好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「衣料管理士」

衣料管理士は英語ではTextilesAdvisorで、テキスタイルアドバイザーとカタカナ読みで呼ばれることが多くなっています。略称の、TAと呼ばれることもあります。

衣料品の品質の管理と合理的な消費の指導を行うプロで、繊維でできた洋服、カーテンなどのインテリア用品などに関する知識が豊富で、素材の特性やお手入れ方法に精通している人です。

スポンサーリンク

ファッションと人に関われる仕事なら衣料管理士

厳しく品質チェックを行い、企画、生産、販売、流通、消費などあらゆるシーンで関わってきます。衣料と名前がついているのでファッション系のイメージが強いですが、それだけではなく、インテリア用品や車の内装の繊維のチェックも手がけることがあります。

最近では、コストを抑えるために、衣服などは海外製のものがほとんどです。そんな中でも、消費者は安くて質の高いものを手に入れたいと思っています。その消費者をサポートするために、衣料管理の知識を使って、より良い商品を見抜くのが衣料管理士の仕事です。

今衣料品は、ファストファッションの時代で、安価なものでコーディネートを楽しむ人が増えていますが、ファストファッションでも安かろう悪かろうという製品は売れません。アパレル業界では、高品質で低価格なものが求められています。

消費者の立場に立って、良いものを選べる目を養えるのが、衣料管理士の資格です。物理や化学などの理系の大学や、消費化学などの社会科学を卒業した人が資格取得するケースが多いです。

繊維製品を作る、売る、買う、使う、という様々な立場になった目線で、商品を扱える知識と技術を身につけることができます。

衣料管理士の資格を取得をするには

衣料管理士は、洋服などのアパレル用品をはじめ、衣料を使った雑貨などの繊維製品について、生産、流通、消費などを体系的に管理できる力が必要です。その仕事に役立つのが、一般社団法人日本衣料管理協会が認定する、衣料管理士の資格で、1級と2級があります。

どちらも必要なスキルは、繊維、糸、布などの、繊維に関する知識の材料、加工、染色加工、洗濯に関する加工と整理、衣服の企画生産に関する企画、設計、生産、消費者行動や産業や商品販売などに関する流通と消費の4つです。

それぞれを、一般社団法人日本衣料管理協会が指定している大学で、必要最低限の単位を取得すれば資格を取得することができます。

1級は、4年制大学で43単位以上、2級は短大で28単位以上の履修が必要です。1級と2級では求められるレベルが違うので、1級取得を目指す人は根気よく勉強しましょう。

衣料管理士のは、アパレル系の就職を目指している人に最適な資格で、服飾デザインや管理以外に、接客や営業の時に話に説得力を持たせたい時にも役立ちます。クリエイター作品の品質向上や、お客様のニーズにあった商品の提案のスキルを高めることが可能です。

商品の良さや、管理方法を具体的にわかりやすく伝えることができるようになるので、センスや知識に自信がない人は、勉強して取得してみるといいでしょう。高校を卒業してから、所定の大学や短期大学に通い、協会指定の科目を履修すれば試験資格がもらえるので、資格が欲しいならばまずは単位取得を目指しましょう。

被服学科や服飾造形学科、家政学科、服飾美術学科などで学ぶことができます。

衣料管理士が活躍できる職場とは

衣料管理士の資格を活かして働ける職場は、4分野に分かれます。繊維製品の企画と設計、販売、品質保証、消費者対応の4つです。

企画と設計では、情報を収集して分析し、デザインを作ります。販売では、製品の素材や洗濯の方法を消費者にわかりやすく伝える仕事を行います。品質保証は、消費者からの苦情を受けて商品やサービスの改善に努める仕事です。

クレーム処理というよりも、その声を聞き入れて改良に活かすというのがメインです。 消費者対応はお客様の声を聞き、消費者の声を製品に直接反映させていきます。

例えば、デザインや着心地についての声を受けて、それを実際の製品に取り入れていきます。 販売以外は裏方の仕事のように見えますが、ファッションに関わりたい人には、どれもやりがいを感じられる仕事です。

職場としては、百貨店や専門店、通信販売会社やアパレルメーカー、素材加工や染色加工会社、さらにはクリーニング店や国民生活センターなどの行政機関で活躍することも可能です。消費科学研究所などの 検査機関で活躍している人もいます。

一般企業の企画、生産、販売部門からも注目されていて、幅広いフィールドに仕事の場が広がっています。店頭でアドバイスしたり、消費者の立場に立った商品の企画や設計に携われるなど、幅広い分野で能力を発揮することが可能です。

アパレル業界で働いている人で、資格を持っている人であれば就職や転職、社内でのキャリアアップにも役立つでしょう。

学校に通うことが条件なので、いきなりなるというのは難しいですが、取得しておくと様々な仕事に役立ちます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:認定心理カウンセラー1級

ストレス社会とも言われる現在、心の病を抱えている人やその予備軍ともいえる人が増えてきています。 このような心の悩みを改善することが、認定心理カウンセラーの仕事です。 認定心理カウンセラーには、1級と2 …

保険事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

保険は、いつの時代も高い需要を持っている商品です。そのため、保険事務の求人募集は、様々なところで見かけます。 信用性も高い職業であり、なおかつ時給も高めに設定されていることも多く、お勧めの職種の1つと …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「児童心理司任用資格」

児童心理司とは、主に児童相談所等で心理学の専門的な知識に基づいて、子どもやその保護者の心理判断をし、心理学的見地から援助する職員のことです。

レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「ツアープランナー」

現在、観光業界で特に人気があるのが「ツアープランナー」の仕事です。 ツアープランナーというのは資格ではなく、旅行会社などで旅程を計画し、飛行機やバスといった運輸サービス、ホテルや旅館といった宿泊施設な …

仕事に役立つ!女性におすすめの資格5選

資格を持っていると、仕事をする上で、または転職する場合にも有利になりそうですよね。 女性が仕事に求めるものも様々です。 収入を増やしたい人、やりがいを求める人、会社のブランドにこだわりがある人など、仕 …

楽天モーションウィジェット