ランカスター(アメリカ・ペンシルベニア州)のおすすめ観光スポット

アメリカのペンシルベニア州の、ランカスターを代表するスポットとして知られているのが、ハーシーパークです。

スポンサーリンク

遊園地が充実している地域

ここは、様々なアトラクションのある遊園地であり、子供たちが楽しめる工夫が随所になされています。絶叫マシンはもちろん、のんびりとした乗り物もあるので、誰でも充実した時間を過ごすことができます。

ダッチ・ワンダーランドも同様に、豊富なアトラクションのある遊園地であり、こちらはローラーコースターなどが特に多くあります。

ロングウッド庭園も、高い人気を獲得している施設の1つです。この庭園は非常に景観に優れており、しっかりと隅々まで整備が行き届いています。メインとなっている噴水庭園は、ペンシルベニア州を訪れた際には、是非とも見ておきたい場所と言えます。

アメリカ国内にある多種多様な美術館の中でも、一風変わった魅力を放っているのが、ハーシーストーリーミュージアムです。

ここでは、アメリカを代表する、ハーシーチョコレートと、それによって発展したハーシーにまつわる色々な展示がなされています。チョコレートを扱ったミュージアムであるため、子供も大人も楽しめるようになっています。

ハーシーチョコレートワールドと合わせて訪れると、その内容がよく深く理解できます。

アメリカ料理だけでなくオランダ料理

ペンシルベニア州のランカスターでは、オーソドックスなアメリカ料理を提供するお店が多いです。特に、ハンバーガーショップやステーキハウスが充実しています。

ハンバーガーショップは、その安さも人気の理由となっています。1つ2ドル以下という格安のお店も少なくありません。それでいて、アメリカらしくサイズは大きいのでお得感を得られます。

ランカスターは、農業が盛んな地域なので、オーガニック料理を提供するお店が多めなのも特徴です。チキンウィングやミートロープなどの肉類の充実、加えて豊富な野菜が魅力となっています。

アメリカ以外の料理としては、定番となっているイタリアンや中華料理の他には、オランダ料理を提供するお店があります。オランダ料理は、魚介類を上手く活用したメニューが多く、日本人の口にも合いやすいとされています。

アメリカ国内でも、オランダ料理を食べられるお店は限られているので、ペンシルベニア州を訪れた際には訪れてみるのがお勧めです。

アメリカの他の都市と同様に、イタリアンを提供するお店が多くあります。日本人観光客にとってもお馴染みの味なので、アメリカの料理があまり得意でない方も安心して食べることができます。

サンフランシスコやシカゴを経由

アメリカのペンシルベニア州には、日本からの直行便が出ていないので、アメリカの他の都市を経由してペンシルベニア州を訪れ、その後鉄道などを利用すれば、ランカスターにたどり着くことができます。

成田空港からデトロイトまで約12時間かけて移動し、デトロイトからは2時間弱ほどでペンシルベニア州のフィラデルフィアに訪れることができます。従って、トータルのフライト時間は14時間程度になります。

他にも、シカゴやサンフランシスコを経由することができます。日本からのフライト時間は、シカゴが12時間程度、サンフランシスコは10時間程度となっています。しかし、シカゴからフィラデルフィアまでは約2時間、サンフランシスコからなら5時間強かかるので、どちらを選択しても15時間前後はかかる計算になります。

他には、ペンシルベニア内のピッツバーグやハリスバーグへと移動してから、ランカスターを訪れるルートもあります。その場合でも、全体のフライト時間には差がほとんど生まれません。

乗り継ぎ時間に大きな影響を受けることもあるので、ルートを選ぶ際にはそちらも考慮しておく必要があります。

経由地は他にも、ワシントンDCが選択されることもあります。

物価は安めですが税金に注意

ペンシルベニア州のランカスターは、他の都市と比べると物価がやや低めとなっています。特に食料品に関しての物価が低いことは、観光における大きなメリットとなっています。日用雑貨も比較的安く買えるお店が多いので、観光だけでなく、移住する方も珍しくありません。

しかし、税負担がやや重めであることには、注意が必要です。州間高速道路の有料化や、消費税の増税も検討されており、観光する際にはレンタカーよりも、鉄道を利用した方がお得になることもあります。

ただし、特に重いのは所得税なので、観光で訪れる分にはそれほど大きなデメリットはありません。レストランは、そのお店が高級店であるかどうかによって、料金にはっきりとした違いがあります。お店次第では、3倍ほどの差がある恐れもあります。

せっかくの旅行なので奮発して、高級なものを食べたいという場合は問題がありませんが、食費は抑えたいという場合は注意が必要です。最近ではインターネット上に、レストランの情報が掲載されているので、そちらを参照しておくことで高級店を避けることができます。

一方で、評価の高いレストランにめぼしをつけておくことも可能なので、調べておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

ベルン(スイス)のおすすめ観光スポット

スイスのベルンという町は、ほぼ中央に位置する大きな町です。旧市街の町並みはとても美しく、世界遺産にも認定されています。

愛知県のおすすめ温泉地3選

愛知県には、活火山がありません。よって温泉旅館が建ち並ぶ地域はそれほど多くありませんが、魅力的な入浴施設がたくさんあります。 休日に日帰り入浴施設にマイカーで行き、日ごろの疲れをいやすのも楽しいでしょ …

アメリカ・カリフォルニア州のおすすめ観光スポット

自然の景色やショッピングが楽しめます。

花見をするならここがオススメ!岡崎公園のみどころ

写真提供:岡崎市 岡崎公園は、大正時代に旧岡崎藩主本多忠敬が、10ヘクタールにも及ぶ、広大な岡崎城址跡地を公園用地として、岡崎市に寄付した事により、公園の父と呼ばれた本多静六と田村剛により、設計されて …

車好きにはたまらない車のテーマパーク!メガウェブのおもしろさ

車が好きな男性や子供におすすめなテーマパークがメガウェブです。 見るだけではなく、乗って楽しむこともできるんです。

楽天モーションウィジェット