仕事に役立つ英語の資格:TOEIC


仕事をする上で英語を扱えることはメリットになります。

それだけでグローバルに働くことが可能となり、海外にまで視野を広げられるようになり、市場拡大に繋がる可能性が高くなるでしょう。

それによって個人としての力が認められやすくなり、難しい仕事を任されるようにもなります。

海外からの収入が増えるので、会社は大きくなり、給料もアップします。

ただ英語ができるだけで価値ある人間となり、会社に重宝される存在となるので、時間があるときに英語の勉強をすると良いです。

自分の英語力を知る方法としてオススメなのが、TOEICです。

スポンサーリンク

TOEICがおすすめの理由

TOEICはビジネス英語の資格であり、リスニングとリーディングを990点満点でスコア表示したものになります。

この資格を得るための条件はなく、英語を勉強している人なら誰でも受験することができます。

年に何回もTOEIC試験が開催されるので、自分のタイミングに合わせて受験することが可能です。

英語の基礎としての単語力や文法理解度を問うものだけでなく、英語で状況を判断する能力や読み取る力が求められます。

また、問題量が多く、1題1題の問題文が長いため、どうしても時間がかかってしまいます。

その上での英語を問うものになっているので、ビジネスマンとしての能力も試されます。

だから、ただ英語力を確認するための資格取得を目指すのではなく、ビジネスマンとして高い英語力を身に付けるための資格として考えると良いでしょう。

また、TOEICの問題内容のほとんどはビジネスで起こりうる状況をベースにしているので、仕事に直結する能力も身に付きます。

ただ英語でコミュニケーションを取れるだけでなく、英語を仕事に活かせることができるアピールになるのがTOEICという資格になるので、説得力を大きくするためにもハイスコアを目指すように勉強しましょう。

リスニングのポイント

英語を使って仕事をする場合、英語でやり取りすることが当たり前となります。

正しく英語を聞き取り、それに適した受け答えができなければ意味はありません。

それも、友人とコミュニケーションを取るようなやり取りではなく、仕事上でのコミュニケーション能力が必須なので、それをTOEICを通して確認することができます。

そのパートがリスニングであり、瞬時に理解する力と判断能力が問われます。

難しい点が、問題文やその回答が2度読まれることはなく、すべて1発勝負となります。

聞き逃したり、集中力が切れてしまえば、その瞬間スコアが落ちることを意味するので、受験する場合は常時集中する必要があります。

仮に聞き逃したとしても、次の問題に集中し、切り替えて点数を稼ぎにいきましょう。

この積み重ねによってTOEICのリスニングで良い点数が取れるようになり、それが仕事上でのコミュニケーション能力を証明する数値になるので、適当に勘任せで解かないようにしましょう。

読まれる英文は短文から長文まで幅広いため、何を話しているのか暗記する力も必要となります。

TOEIC対策として、一度で理解できるよう練習しておくと良いでしょう。

仕事では何度も聞き直すことができますが、英語ができないから聞き直すようでは失礼なので、この段階で理解できる力を身につけておくよう訓練することが大切です。

リーディングのポイント

そして、ビジネスの上で英語の文書を読む、あるいは書くことは当たり前のことでしょう。

グローバルに働く場合は、これがメインとなるので、正しく読み取れるようにTOEICの勉強で練習する必要があります。

問題文もメールのやり取りをベースにしていることもあるので、良い練習となることは間違いありません。

やり取りとして適している英語単語の選択や、素早く和訳する力も身につけなければならないので、のんびり点数を稼ぐ気持ちではハイスコアを目指すことは難しいです。

リーディングパートにおいて重要なのは、英語を素早く読み取る力、つまり、速読力が必須能力となります。

何度も読み直していると時間がなくなり、最後まで解けずに終了します。

それによって取れる点数をすべて落とすことにもなるので、そうならないように注意して解かなければなりません。

仕事もスピードが命であり、のんびりしているとチャンスを逃す恐れもあるので、TOEIC受験の段階でスピードアップ及び理解力向上を目指しましょう。

最後に

TOEICの各パートの対策を取り、ハイスコアを目指すことでグローバルに働くために必要な能力が向上することにも繋がるので、ただの資格取得を目指す気持ちで勉強しないことが大切です。

勉強を通して、どういう仕事の場面で使われるのか、などと考えながら勉強すると効率的に進められるでしょう。

大切なことは、受験を1回して終了するのではなく、定期的にスコアをチェックし、自分のレベルを確認することが重要になります。

平均的にハイスコアであれば、本当に仕事に役立てる自信が持てるようになり、実際に仕事へと繋げられるようになるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」

4人に1人以上が、65歳以上という超高齢化社会が到来する中で、直近の課題になってきたのが住まいです。 誰もが安心して暮らせる住まいという条件を満たすには、様々なことを考える必要があります。

医療系の資格:歯科技工士になるには

歯科技工士は、患者さんのための人工の歯を専門としてつくる医療技術職です。 歯は体の一部であり、歯の健康のためにも必要な仕事です。

外国語を学ぶ資格:中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

近年、世界中の国々の中でも目覚ましい発展を見せる中国ですが、日本でも中国に工場を進出したりビジネスパートナーとして提携したりしている企業が数多くあります。 こういった流れの中で、現在ではグローバルに仕 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:公認スポーツ指導者

子供たちにスポーツの楽しさを伝えるだけでなく、安全に、かつ正しく指導していく役割を担っているのが公認スポーツ指導者です。 この資格は細かく分類されており、指導される側の健康に関する意識を高めるほか、指 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(航海)

船橋当直3級海技士(航海)とは船舶のブリッジで運航の安全を確保するための資格です。 船舶の甲板の上にあるブリッジは船橋とも呼ばれます。 この資格の有資格者はブリッジで気象状況や視界、周囲の状況や障害物 …

楽天モーションウィジェット