マイクロエースの鉄道模型の魅力と特色

マイクロエースに名を冠するは、アリイ製作所であり、かつて1980年代前までは、主にキャラクターモデルのプラモデルを製作販売していました。

かつては、他社製のスケールモデルである、戦車や飛行機、カーモデルの金型を借りて再生産品として商品のリリースもしていて、どちらかというと、プラモデル業界では、その時々に合わせた流行もののプラモデルのキットを発売する傾向が強く、かつて流行ったエリマキトカゲの模型なども販売する姿勢は、現行のマイクロエースのNゲージにおける鉄道模型の模型作りに共通するものがあります。

スポンサーリンク

マイクロエースの魅力

巧みな販売手法

KATOやトミックスなどの、老舗鉄道模型メーカーに比べると後発組と言えなくもなく、Nゲージのメーカーと認知されるまでになった背景には、とにかく、手広く売れる商品づくりを得意としていた過去があり、それも鉄道模型を販売する鉄道模型メーカー、マイクロエースの特徴が、そのまま現在の鉄道模型作りの特色として反映されていると言っても過言ではないです。

1980代に倒産した、しなのマイクロという鉄道模型メーカーを買収し、傘下に収めた経緯もあり、世界中の鉄道模型ファンを魅了している、KATOやトミックスと肩を並べる第三のメーカーとして今やその地位は、業界の中でも実に様々な特色ある、そして、手堅く商品をリリースしている他メーカーに比べてみると分かる通りに、あまり他のメーカーが作りたがらない、ローカルで知名度の低い、マイナーな鉄道の鉄道模型の製品をリリースする等、コアなファンの心をわしづかみにしている販売戦略で、市場を席巻しています。

もちろん、有名な鉄道の鉄道模型のリリースも怠りなくリリースしていますが、例えば機関車ならば、一番売れている人気の高い型番の鉄道模型を他社と競合して販売するのではなく、ここにおいても、マニア受けするような、ややマイナーな型番の機関車をリリースして、その機関車に惚れ込み、そのすべての機関車の型番のすべてを蒐集したいと願うコアなマニアにとっては、とてもありがたい経営姿勢を貫いている点は、いかにも、販売戦術に長けたマイクロエースの特色の1つと言っていいです。

再販はしない

しかしながら、他のメーカーとは大きく違う点は、その販売戦略だけではありません。
基本的に、一度開発して販売した鉄道模型は、めったなことでは再販せず、一度限りの、いわば広義な意味での限定販売なので、市場では欲しい車種を買い損ねたファンが、高い値のついた人気車種を、かなりの高額で買い求める例もあるのは確かであります。

その中でも例外は、漫画やアニメで有名な、銀河鉄道999の模型化で、あまりの人気ぶりに買い損ねたファンの強い要望もあってか、マイナーチェンジを施し、テレビ版、劇場版の両方の銀河鉄道999を再販する運びとなりました。

1/150スケールの登場キャラや、走行列車を付属させるなど、元来の鉄道模型ファンのみならず、アニメや漫画でファンになった銀河鉄道ファンにも、大きな反響があったのは言うまでもありません。

これは、プラモデルを手広く、あらゆるジャンルで販売していた旧アリイの経営姿勢が作り出した現在のマイクロエースの経営姿勢が、銀河鉄道999の鉄道模型をNゲージ化して、いまだに販売当時の倍の値段で取引が行われているレア商品となっています。

かつて、マイクロエースでも、オリジナルのレールを企画したことはあるようですが、こればかりは、先発組のKATOやトミックスの製品群には追い付けず、今は、鉄道模型のみに焦点を絞って毎月のように、新たな新製品を作り続けています。

最近の傾向

しかし、そんなマイクロエースも、近頃は、過去に販売した人気商品を再販する傾向が見られるようになり、これまで買い逃して、中古品を買うしかなかったユーザーにとっては、僥倖と言えるかもしれません。

しかしながら、そのまま再販するのではなく、新しく手を加えて、列車名やナンバープレートの変更するなど、事実上の限定商品となっているのは、変わらないので、中古は欲しくないけれども、新品でなら欲しいというユーザーにとっては、特にマイクロエースの商品リリース情報は、毎日とはいかないまでも、毎週くらいはチェックしておきたいところです。

そして、意外なことですが、厳密にいえば、マイクロエースは、直接鉄道模型を製造しているわけではありません。

設計製造は、中国のメーカーに委託して、商品の企画、販売のみを行っていますので、自然と国内生産の他メーカーよりも、製造コストを低めに設定できため、あれだけの商品群を生み出せる土壌となっているのです。

しかしながら、中国製だからと言って、粗悪品を安かろう悪かろうで販売している訳ではないのが、マイクロエースの見事な経営戦略です。

魅力的な、そしてマニア受けをするようなマイクロエースの鉄道模型は、鉄道模型蒐集家にとって、目が離せない注目のメーカーなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

自由に飛ばせる!ラジコンヘリの魅力とは?

ラジコンといえば、地上では車とバイク、水場ではボートや潜水艦等、数多くの種類があることが特徴的です。 しかし、ラジコンヘリは空の代表的な遊びで、古くから魅力を知っている人が潜在的に存在します。 現在で …

育成要素が豊富なRPG「サマナーズウォー」の基本的な遊び方

最近は暇つぶしにスマホゲームを遊ぶ人が増えています。 スマホの画面に壮大な世界が広がり、美しいグラフィックや高い操作性を楽しめるゲームが人気です。 その一つであるサマナーズウォーは2014年にリリース …

デジタルTCG「憂国の大戦2」の魅力とは?

憂国の大戦2は数体のユニットをデッキに編成して戦うオンライ対戦型のカードゲームです。 よくあるキャラクターカードゲームと違い、トレーディングカードゲームのような仕上がりになっています。

いつの時代も男の子はミニカー好き!ポケットトミカ

トミカといえば、男の子なら誰もが一度は小さいときに買ってもらったり遊んだことがある有名なおもちゃです。 そのトミカがカプセルトイになったシリーズの1つに、ポケットトミカがあります。

全日本模型ホビーショーに参加して模型やフィギュアの魅力に触れよう!

おもちゃを扱うイベントはたくさんありますが、その中でも全日本模型ホビーショーは東京ビッグサイトで行われて規模もかなり大きいです。

楽天モーションウィジェット