チャールストン(アメリカ・サウスカロライナ州)のおすすめ観光スポット

日本ではあまり馴染みが少ない街ではありますが、アメリカではとても有名な街の一つであるチャールストンは、サウスカロライナ州にある街になります。

スポンサーリンク

アメリカでは人気の高い観光地

規模もニューヨークやロサンゼルスのように大きくはありませんが、古き良き時代のアメリカの良さを感じることが出来ます。

チャールストンは、歴史上南北戦争が始まった街として、知られています。300年前の建物など、歴史的建造物も多く、また気候も穏やかな為、街歩きをするにもぴったりな街です。

せっかく海外旅行に来たのですから、是非観光で趣のある街を散策してみましょう。

サウスカロライナ州の中でもチャールストンは、ウォーター・フロント・パークという海沿いの美しく整備された公園です。

多くの観光客も訪れますが、街の人もお休みの日には、ゆったりとした時間を過ごす憩いの場となっています。

特にチャールストンは、白い美しい建物が多いので、晴れた日にはウォーター・フロント・パークからは、白い壁の美しい建物を眺めることが出来ます。

観光写真を撮ってもとても、絵になる写真を撮ることが出来るでしょう。また、海沿いにあるカフェやお洒落なレストランで、美味しい食事を楽しむのもおすすめです。

サウスカロライナの名物料理を楽しむ

サウスカロライナ州は、チャールストンでは、色々な種類のレストランを見つけることが出来ますが、せっかく日本から観光で来たのですから、その土地でしか味わえない名物グルメを楽しみたいところです。

まずは、是非南部料理に挑戦してみましょう。古き良き時代が色濃く残る街チャールストンでは、南部料理を提供しているレストランがあります。

南部料理として、ナマズ料理を出すレストランもありますので、是非挑戦してみて下さい。

ナマズというと、泥臭い臭い味と臭いをイメージされる方も多いかもしれませんが、チャールストンのレストランでは、スパイスを多く使った揚げ物が多く出されます。

言われなければ、ナマズだと気が付かないかもしれません。

また、美しいビーチを多く持つ街ですので、当然のことながらシーフードがとても有名です。ロブスターにシュリンプ、オイスターに、シーフード好きにはたまらないグルメを楽しむことが出来ます。

街の中にはシーフードレストランがたくさんありますので、お気に入りの1軒を見つけるのも楽しいでしょう。

また、せっかくアメリカまで来たのですから、アメリカンビーフを存分に楽しむには、やはりステーキがおすすめです。

日本では考えられない、特大サイズのステーキを思う存分楽しむことが出来ます。

サウスカロライナ州までのフライト時間

日本からサウスカロライナまでの直行便は現在出ていません。その為、どこかで必ず乗り継ぎをしなければなりません。

まず、アメリカの大都市まで飛行機で行き、そこから乗り換える方法が一般的でしょう。成田から考えると、フライトのあるアメリカの主要都市は、アトランタや首都ワシントン、シカゴやニューヨークなどを経由することになります。

せっかくアメリカまで行くのですから、大都市でも観光を楽しみたいという方は、余裕を持ったフライトプランを立てるようにしましょう。

また、サウスカロライナ州のある東海岸まで飛行するので、総移動時間はどうしても15時間は越えてきます。長いフライトになりますので、機内で快適に過ごせるように準備をしておくことをおすすめします。

アメリカに向かって飛ぶ場合、ポイントはいかに時差ぼけを起こさないかということになります。体内時計を現地の時間に合わせる為に、食事を摂ったら出来るだけ眠ることをおすすめします。

せっかく観光で訪れたのに、時差ぼけで一日中眠い目をこすることになったり、体調を崩したりしないように気を付けましょう。

旅程に余裕があれば、乗り継ぎの都市で1日2日過ごすことで、フライトの疲れをとることも出来るでしょう。

アウトレットが充実しているサウスカロライナ州

観光で訪れる先の物価に関しては、どうしても気になる点ではありますが、同じ東海岸にある街の中でも、大都市ニューヨークなどに比べるともちろん割安に感じることでしょう。

レストランで食事をしても、大都市ではお会計の時に驚く事もありますが、チャールストンであれば、食事にお金はそれほど予算をかけなくても楽しめることでしょう。

もちろん、高級なレストランで食事を楽しむのもまた観光の醍醐味ですが、食費を節約したい場合には、地元の方に混じってマーケットで買い物をするのも楽しいでしょう。

また、サウスカロライナ州は、アウトレットモールが多くあることで有名です。日本でも徐々に浸透してきているアウトレットですが、一流ブランドの洋服やカバンが、驚くような価格で販売されています。

もしお目当てのブランドがあれば、お手頃価格で手にれることが出来るかもしれません。

ただし、アウトレットモールは、交通網として車でないと行けないような場所にあることが多いので、車を借りる必要があるかもしてない事に、注意が必要です。

しかし、サウスカロライナ州は一方でガソリン価格がアメリカの中でも安い州になりますので、レンタカーを借りて移動する場合でも、ガソリンの価格を気にすることなく移動することが出来るでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

初心者も気軽に行ける!「早川港」で釣りの魅力に触れよう!

早川港は、神奈川県小田原市にある漁港で、JR東海道線の早川駅より徒歩約3分、距離にして約220メートルの場所に位置しています。

ロズウェル(アメリカ・ニューメキシコ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ニューメキシコ州の南東部、チャベス郡に位置しているロズウェルは、小さな田舎街といったイメージがピッタリの街です。

夏休みに家族で旅行したい徳島県のおすすめスポット3選

徳島県は、古くは阿波国(あわのくに)と呼ばれた場所です。 400年の歴史を持つ阿波踊りは日本三大盆踊りの1つとされており、これを目当てに夏休みの観光で徳島を訪れる旅行者も少なくありません。 しかし、徳 …

岡山県のおすすめ旅行スポット

岡山県は、中国・四国地方にあり、瀬戸内海に面する県です。 そんな岡山県のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

知識が広がる!家具の博物館の魅力とは?

家具は工芸品です。製作した人の工夫や思いが詰まった芸術品でありながら、生活の中で日々使用する実用品でもあります。 そんな家具をまとめてじっくり見ることのできる博物館が東京都の昭島市にあります。

楽天モーションウィジェット