ダブリン(アメリカ・オハイオ州)のおすすめ観光スポット

アメリカでの北西部に位置するオハイオ州のダブリンは、田舎町でありながらもいろいろな観光スポットがあります。

踊るウサギの噴水公園や、インディアンランフォールズ、フィールドオブジャイアントコーンイアーズなどを挙げることができます。

スポンサーリンク

オハイオ州ダブリンで観光をする

踊るウサギの噴水公園は、ウサギの像があって噴水などで遊ぶことができる公園です。新興住宅街の入り口にある公園で、夏場は多くの子供連れでにぎわっています。家族で過ごしたり、散歩したりして、のんびりすることができます。
釣りを楽しんでいる人もいます。

インディアンランフォールズは、かわいい小さな滝があり、そこには素敵なハイキングコースもあります。この珍しいトレイルでは美しい森や滝、クリーク沿いに深い峡谷を楽しむことができるので、とても楽しむことができるでしょう。

フィールドオブジャイアントコーンイアーズは、とうもろこしの記念碑を一年中拝むことができます。交差点対角線上には広大な畑が広がっていて、立派な住宅が立ち並んでいるダブリンの中でもひと際目立ち、不思議な光景を見ることができるようになっています。

こちらのエリアでは、自然豊かな環境で、素敵な観光スポットに立ち寄ることができるようになっているので、効率よくまわることをおすすめします。

オハイオ州ダブリンで食べる美味しいもの

ダブリンは名前の通り、アイルランドの首都から名づけられた地域になります。これは、過去にアイルランドから多くの移民が入ってきたことにちなんでいます。ですから、こちらではアイルランドの料理も食べることができます。

アイルランドの料理を食べることができるレストランでは、アイルランドエッグロール、シェパーズパイなどがあり、人気があります。またアメリカらしい料理も食べることができます。ビールやワインなども美味しいレストランや、バーも多いので、アメリカらしい肉料理などを楽しみながら、飲むこともできます。

また、本場でボリュームのあるパテのバーガーなどを食べるのもいいでしょう。ステーキ肉もフィレ肉などを選べば、かなり満足感があります。

オハイオ州でも、アメリカ料理やイタリア料理、ベジタリアン料理なども食べることができますし、アジア系のお店も数多くあります。ですから、どういったジャンルの料理もありますし、東海岸の影響を受けた料理も、食べることができます。

その一つとしてあげることができるのが、クラブケーキになります。レストランによっては、カニをふんだんに使ったケーキを食べることができます。しかし、おすすめはアイルランド料理です。

日本からシカゴ、そしてダブリンへ

アメリカのオハイオ州は、東海岸での5大湖の一つであるエリー湖の南に位置しています。日本からオハイオ州ダブリンに行くには、成田や羽田の空港からシカゴを経由して、コロンバスの空港に到着してから、コロンバス市の北西部の郊外にあるダブリンに向かう形になります。

ですから、直行便はないので、乗り継ぎで行く形になります。成田からシカゴへ行くには、11時間半くらいのフライトになります。シカゴ・オヘア空港に到着したら、コロンバス空港へいく便に乗っていきます。シカゴからコロンバスには、1時間20分ほどで行くことができるので、国内線はスムーズです。

乗り継ぎ時間が少なければいいのですが、間に時間があると、その分所要時間がかかることになります。

往路ではシカゴまで11時間半かかるのですが、帰りの復路は13時間程度かかることになりますし、それにコロンバスまでのフライトや乗り継ぎ時間を入れて、コロンバスの空港からタブリンまでの交通を考えると、日本からは20時間くらいの時間がかかることになります。

コロンバスの空港から、タブリンの市街地まではタクシーやレンタカーなどで行くようにすると、スムーズに行くことができます。

オハイオ州タブリンの物価

アメリカの中でも、物価がわりと安いといわれるのがオハイオ州になります。51の州の中でも安いほうの3割に入っているくらいの水準です。アメリカでは、野菜や肉などが安いのですが、これに加えてオハイオ州は、食品に州税がかからないので、生活費などもそれほどかけなくてもすむようになっています。

レストランなどで食事をするといっても、ランチでは5~10ドルくらい、ディナーでは10~20ドル程度で済みますし、これにサービス料が2割ほどかかるといっても、それほど負担になりません。

ただ、交通に関しては、それほど公共の交通機関が発達していないこともあるので、車で移動をすることになります。車では、レンタカーやタクシーになるのですが、ガソリン代は安いので、利用しやすくなっています。

ちなみにタクシーの初乗りも、日本の半分以下の料金になっているため、日本よりも使いやすい状態です。

アメリカと日本では、物価を比較してみても日本よりも若干高めか、同じ位ですが、ダブリンの場合では日本よりも安い水準になっていることは確実です。

観光をするにも、食事やみやげ物などでかかる経費に違いが出ることになるでしょう。気持ちよく観光できる都市です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

世界遺産・東大寺のおすすめ観光方法

奈良への観光旅行を考えている方に向けて、奈良観光旅行の定番、東大寺について紹介します。

知識が広がる!お札と切手の博物館の魅力とは?

各線王子駅から徒歩5分、明治通り沿いにあるお札と切手の博物館は、独立行政法人国立印刷局の運営によるお札や切手、印刷技術の歴史と現在を学べる資料館です。

海外デビューにおすすめ!タイの一人旅

海外旅行にある程度慣れてはいるけれど、一人旅はまだ経験がないという方の一人海外旅行デビューでおすすめの国のひとつに「タイ」があります。

スキー・スノーボード用品はどう選ぶ?

ゲレンデデビューするためには、まずいろいろなアイテムを揃える必要があります。 最初はレンタルしても良いのですが、はっきりってレンタル品のクオリティーはそれほど高くないため、今後もスキーやスノーボードを …

地元民おすすめ!栃木県旅行の穴場スポット3選

栃木県に旅行に行くならいろいろな観光スポットに行きたい、という人も多いです。 観光スポットはたくさんあって行ってみたいと思うところもあると思いますが、地元の人がおすすめする穴場スポットも旅行で観光する …

楽天モーションウィジェット