キャスパー(アメリカ・ワイオミング州)のおすすめ観光スポット

キャスパーは、ワイオミング州中東部の、標高1550mを超える高地に位置する州第2の美しい都市であり、キャスパー砦博物館や国定歴史の道開設センター、ニコライセン美術館、テイト地質博物館、ワーナー野生動物博物館、インディペンデンスロック、モルモン・ハンドカート・センター、ワーナー野生動物博物館などの、観光スポットが数多くあります。

スポンサーリンク

おすすめの観光スポットの紹介

国定歴史の道開設センターは、オレゴントレイルやモルモントレイル、カリフォルニアトレイル、ポニーエクスプレストレイルなど、アメリカの開拓者の歴史に触れる事が出来、ワイオミング州を流れるノースプラット川を、見下ろす位置に建築されているので、素晴らしい景観も楽しむ事が出来る観光スポットです。

インディペンデンスロックは、アメリカの西部開拓史において、オレゴンやモルモン、カリフォルニアの移民、狩猟民などの移動の目印されたグラニット山の一部であり、高さ約40m、幅580m、幅260mの大きな花崗岩です。

ワーナー野生動物博物館は、鳥類や魚類、動物など400を超える標本が展示及び収蔵され、博物館だけで無く鳥の飼育場や庭園などもある観光スポットです。

テイト地質博物館は、北アメリカ最大のマウントマンモスDeeの、化石標本が有名な博物館であり、3000を超える化石と鉱物の標本が展示されている観光スポットです。

郷土料理とおすすめグルメ

ワイオミング州の郷土料理は、北アメリカのロッキー山脈周辺に住むカナダ人の影響を、色濃く受けているとされ、ローストエルクテンダーロインや、シトラスハーブソースのボウリバートラウトフィレ、バファローステーキ、カントリーフライドステーキ、エルクチョップなどがあります。

エルクは、ワピチやアメリカアカシカなどと呼ばれる、ヘラジカよりやや小ぶりの大型の鹿であり、牛肉や鶏肉に比べて鉄分や亜鉛などの、ミネラルに加えタンパク質が豊富です。

エルクの肉は、ニンニクやニラ、セージ、ビールなどと煮込むシチュー、紅茶の葉などで燻製にしたエルクチョップ、じっくりと焼いたローストエルクテンダーロインなど、観光客にも人気です。ワイオミング州には、一般的にバッファローと呼ばれてしまう、アメリカバイソンが生息しており、古くからバッファローステーキを提供する飲食店もあります。

カントリーフライドステーキは、牛のもも肉を軽く叩いて柔らかくした後に、スパイスやハーブが配合されている衣をまぶして、カラッと油で揚げたフライドステーキに、ホワイトグレイビーソースをかける郷土料理です。

ボウリバートラウトフィレは、バンフ国立公園内のボウレイクを源流とする、ボウリバー水系の鱒の頭や内臓、骨などを取り除いた身をソテーやフライにして、シトラスハーブソースなどをかけて食す郷土料理です。

キャスパーまでのフライト時間と経由地

キャスパー市は、大戦中に爆撃機の航空基地として用いられていた、キャスパーナトロナカウンティ郡国際空港の利用が便利ですが、羽田空港や成田空港からの直行便が運行されていないので、ロサンゼルス国際空港やサンフランシスコ国際空港、ソルトレイクシティ国際空港、デンバー国際空港、シカゴ国際空港など複数回の乗り継ぎが必要とされ、経由地や乗り継ぎ時間によっては所要時間が30時間を超える場合もあります。

サンフランシスコ国際空港で乗り継ぎを行う場合には、羽田空港からサンフランシスコ国際空港までの9時間40分以上のフライト後に、デンバー国際空港で乗り継ぐ必要があります。

デンバー国際空港で、2回目の乗り継ぎを行った場合には、デンバー国際空港までが2時間35分以上、キャスパーナトロナカウンティ国際空港までが1時間7分以上となり、トータル14時間27分以上のフライト時間と、乗り継ぎ時間が必要となります。

ロサンゼルス国際空港で乗り継ぎを行う場合には、羽田空港からロサンゼルス国際空港までの10時間14分以上のフライト後に、ソルトレイクシティ国際空港もしくはデンバー国際空港で乗り継ぐ必要があります。

ソルトレイクシティ国際空港で、2回目の乗り継ぎを行った場合には、ソルトレイクシティ国際空港までの1時間54分以上のフライトと、ナトロナカウンティ国際空港までの1時間21分以上のフライトが必要とされ、トータル13時間15分以上のフライト時間と乗り継ぎ時間が必要となります。

キャスパーの物価と治安

ワイオミング州は、連邦捜査局の発表によれば、アメリカ51州の中で重犯罪の発生率が47位と非常に治安が良く、アメリカ51州の中で26位前後と標準的な物価とされていますが、キャスパーは1500mを超える高地に位置する事から、平均最低気温が1年のうちの半分以上の期間で、氷点下となってしまうので光熱費が東京よりも嵩みます。

キャスパーは、ビールや炭酸飲料、ミネラル水などの飲料水の物価は東京と同水準とされ、果実や生鮮野菜の物価が特に安く、東京に比べて食料品の物価は全般的に3割以上安くなっている上に、ファーストフードやレストランの物価も、東京よりも数%安い程度なので、物価が高いと感じる観光客が少ない都市です。

キャスパーは、観光客の足として必要不可欠な公共交通機関の料金はかなり高めですが、他のアメリカの都市と同様にタクシーの初乗り料金や距離制運賃、時間制運賃が2分の1〜3分の1程度と安いので、東京よりも観光の為の移動距離が長いワイオミング州では、非常に便利です。

宿泊費用は、東京と同様に6000円前後~50000円を超える高級な宿泊施設まであり、観光客の希望予算に対応出来る様々な宿泊施設があるので、宿泊施設に頭を悩ます事が必要が無い都市です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい兵庫県のおすすめスポット3選

兵庫県へ旅行といえば、港町「神戸」というイメージが強いと思いますが、他にも様々なおすすめスポットがあります。 世界遺産である姫路城もあります。 神戸空港や、新神戸駅もあり各地からアクセスもしやすく、夏 …

鹿児島県のおすすめ旅行スポット

鹿児島県は、九州地方にあり、世界遺産の屋久島や、種子島宇宙センター、桜島など、幅広い分野での見所が満載の県です。 そんな鹿児島の魅力を、ご紹介いたします。

バトンルージュ(アメリカ・ルイジアナ州)のおすすめ観光スポット

バトンルージュは、アメリカ合衆国ルイジアナ州のニューオーリンズに次ぐ州内第2位の規模を誇る都市であり州都でもあります。 ジャズの発祥地として有名なニューオリンズの隣街なだけあって、ゴスペルやブルース、 …

イルミネーションがオススメ!「ハウステンボス」のみどころ

海外の観光客からも人気が高いハウステンボスには、さまざまな楽しみ方がありますが、その中でも最も人気が高く、注目を集めているのは、今や全国的にも有名になったイルミネーション、光の王国です。 既に、旅行な …

ウィーン(オーストリア)のおすすめ観光スポット

オーストリアウィーンのおすすめの観光スポットは「シェーンブルン宮殿」です。 ハプスブルク家の離宮で、世界文化遺産に登録されています。

楽天モーションウィジェット