

誤った薄め方をすると、色がおかしくなったり、塗膜の耐用年数が下がってしまう場合があるので気をつけましょう。

希釈する際には、必ず一度パレット等に移してから、そこで必要な分だけ薄めるのが鉄則です。

塗膜の定着をより強めるために、中性洗剤で洗うことで下地処理をするのも、色を長持ちさせるコツとなっています。

鉄道模型ではボディと窓などの細かい部分が組み合わさっているので、塗装したくない部分はマスキングテープ等で隠してから作業すると、より綺麗に仕上げられて便利です。

無事に塗装が終わったら、風通しが良い日光が当たらない場所で十分に乾燥させてから、改めて組み直すか、本体を飾っておきたい場所に設置して、全ての工程が完了となります。

信頼できる塗料を選ぶのが成功の秘訣

プラモデルやフィギュアは、現在ではそのまま組み上げるだけでも、それなりのカラーリングとなります。

しかし、モデルとなった機械や人物により近づけるためには、やはり専用の塗料によって丁寧に塗る工程が欠かせません。

プラモデルでは、ただ原型と同じ配色に仕上げるだけではなく、汚しによる立体感の演出や、リアリティを目的としてのダメージがある感じを出す方法としても多用されています。

本格的なコレクターを名乗るためには、プラモデルやフィギュアの塗装をこなすことが第一関門です。

せっかく手間をかけて作業をするのだから、長く塗膜が機能してくれて、なおかつ、美しく仕上がる塗料を選びましょう。

多くの方から信頼されている塗料はやはり品質が良く、粘度についても塗りやすい状態だから、作業がどんどん進みます。

観賞用のアイテムだからこそ、納得がいくカラー塗料で塗り分けるのが、他の同好の士から一目置かれるオタクへの道です。

自らの手で美しく仕上げられる技術を身につければ、さらに自分のコレクションに愛着が湧きます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

ボードゲーム「宝石の煌き」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク 宝石の煌きはどんなゲーム? 宝石の煌き(Splendor)は、宝石商のギルドの長として鉱山から得られる原石を元手に資産を増やしていき、名声を獲得していくという内容です。

カードゲーム「ぴっぐテン」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ぴっぐテンはどんなゲーム? ぴっぐテンは大人から子供まで幅広い世代に愛されるカードゲームです。 足し算と引き算ができれば子供でも簡単に楽しむ事ができます。

ボードゲーム「キャメルアップ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク キャメルアップはどんなゲーム? キャメルアップ(Camel Up)はボードゲームのルールを覚えるのが大変だから私には無理!と、思っている方にもおススメのゲームです。

日本の伝統ゲーム「花札」の魅力と遊び方

花札は日本に古来から伝わるカードゲームの一種で、花かるたとも呼ばれます。

ペプシのおまけボトルキャップの魅力

何気なく買ったペットボトルのオマケにかわいいボトルキャップがついてきたりします。 実はこのボトルキャップを収集しているコレクターが世界中にいるんです。 オマケだからといってよく見ずに捨ててしまってはも …

楽天モーションウィジェット