ニューポート(アメリカ・オレゴン州)のおすすめ観光スポット

アメリカのオレゴン州にあるニューポートには、いろいろな観光スポットがあります。

スポンサーリンク

思い出作りにおすすめの観光スポット

たとえば、オレゴンコースト水族館は、家族連れで楽しむことができる水族館です。全米から多くの人が訪れているといいます。スタッフも親切で、子供たちも楽しむことができるということで、ニューポートの人気の観光スポットといえます。

いろいろな動物や魚を見ることができるので、飽きずに過ごすことができるのがいいです。ほかにも、ハットフィールド海洋科学センターも、人気が高いオレゴン州にある観光スポットだといえます。

波のプールや触れ合いができる水槽や砂浜などもあり、スタッフも親切で子供たちも十分満足することができる、観光スポットです。生き物についても学ぶことができるので、観光だけではなく学びの場としてもいい場所です。

オレゴン州のニューポートには、ほかにもたくさんの観光スポットがあります。子供連れでの旅行をしている人にもおすすめのスポットも多くあるので、観光を十分楽しむことができます。

旅行の思い出作りにもいいところを探して、家族で訪れてみるのもいいです。オレゴン州のなかでも、人気が高い観光スポットがいくつかそろっているところもあるので、そんなところもいいかもしれないです。

おいしいレストランやカフェを見つけられる

オレゴン州のニューポートには、おすすめのおいしいグルメがたくさんあります。 日本人の観光客にも人気が高いレストランなどもたくさんあるといいます。

たとえば、ローカル・オーシャン・シーフードというお店は、おいしいということでとても人気があります。新鮮な魚介類を食べることができるということで、たくさんの人が訪れています。2階席からの眺めは、最高です。サラダがおいしい、シーフードクラムチャウダーがおいしいという人も、多いです。

ナナ・アイリッシュ・パブも、人気があります。伝統的なアイリッシュパブで、おいしい料理を口にすることができます。毎晩アイルランドの音楽をライブで行っており、お酒だけではなく、料理もおいしいということで人気です。

軽食などもあるので、お酒を飲むことができる人は行ってみてもいいと思います。音楽がうるさく感じるときもありますが、それでも十分楽しい思い出を作ることができます。

パブなどは、お子様連れの場合はおすすめしませんが、それでもおいしいレストランやカフェはたくさんほかにもあるので、いろいろと探してみるといいです。

カフェでは、おいしいデザートやスイーツを楽しむことができるところもたくさんあります。

約20時間近いフライト時間になる

日本からの直行便はないので、乗り継ぎをする必要があります。 たとえば、東京の羽田空港からニューポートへ行くときには、フライト時間がどの航空会社を利用するかによって、大体18時間から22時間30分までの幅があります。

また、乗り換え場所は、1箇所または2箇所あるので、事前に航空会社のサイトなどでどこで乗換えをするのか、待ち時間なども調べておくようにするといいです。待ち時間は、長いと本当に疲労がたまるので、そのことも考えてリラックスすることができるものを、持ち歩くようにしておくことをおすすめします。

格安の航空会社なども利用することができますが、どのくらい安いのか、またどの空港を利用して、どのくらいの待ち時間があるのかということ以外にも、座席などの距離や大きさなども確認しておくことが大切です。

長時間のフライトで、座席が狭いと疲労がたまるので、もし我慢ができないと感じたときには、自分がゆったりとできる、我慢することができると思える航空会社のものを探すといいです。

ニューポートまでは、乗り換え時間を考えても平均で20時間は余裕でかかってしまうので、そのことを考えながら航空会社を決めるようにします。

物価は高額ではなく平均

アメリカオレゴン州のニューポートの物価は高くもなく、低くもない、という一言です。 アメリカの平均的な物価で、1ヶ月にかかる費用は家賃や食費、外交費なども合わせて一家で合わせても、高額といえる価格になることはないです。

大体、月に30万円ほどあれば普通に生活することができます。 家を購入するというときには、もう少し余裕をもたせたほうがいいかもしれないですが、規模や場所によって家の費用というのは違うので、そのことも計算してドルで計算しておくといいです。

日本円で計算すると、変動で違ってくるので、気をつける必要があります。生活維持費として、約30万円ほどですべての費用をまかなうことができるように計算してみると、家賃や子供に必要になる費用、食費、車や移動手段に必要になる費用、それぞれの生活費用なども考えてみると、一家でどのくらい必要になるのかを考えることができます。

ニューポートの物価は、アメリカのなかでも高いわけではないので、平均の生活維持費で生活できる、と考えることはできますが、家族の人数、そして年齢などによっても生活維持費というのは違ってきます。

30万円を、超える可能性もあります。そのことも、計算をするように気をつけます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

ヘルシンキ(フィンランド)のおすすめ観光スポット

フィンランドの首都であるヘルシンキは、日本から近いヨーロッパの都市ということで、北欧を訪れたり、トランジット利用で滞在する人もいるエリアになります。 この都市は、首都であるわりに面積も広くないため、コ …

仲間と冬のレジャーを満喫!関東から日帰りで行けるスキー場7選

冬を代表する娯楽であるスキーやスノーボード。 仲間と一緒にウィンタースポーツを満喫したいけれども、なかなか全員が都合のよい日が見つからず泊まりがけでは無理だったり、宿泊費のことを考えると費用が高くなっ …

静岡県のおすすめ旅行スポット

太平洋に面する静岡県は、日本の象徴「富士山」で有名な県です。 そんな静岡のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

自然の芸術!蔵王連峰の樹氷

蔵王連峰の樹氷は幻想的な美しさで知られています。 冬の東北を旅行するには外せないスポットの一つです。 蔵王連峰は宮城県と山形県の間に位置し、両県からアクセスが可能です。 冬場は蔵王を通っての両県の通り …

無料で楽しめる「お菓子の工園グリコピア神戸」の魅力とは?

美味しくて身近な市販のお菓子のことを、もっと知りたいと思うのであれば、お菓子の工園グリコピア神戸へと出かけてみましょう。 なんと無料で出かける事ができますので、春や夏、冬休みなどご家族で出かけるのにも …

楽天モーションウィジェット