外国語を学ぶ資格:TOEIC


海外で働くために必要な語学の資格といえばTOEICと誰もが口を揃えて言うほど、とても有名な資格です。

スポンサーリンク

英語の資格といえばTOEIC

海外で働くためだけではなく、就職活動におけるエントリーの足切りや社内での昇格にも使用される事が多いです。

最近は日本の多くの企業が国際化をすすめているため、働く大前提として、英語を含む第二外国語を習得する必要があります。

語学ができなければ、就職試験を受ける事すらできない企業もあります。
エントリーシートと共に履歴書とTOEICのスコア表を提出し、企業が求めるレベルに達していないと判断されると、それ以外の教科が優秀だったとしても、面接や試験を受けさせてもらえません。

また、就職した後に企業が海外向けのビジネスをはじめる事があります。
そのような環境になると、今まで全く英語を勉強してこなかった人がTOEICのスコア習得に向けて勉強しなければ、使えない人間として扱われて昇格が難しくなってしまうかもしれません。

そこで、今回は語学の資格であるTOEICの特徴と、どの程度のスコアが必要なのか、ご紹介させていただきます。

特に就職活動を控えている人や、会社で海外向けのビジネスをはじめる予定がある人、海外で働くことを検討している方は参考にしてください。

TOEICの試験は年間に開催される回数が限られている上、社会人になってから資格取得を目指す予定の人は効率よく勉強しないと間に合いません。

そこで、どのような試験なのか、どの程度のスコアを求められるのかを知ることで目標を立てやすくなり、勉強がはかどるでしょう。

TOEIC試験の特徴と対策

TOEICはリスニングテストとリーディングテストの2部構成になっています。

・リスニングテストについて

最初にリスニングテストが45分間行われます。
450点満点です。

問題文は一度しか読まれませんので、注意が必要です。

更に、問題用紙にメモをとることが許されないため、しっかりと対策をしないと簡単な問題すら解くのが難しくなってしまうでしょう。

・リーディングテストについて

次にリーディングテストが75分間行われます。
450点満点です。

イディオム問題、短文問題、長文問題があります。

リスニングテストでかなり疲れている中、リーディングテストが始まるため、かなりの集中力が必要です。

そして、問題量が多いため、一度の読解で問題に取り組まないと間に合わないでしょう。

ちなみに、リーディングテストの試験対策をしないで受けたネイティブスピーカーが最後まで問題が終わらなかったという事例も多くあります。

海外でも役に立つ資格といわれるだけあり、英語力だけではなく、それらを日常的に使用できなければ問題には太刀打ちできないという事を覚えておきましょう。

・どんな対策をすればいいか

これから試験を受ける予定のある人は、しっかりと傾向を考えて対策をし、効率よく勉強しましょう。

そして、長時間の試験を集中して解くために、普段から2時間程度、集中して勉強する習慣をつけるべきです。

社会人の人は、時間の確保が難しいかもしれません。
しかし、昇格のためには工夫して対策するしか他に道はないでしょう。

TOEICのスコアは何点が必要?

どのくらいのスコアが資格として認められるかご紹介させていただきます。

一般的な大学生が試験を受けて獲得する平均スコアは、450点です。
しかし、450点を資格として認めてもらえる企業はほぼないと言っても過言ではないでしょう。

大学を卒業するために最低限必要とされているスコアが、550点です。
平均点の450点から100点スコアをあげる必要があるので、英語が苦手な人には大変でしょう。
ちなみに、550点を基準にエントリーの足切りを行う企業も多いです。
貿易事務や英語事務の仕事をしたい人は、最低でもこのスコアは取得しておきましょう。

外資系の企業で働きたい人は、750点を取得する事が求められます。
これは英検2級以上のレベルと言われています。
英語が得意な人であれば、毎日しっかりと勉強すれば越えられるかもしれません。
しかし、決して簡単なスコアではない事を覚えておいてください。

海外で働きたい人が取得すべきスコアは、850点以上です。
ほぼ満点に近いスコアを取得できなければ、海外で働くためには不十分です。
このスコアを目指している人は、普段からテスト対策をしながら様々な映画を見たり本を読んだりして、多角的に英語を勉強すべきです。

最後に

テストの解答するスピードをあげること、確実に問題を解くこと、ケアレスミスをしないことも念頭におきながら挑みましょう。
自分が目指すスコアが把握できたところで、海外で働くために必要なスコアを取得するために、日々試験対策をすれば、確実に越えられるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

秘書の仕事に就きたい人におすすめの資格

秘書といっても、単に社長の近くにいる人が秘書ではなく、多くのタイプが存在します。 それによって、ぜひとも取っておくべきおすすめの資格というものは、変化するものです。 その中でも、この資格だけは押さえて …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

パイロットは旅客や貨物の輸送、遊覧、写真撮影などのために航空機を操縦して、目的地まで正確に運搬する仕事をしています。 航空会社や航空測量業、報道、遊覧サービス業などで仕事に従事しています。

お店のサービスをチェック!覆面調査士の資格とは?

覆面調査士は、ミステリーショッピング(覆面調査)を専門的に行える技能・心構えを持っている事を示す為に設置されている民間資格です。

学生の時にとっておきたい資格:漢検2級以上

現代社会ではパソコンを利用する機会が増えており、多くの学生が普段から利用しているはずです。 ですからIT関連の知識や技術を身に着けることも大切なのですが、そんな時代だからこそ敢えて漢検の資格にトライす …

楽天モーションウィジェット