陣馬山で登山を楽しむポイント!

陣馬山は大変いろいろな表情のある山です。

比較的簡単に登頂できる山ではありますが、アクセスやルートを工夫すると長時間縦走を楽しめる山です。

小さなお子様から、ご年配の方々まで様々な楽しみ方があります。

スポンサーリンク

陣馬山で登山を楽しむ方法いろいろ

頂上は大変見晴らしがよく、広々としていますので、長く歩いてきた方にはホット一息つける素晴らしいスポットとなるでしょう。

縦走を楽しみたい方が、歩いてくるのを小さなお子様とその広場で待つのも楽しいでしょう。

大きな馬のオブジェの周辺で、ボールやバドミントンなどで遊べるほどのスペースがあるのです。

登山だけではない、いろいろな楽しみ方があります。

東京都高尾山駅から、陣馬高原行のバスに乗り、陣馬高原下降りれば、もうそこは陣馬山への登山口になります。

急な登りを頑張って登れば、数十分で山頂です。

小さなお子様の足でも十分に楽しめるでしょう。

しかも急な登りを登り、山頂は開けた見晴らしのいい広場なので、お子さんの達成感は十分満たされます。

山頂でお弁当を食べ、走り回って遊べばお子さんも大喜びでしょう。

お天気が良ければ雄大な富士山が望め、大変気持ちがいい場所です。

お茶屋さんもありますので、お弁当持参されていない場合でも安心です。

急な登りが心配な場合は、和田峠から直登ルートのほかに平坦ルートがあります。

こちらを選んで木立の中をゆっくり気持ちよく歩いてくるのも楽しいですね。

樹林の中を歩きますが、都内のお山は杉の林が多く、お手入れもされているので登山道は見晴らしがいいのが特徴です。

一人で歩いていても怖くはありません。静かな登山を楽しめます。

もっと歩きたい方向けの陣馬山はこちら

陣馬山のアクセスルートは他にもたくさんあります。

ひとつは先ほどご紹介した高尾山からバスに乗って陣馬高原下でおり、直接上るルートですが、こちらは一番早くて楽なルートです。

陣馬高原下からしばらく歩いて和田峠から上るルートも比較的簡単な直接登るルートになります。

もう少し歩きたい方には、縦走をご紹介します。

高尾山から縦走してくるコースです。

高尾山山頂から、城山を目指します。

うっそうとしたもりではなく、やや開けた歩きやすいコースです。

少し足を延ばした観光客などもいらっしゃるので、山というよりは散歩道を歩いているような雰囲気です。

城山も山頂は360度景色が楽しめ、公園のように開けており、かなり賑やかです。

桜の名所でもあるので、素晴らしい花が観られます。富士山も雄大に見ることができますし、眼下には相模湖も広がっています。

高尾山から1時間程度で歩いてこられる絶景です。

歩いてくる道も比較的歩きやすいので、小さなお子様からご年配の方まで楽しめる行程です。

城山から森の中をしばらく下ると緩やかな広い道になり、その後短い急坂を下ると、中央道の渋滞の名所ともいえる有名な小仏峠です。

こちらからも相模湖方面がよく望めます。

小仏峠は旧甲州街道 の峠で、峠というからには、分岐となっています。

左の急登の道が、次に目指す景信山への道ですので、間違えないようにしましょう。

景信山山頂肩の眺めも絶景です。

ぐるりと富士山はじめお山、東京の街を見下ろすこともできます。

景信山山頂で休憩したら陣馬山へ向かいます。

こちらはやや急な登りもありますので十分休みましょう。

もっともっと歩きたい方の陣馬山

景信山山頂から、数度の急登を経て、陣馬山に到着します。

神奈川の景色50選に入る眺望を楽しみましょう。

数件のお茶屋さんもある広い山頂は一息つくのにぴったりです。

来た道を戻ってお帰りになるのも楽しいでしょうが、ここはもう少し先に行ってみましょう。

山頂の広場から、神奈川県藤野駅に降りるルートをご紹介します。

山頂の広場から、整備された階段を降りていきます。

階段の先はかなり急な坂道ではありますが気を付けて降りていくと、和田の分岐に到着します。

他のルートからの合流がありますので注意して進みます。

下山ルートには変わりがないので、登山道から外れなければ問題はありません。

樹木の間から、富士山や生藤山がのぞけますので景色を楽しみながら降りましょう。

林道に出れば、そこが陣馬山登山口のバス停です。

タイミングが合えばバスに乗って藤野駅まで行けますが、あまり本数がないので難しいかもしれません。林道を歩いて駅に向かい、長いトレイルが終了です。

単純計算でも一日あれば歩ききる距離と内容ではありますが、普段どれくらい歩いているかなどで、その日その日の調子が違います。

大丈夫と過信することなく、疲れたと感じたら休息するようにして歩きましょう。

陣馬山は登山口やルートが多く、神奈川からも東京側からも登ることができます。

降り口も多数ありますので、その日の調子に合わせて歩くことが可能です。

ほんの少し登れば、山頂のすがすがしさを感じることができるルートや、木立の間から覗く富士山にわくわくしながら長い登山を楽しめるルートまで様々です。

その日その時の気分で楽しめる素晴らしい山です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, , , ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい岐阜県のおすすめスポット3選

岐阜県といえば合掌造りでおなじみの白川郷などがありますが、白川郷だけが岐阜県の観光地ではありません。 岐阜県に旅行する場合、特に夏休みに旅行する時こそ、ぜひとも行きたい場所がいくつもあり、知っておきた …

チャタヌーガ(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

チャタヌーガは、アメリカ合衆国テネシー州南東部の、商工業および観光都市です。

秋田県のおすすめ旅行スポット

秋田県は、東北地方にあり、日本海に面する地域で、あきたこまちの名産地でのあります。 そんな秋田県のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。

友達と思っいきり楽しむ!関東のおすすめレジャースポット

友達とおもいっきり騒ぐことは、人生のもっとも楽しいことのひとつですね。 暮らしの中でどうしても生まれるストレスを発散できる幸せな時間です。 だからこそ、せっかくの休みの日に友達と騒いで遊ぶなら、事前に …

海外旅行のチップの相場や渡し方

日本では料理を運んできた人に対し、いちいちチップを支払い、感謝の意を伝えるようなケースはほとんどなく、心付けという文化が旅館などである程度であり、しかも、その文化も段々と消えつつあります。 一方、海外 …

楽天モーションウィジェット