ボードゲーム「ザ・ゲーム」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

ザ・ゲームはどんなゲーム?

ザ・ゲーム(THE GAME)は、悪魔バスターとなって悪魔を退治していく設定のゲームです。

パッケージやカードのデザインが赤と黒のホラーなイメージになっていて目をひきます。

2015年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされるや一気に知名度を上げ爆発的に人気が高まりました。

通販サイトに入荷してもすぐに売り切れる程の人気ぶりで、ボートゲーム好きなら押さえておきたいゲームです。

プレイヤーがお互いに競い合うのではなく、協力して手札の数を減らすことを目標にして遊びます。

ゲームのセット内容は専用カードのみで、コマやコインなど使わない本当にシンプルな内容です。

全てのカードが場に出されて勝利するか、誰かがカードを出せなくなって負けてしまった場合にゲーム終了となります。

ただ出していくだけなら誰でもそれなりにプレイ可能ですが、全部出すことを目標にすると、考え無しに出せるものを出していくとあっという間にゲームオーバーになってしまいます。

ザ・ゲームの遊び方・ルール

プレイ人数は1~5人、プレイ時間は15~20分ほどです。

プレイ方法は簡単で、配られた手札をルールに従って場に出していき、すべて出し切ればよいというものです。

1人でも出来る貴重なボードゲームですが、3~4人くらいで遊ぶのが最も盛り上がるでしょう。

最初に「1と↑」と「100と↓」が書かれたカードをそれぞれ2枚ずつ、テーブルの上に縦1列に並べます。
「1と↑」は1から昇順方向にカードを並べる、「100と↓」は100から降順方向にカードを並べるという指示です。

1人プレイの場合は8枚、2人では7枚ずつ、3~5人では6枚ずつのカードを各プレイヤーに配ります。

残りのカードは山札として脇に置きます。

順番を決めて交互にカードを出していきますが、山札がある内は、最低2枚以上のカードを出すというルールがあります。

出した分だけ、同数のカードを山札から補充します。

山札がなくなったら、出すカードは1枚ずつとなります。

カードが出せなくなるまでそのまま続けます。

1つだけ救済的な特殊な出し方があります。
昇順の列では、今出ているカードより10少ない数でしたら出す事が出来ます。
同様に、降順の列の場合、10大きいカードを出せます。

例えば、昇順の列で1、15、30と進んできて、もうこれ以上の数字は出せなくなった場合でも、現在の30より10少ない数の20のカードなら出すことが出来るというわけです。
この方法により、少し数字が戻せるので、取り戻すチャンスが広がります。

協力プレイのゲームなので、プレイ中にいろいろと相談したくなりますが、自分の手札を見せたり、具体的に数字を言ってはいけないことになっています。
「そこはおれに任せろ」くらいの会話は許されているので、うまくコミュニケーションを取りながらカードを減らしていきましょう。
会話を楽しむ側面もあるので、人数が多いほど盛り上がります。

ザ・ゲームを楽しむために

大変シンプルなルールで、所要時間も短く、使うアイテムもカードだけなので手軽にどこででも遊べるのが魅力です。

プレイ自体は簡単なので、小さいお子さんでも気軽に参加することが出来ます。

ただし、勝つとなるとなかなか難しく、考えながらでないとパーフェクトを達成するのはなかなか難しいと言えるでしょう。

残ったカードが10枚以下ならば十分優秀なレベルです。

複数人で会話を楽しみながら遊ぶのが理想ですが、勝つことばかりを考えてしまうと、悪態をついたり不機嫌になったりする人がいると喧嘩になることもあるので気を付けましょう。

悪手だと思っても自分がカバーしてやるくらいの寛容な気持ちで遊ぶとよいでしょう。

序盤は余裕があるのでパーフェクトも夢じゃないと思うものなのですが、次第に苦しくなっていき、2枚出さねばならないルールが絶妙に利いていて苦しくなっていきます。

出したくないのにどうしても出さざるを得なくなる局面もままあり、悩ましいところです。

それだけに到底無理だと思っていた局面を、協力プレイで打開できた時の達成感は病みつきになる楽しさがあります。

負けてしまうと悔しくて、ついもう一回となってしまう魅力があります。

シンプルながらも奥が深く、カードを使ったボードゲームの傑作であることは間違いありません。

今大人気のボードゲーム「ザ・ゲーム」を一度はプレイしてみることをお勧めします。

難易度は高くなりますが、1人でも遊ベるのが今の時代ポイント高めと言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤ ウェザリングマスターの特徴と使い方

プラモデルやフィギュアを作る時、塗装は仕上がりを左右する重要な工程で、追求を始めると奥深い世界です。 塗装で一手間を加えれば、作品は説得力のある魅力的な仕上がりになるので、そうした塗装に関する商品への …

大人だからこそ夢中になる!鉄道模型の世界の楽しみ方

鉄道模型の楽しみ方は人それぞれで、いろいろな楽しみ方が出来るのが鉄道模型の魅力です。 日本では、「Nゲージ」と言われる線路の幅が9mmの模型が主流ですが、世界では「HOゲージ」が主流です。 ここでも、 …

津川洋行の鉄道模型の魅力と特色

「津川洋行」というメーカーをご存知でしょうか。 少し聞いただけでは、思い浮かべる事がもしかしたら難しいかも知れませんが、この会社は日本を誇る鉄道模型のメーカーなのです。

SEVENのBTOパソコンの特徴や評判は?

SEVENは、カスタマイズ性の高いBTOパソコンショップで、特徴はパーツを細かく選択できる点です。 さらに、価格も抑えめとなっているので、コストパフォーマンスが高いと言えます。 ゲームや動画制作が快適 …

ボードゲーム「犯人は踊る」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク 犯人は踊るはどんなゲーム? 犯人は踊るは簡単に遊べて盛り上がれます。 ルールはおぼえなくても大丈夫!だれでも簡単に短時間でプレイできます。

楽天モーションウィジェット