お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる美白効果

冬の間は、色々な食材をバランス良く摂取できるお鍋を頻繁に作る人が多いようです。

野菜も豊富に取り入れることができますので、日頃野菜不足の人にも、最適のメニューです。

気温が低いと、ただでさえ体が冷えて循環が悪くなりますので、せめて体が温まるようなメニューにして、内側から循環を高めていきたいところです。

スポンサーリンク

いつもの鍋に飽きてしまったら!トマト鍋の魅力

冬の間の鍋をアレンジして楽しむ

鍋は、時々ならとても美味しくいただけますが、続くと段々と飽きてしまうことがあります。

同じ味のお鍋を食べ続ければ、飽きるのは当然ですので、食材を変えてみたり、スープの味に工夫をしてみたりと、飽きずに食べられる方法を探してみるようにしましょう。

探していくうちに、それまで試したことの無いようなお鍋を発見できたり、面白いアレンジメントが加えられているお鍋を見つけることもあります。

工夫次第で、色々な楽しみ方ができるのがお鍋の良さですので、いつものお鍋も良いのですが、時々は冒険してみるのも良いのではないでしょうか。

最近女性の間で注目されているのが、トマト鍋です。

トマトは、体に良いことで知られていますが、実は美容にも効果的です。食べてみると、独特の酸味があって、それがとても良いアクセントになっているので箸が進みます。和風ではなく、洋風のお鍋ですので、中に入れるお肉類は、厚切りのベーコンでも構いません。

ベーコンの塩味が、トマトの酸味と混ざることにより、絶妙な風味になりますので、今まで食べたことの無い人はその斬新さに驚くかも知れません。

トマトは、リゾットなどでもよく使われる食材ですので、残ったスープに溶き卵を入れて、リゾットして美味しくいただけます。

トマトで得られる肌への効果と魅力とは

トマトはそのまま食べても美味しい野菜であり、甘いものはデザート感覚でいただけるものもあります。

夏になると、旬になって安価な値段で入手しやすいですし、健康効果もあるのが魅力です。食材をそのまま食べるという方法以外にも、ホールトマト缶やケチャップを利用するという方法もあり、利用のシーンはかなり多くなっています。

注目すべきはリコピンという成分であり、美白効果があると言われています。

なぜ美白効果が得られるのかというと、赤い色素には優れた抗酸化作用があり、紫外線などで活性酸素が発生しても酸化を防ぐことができるためです。

肌のくすみや色素沈着、シミなどは紫外線によって活性酸素が増えて細胞が錆付くために引き起こされますので、抗酸化作用によって酸化を防げるのは美白対策に大きな効果が期待できます。

リコピンとは、赤い色素のことであり、脂肪細胞の働きを抑制する働きもあることから、ダイエットに活用する人もいます。

悪玉コレステロールの酸化を抑制して、動脈硬化などの生活習慣病を予防できますので、健康維持にも役立つ成分であり、代謝を促進させることで健康的に痩せることもできます。

代謝を高める作用は、実は肌にも良い作用をもたらし、肌細胞の働きを活性化させて、古い細胞の排出を早めます。

つまり、問題を抱えている肌細胞が、どんどん排出されるようになりますので、くすみや色素沈着も解消されやすくなります。

肌細胞の働きが弱まっている時には、トラブルを抱える肌細胞がいつまでも残ることで症状として現れますので、排出を早められれば、リスクを減らすことができます。

美白にどの程度の効果があるのか

美白効果やダイエット効果、健康促進効果が魅力のトマトですが、実際にどの程度の美白効果があるのかというと、リコピンの抗酸化作用がカロテンの2倍もあり、美容のためのビタミンとも言われているビタミンEと比べると、1,000倍もの効果があります。

活性酸素は、乱れた生活習慣やストレス、喫煙、紫外線などによって日々発生していますが、過剰に発生すると肌トラブルにつながります。

強い活性酸素除去の働きがあると、生成された分がスムーズに排出されますので、美白にも非常に有効です。

他にも、メラニンを作らなくするという効果がありますので、美白にはダブルの効果があります。排出と生成を抑えることの両方が行えるのは、美白対策においてはとても魅力的なことであり、有効に活用すれば白くて美しい素肌が手に入ります。

なぜメラニンの生成を抑えることができるのかというと、メラニン色素の生成に欠かせないチロシナーゼという物質を抑制できるからです。

いくら外的刺激を受けたとしても、チロシナーゼがなければ、メラニン色素は生成されませんので安心です。

摂取方法ですが、実はリコピンは生のままより、加熱した方が吸収率が高くなります。

ですから、生のままサラダなどに入れるよりも、ジュースやケチャップの方が効率良く取り入れることができます。また、油に溶けやすく熱に強い食材ですので、トマトソースにするのも良い方法です。

トマトパスタにオリーブオイルをかけるのは、最高の組み合わせです。

そのまま食べる時には、オリーブオイルをドレッシング代わりにかけるのも良いでしょう。

このように、トマトは色々な食べ方ができるのも魅力の一つです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふき」

ふきは、キク科フキ属の多年草の野菜です。「ふ」ゆに「き」いろい花が咲くために、「ふき」という名がついたという説があります。

栽培しやすいハーブの種類:サフラン

育てやすいハーブの1つにサフランがあります。 育て方や使い方について紹介します。

カレーが一段と美味しくなる隠し味:はちみつ

カレーの隠し味の定番は蜂蜜でしょう。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:シーフード

冷暖房のきいた会社の中にいると、季節の移り変わりは感じにくいものですが、会社から一歩外に出れば、その変化は一瞬にして感じることが出来るでしょう。 寒い季節になってくると、昼間だとしても、寒さに体を震わ …

ダイエットに最適!カリフラワーライスの作り方とアレンジ方法

カリフラワーがダイエットの心強い味方として注目されています。 現在、お米などに含まれる糖質を制限する「糖質ダイエット」や、パンや麺類の材料である小麦粉などに含まれるグルテンを制限する「グルテンフリーダ …

楽天モーションウィジェット