家族でワイワイ楽しめる!「東京ジョイポリス」のおもしろさ

東京ジョイポリスは、お台場にあるテーマパークですが、最大の特徴とも言えるのが、屋内型であるということです。

すべてのアトラクションが屋内にあるため、天候に左右されることなく、1年を通して快適に遊ぶことができるという良さがあります。

家族旅行の際には、行き先の天気が気になるものですが、東京ジョイポリスであれば、当日に突然雨が降ってしまっても、その影響を受けず、思う存分遊ぶことができます。

また、家族旅行の際には、冬のように寒い時期は、外の施設だと楽しくても長時間過ごすとつらくなってくることがありますが、東京ジョイポリスならそういった心配がありません。

そんな東京ジョイポリスに家族旅行で訪れる際には、一工夫して安く楽しむのも手です。

スポンサーリンク

東京ジョイポリスを安く利用する方法

東京ジョイポリスは、18歳以上は入場とアトラクション利用し放題のパスポートが4,300円、小学生と中学生と高校生は3,300円という料金設定ですが、遅めの時間帯だと料金が安くなる、ナイトパスポートがあるのです。

ナイトパスポートは、平日は17時から、土日祝日は16時からのチケットで、それぞれ3,300円と2,300円という料金、つまり1,000円引きになりますのでお得です。

なお、入場券だけの販売もあり、これですと800円と500円という安さです。ですから、あまり利用したいアトラクションがない場合には、入場券だけ購入して入るのも手です。

東京ジョイポリスは、プライズゲームやアーケードゲームなどもありますので、こういった種類のゲームをメインに遊ぶという過ごし方をするのも良いものです。

時間が遅くなってしまいますが、20時からのさらにお得なナイトパスポートというのもありますので、泊まりの家族旅行の場合はこれを利用してみるのも手です。

アトラクションの種類と混雑具合をチェック

東京ジョイポリスは、20以上ものアトラクションがあるテーマパークで、色々な種類のアトラクションがありますから、家族で遊ぶのにはピッタリの施設だと言えます。

気軽に楽しめるものから、刺激的なホラー系のアトラクション、また屋内型のテーマパークでありながら、ジェットコースターなどダイナミックなアトラクションの用意もありますから、家族全員がしっかりと楽しめることでしょう。

そんな東京ジョイポリスを、家族でたっぷりと楽しむためには、まず最初にどういったアトラクションがあるか把握しておくと良いものです。そうした上で、どれを利用するか優先順位を決めていくのです。

というのも、東京ジョイポリスは、タイミングによっては、かなり混雑する施設であり、きちんと計画を立てて行動しないと、思う存分楽しめないことがあるからです。

なお東京ジョイポリスは、アトラクションの待ち時間が、現在どのぐらいかという確認ができるようになっています。

行列具合を見て判断するというのも手ですが、こういった表示を参考にして、行動の仕方を考えていくのも良いものです。

アトラクションによって、待ち時間に結構差が出る施設です。人気のアトラクションは、かなり待つことになりますが、少し待てば乗れるアトラクションもあります。

ですから、元気な内に、長時間並ぶアトラクションを利用しておくという立ち回り方をするのも良いものです。

ナイトパスポートを購入して利用する場合には、すでに大勢のお客さんが施設内で遊んでいますから、どのアトラクションにも人が並んでいるものです。ですから、よく状況を確認して上手く立ち回りたいものです。

周辺施設も魅力的な東京ジョイポリス

東京ジョイポリスは、お台場海浜公園駅から歩いてすぐのところにある施設ですが、この辺りは他にも魅力的なお店がありますから、そういった施設も家族で一緒に楽しむと良いものです。

なお、東京ジョイポリスを利用する際の立ち回り方として覚えておくと良いのが、再入場のシステムの利用です。

東京ジョイポリスは、当日発行のチケットを持っていれば、手続きすることなく、最終入場時刻まで何度でも再入場ができるのです。

一時的に東京ジョイポリスの外に出られても、周りに何もなければ楽しみようがありませんが、すぐ近くにショッピング施設があり、色々と買い物が楽しめます。

昭和テイストたっぷりのゾーンがあったり、飲食店も色々とありますから。

東京ジョイポリスの中にも飲食店はあるのですが、ガッツリと食事ができるお店というのがないため、食べることに関しては物足りなくなってしまうものです。ですから、一旦外に出て、近隣の飲食店で食事をするわけです。

それで満足したら、また東京ジョイポリスに再入場して遊ぶのです。

このように、近隣の施設とうまく行き来することで、さらに楽しく過ごせるようになるものです。

なお、東京ジョイポリスは夜遅くまで営業しているのも良いところです。22時まで営業していて、最終入場は21時15分となっています。この点にも注目して行動すれば、周りの施設も楽しみやすいものです。

近隣施設は、21時までのところや23時や24時までやっているところもありますが、ラストオーダーが22時や22時30分などバラバラですから、利用する際には注意しておきたいところです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, ,

関連記事

ベルン(スイス)のおすすめ観光スポット

スイスのベルンという町は、ほぼ中央に位置する大きな町です。旧市街の町並みはとても美しく、世界遺産にも認定されています。

ランシング(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ミシガン州の州都のランシングは、人口約11万5千人を擁する、自動車の町としてかつて好景気に沸いたデトロイトに近接しています。 ミシガン州の州都になるため行政関連の雇用が確保されているので …

荘厳な雰囲気でリラックス!老舗旅館に泊まろう

旅行の中でも宿泊をメインにする人の場合、中には老舗旅館に泊まりたいという考えの人もいます。 老舗旅館とはいえ、現代的でモダンな内装の場合も多かったり、歴史的な建物を楽しんだり、歴史そのものを楽しめると …

岡山県のおすすめ旅行スポット

岡山県は、中国・四国地方にあり、瀬戸内海に面する県です。 そんな岡山県のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

イルミネーションがオススメ!「東京ドイツ村」のみどころ

東京ドイツ村は、千葉県袖ヶ浦市にある、花と緑が楽しめるテーマパークです。

楽天モーションウィジェット