レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「ツアープランナー」

現在、観光業界で特に人気があるのが「ツアープランナー」の仕事です。

ツアープランナーというのは資格ではなく、旅行会社などで旅程を計画し、飛行機やバスといった運輸サービス、ホテルや旅館といった宿泊施設などを予約手配する仕事です。

スポンサーリンク

人気の仕事「ツアープランナー」になるには

ルートの中には、おすすめの観光地やお土産屋を入れていきます。ツアーを催行している会社には、今までの実績の中で、大まかな雛形のコースがありますが、各社とも競争が激化しています。

新しいルートや観光地を組み込むことで、話題になりツアーが人気となることもあり、とてもやり甲斐のある仕事です。

では、「ツアープランナー」になるのはどのようにすれば良いのでしょうか。

大学や短大を卒業し、ツアー会社に就職する例が多く見られます。大学在学中に観光関連の資格取得は、採用に関しての必須条件ではありません。英語など外国語を磨く、または部活やアルバイトの経験が重視されることもあります。

日本でもよく知られている大手の旅行会社の中には、大学時代に「旅研」と呼ばれるサークルに所属していた人たちも多くいます。また、旅行会社だけでなくメーカー勤務のひとの中には、英語サークル「ESS」で活動していたケースも多く見られます。

ただ、必須条件ではないにしても、観光の資格取得は就職でも有利にはなるでしょう。また、観光関連の学科がある各種専門学校では、旅行業法に関する法令や業界の知識、一連のツアーに関する業務を学習します。

学習内容が、国内旅行業務取扱管理者に直結している学校が多いので、在学中に資格取得をおすすめします。英語力があり、海外の地理や歴史を勉強することで、総合旅行業務取扱管理者にもチャレンジできます。

「ツアープランナー」として働く

「ツアープランナー」の仕事は、一番多いのは旅行会社で、ほとんどがそうだといっても過言ではありません。会社の大小や業務内容によって「ツアープランナー」の役割が変わってきます。

大手の会社で、新聞やチラシ、インターネットでツアーを集客している企画型のツアーを多く取り扱っているところでは、「ツアープランナー」専門の仕事もあります。老舗の大手の旅行会社では、企画型に加え、取引先の希望によってルートを作成し、宿泊施設や飛行機、バスを予約する手配型のツアーを数多く取り扱っています。

男性は、特にセールスの部署に配置されることも多く、営業も「ツアープランナー」も両方こなすということが普通です。小さな会社では、それに加えて添乗員として、一緒にお客様とツアーを回ります。

そのほか「ツアープランナー」の仕事は、ホテルでも見かけられます。ホテルのレセプションや予約担当の場合は、質問があったときにすぐに対応できるよう、近郊の観光地の情報を事前に頭に入れておくとよいでしょう。

各自治体では、県庁や市役所の観光部の職員の人たちが「ツアープランナー」の仕事をしている場合があります。特に政府のインバウンドの推進により、毎年多くの訪日外国人観光客が日本を訪れています。

年々増加の傾向にあり、各地では地域間連携が進んでいます。そこで、外国人観光客の誘致に伴い、国際チャーター便の実施や定期便の開設、東南アジアの旅行会社を招聘する下見ツアーであるファムトリップを実施しています。

市の観光協会では、国内外のひとたちに向けて「現地発着型のツアー」を催行しているところも増えていて、今後「ツアープランナー」の仕事の需要が増すと同時に多様化されてきています。

「ツアープランナー」は国内外で活躍できる

海外では、現地のホテルやバスを手配し、観光ルートを作成するコーデイネーターが「ツアープランナー」にあたり、一定の語学力があれば、外国のランドオペレーターの会社で働くことができます。

外国では、実力社会のところが多いので、実績がそのまま評価されることが多いのも実情です。アメリカ本土やハワイ、オーストラリア、タイといった日本人が多く住む国や地域では、ランドオペレーターの会社を多く見かけます。

現地の会社もあれば、日本人経営のところもあり、いずれも実力で勝ち取った結果です。外国では、引き抜きが当たり前のところもあり、ヘッドハンティングも珍しい話ではありません。

「ツアープランナー」は、旅程を作成手配し管理する立場でもあります。お客様に満足していただくと同時に、ツアーを円滑に進めるためには、情報力やネットワークも必要となってきます。会社に長く勤めることで、情報量が大きな財産となります。

フリーとして働くという方法もありますが、独立の場合には、予約仕入れの関係があるので、経験を積んで人脈を作ってからのほうが望ましいとされます。また、資金に加え、旅程管理主任者の資格があることで独立へと繋がります。

レジャー好きを仕事に、まさに「ツアープランナー」はそれが叶えることができます。日本発着、あるいは日本人が多く訪れる外国ではツアーを作成する仕事に携わっているひとが多くいます。

興味がある方は、旅行業務取扱主任者といった観光関連の資格を取得することをおすすめしますので、この機会に関連サイトや通信講座を取り扱っている学校に、連絡をしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-,

関連記事

趣味で取れる実用的な資格:音楽検定

音楽は人々の生活に溶け込んでいる存在です。 全く言語の異なる地域でも、音楽は一瞬で国境を越えることができます。 また、音楽に携わる職業は多く、レコード会社や音響制作はもちろん、BGMはありとあらゆると …

専門職には欠かせない!技術系の資格「毒物劇物取扱責任者」

日本の経済を支えている一番重要な産業は、材料工学です。 最新鋭旅客機や世界最強の米軍が誇る新型兵器の性能も、日本の技術で作られた材料によって支えられていると言っても、過言ではありません。

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「グリーンコーディネーター」

お店のショーウインドーに飾られている衣服や調度品の間に、さりげなく置かれている緑の植物、これらがあることでお店の雰囲気が和らいで、商品の存在感が増してきます。 これらの植物を配置したり、維持管理するこ …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:航空工場整備士

航空機に関係している技術者は、航空機の安全性や経済性を考慮しながら設計、デザインから各部品加工や操縦装置、着陸装置といった部分機構の組み立て、試作、試験、製造までを受け持っています。 さらに安全運航す …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「現代用語能力検定」

現代用語能力検定とは、1995年にスタートした比較的新しい資格のひとつで、時事力と現代社会の知識を総合的に判断して、どの程度のレベルなのか検定する事ができるようになっています。

楽天モーションウィジェット