Models IMONの鉄道模型の魅力と特色

日本国内には、鉄道模型を製造するメーカーがたくさんあります。

Nゲージ愛好家の方であれば、TOMIXやKATOといった会社がすぐに思い浮かぶかもしれません。

これら以外にも、多くの会社が鉄道模型を制作していて、各社とも独自の技術や特色を持っています。

スポンサーリンク

Models IMONの魅力

特色

「Models IMON」も、NゲージやHOゲージ規格の鉄道模型を製造する会社のひとつで、他の鉄道模型メーカーにはない特色があります。

Models IMONとは、株式会社井門コーポレーションという会社がチェーン展開する鉄道模型専門のお店で、NゲージやHOゲージの鉄道模型(車両)の製造も行っています。

Models IMONは、1998年に第1号店として原宿で開店して以来、現在は関東地方を中心に複数の店舗を構えています。
秋葉原の店舗には、中古品・委託品を取り扱う「MONTA」も併設しています。

Models IMONでは、2000年に廃業した鉄道模型メーカーの「乗工社」と、2011年に廃業した「福島模型製作所」のスタッフを受け入れて、製造を引き継いでいます。

これに加えて、Models IMONは2015年に資金難で継続困難になった「国際鉄道コンベンション」を引き継いで開催しており、鉄道模型に対して強い熱意を抱く会社です。

レンタルレイアウトがある店舗も

Models IMONの特色のひとつに、一部の店舗に大きな鉄道模型のレイアウトが設置されていて、レンタルレイアウトとして開放されています。

池袋店、大井店、横浜店では、Nゲージのレンタルレイアウトが設置されています。
Nゲージのレンタルレイアウトの長さは、最大で21mで、長大編成の新幹線も留置・走行させることが可能です。

Nゲージに加えて、大井店ではOゲージとOJゲージ、原宿店では軌間16.5mmのHOゲージと軌間12mmのHOナローゲージのレイアウトが設置されています。

日本では珍しいHOナローゲージ

Models IMONの特色は、日本では珍しいHOナローゲージの、レンタルレイアウトが設置されています。

日本の鉄道模型ファンの大多数がNゲージの愛好家で、HOゲージの愛好家は少数派です。
数少ないHOゲージファンの中で、HOナローゲージを趣味とする人はほんの僅かです。

Models IMON原宿店は、HOナローゲージ車両を大きなレイアウト上で走らせることができる貴重な場所です。

Nゲージ・HOゲージのいずれのレイアウトも長距離走行が可能で、休日になると店舗は多くの利用者で賑わっています。

販売だけでなく、製造もも手掛ける

Models IMONでは、鉄道模型や関連のアイテムを販売するだけでなく、模型の完成品や部品の製造も行っています。

Models IMONの製造する模型の特色は、Nゲージの他に、日本国内では数少ないHOゲージ・HOナローゲージの車両や、パーツの製造を手掛けていること、真鍮製でしっかりした質感を感じさせる車体であることです。

2000年に廃業した「乗工社」という模型メーカは、軌間12mmのHOナローゲージの鉄道模型の製造を得意としていました。
Models IMONでは、乗工社の元従業員を受け入れて、HOナローゲージ模型の製造を継続しています。

HOゲージに加えて、Nゲージの車両も製造しており、完成品では蒸気機関車の車両を得意としています。
NゲージではC56、HOゲージではC55などの蒸気機関車の車両を得意としています。

真鍮製

Models IMONで製造されている鉄道模型の特徴は、NゲージもHOゲージも真鍮製であることです。

現在、日本で販売されているNゲージやHOゲージスケールの鉄道模型の多くが、一体成型のプラスチック製です。
プラスチック製の車両でも、精巧に作られている物がたくさんありますが、近くで車両を見ると安っぽく感じてしまいます。

これに対してModels IMONが製造する鉄道模型車両の車体は真鍮製で、蒸気機関車の車両を得意としています。
このため、金属製ならではの重量感や、質感をしっかりと感じることができるような、蒸気機関車で鉄道模型を楽しむことができます。

Models IMONでは、NゲージやHOゲージのパーツも販売しています。

2011年に廃業した福島模型製作所は、西武鉄道の車両を中心とした私鉄車両とパーツを製造していました。
パーツの定評が高く、事業が引き継がれたModels IMONでもパーツを製造しています。

パンタグラフや連結器(通電カプラー)も細部に至るまで精巧に作られていて、安っぽさを感じさせない、リアルで重量感を感じることができます。

Models IMONの製造する車両やパーツは、本物志向の強い鉄道模型愛好家に欠かせない存在です。

ちなみに廃業前の福島模型製作所は、レイアウトの制作も手掛けており、Models IMONの店舗に設置された巨大なレンタルレイアウトの制作にも、福島模型製作所の技術が生かされています。

最後に

Models IMONの店舗には、長大編成も可能な大きなレンタルレイアウトが設置されていて、HOゲージ愛好家も長距離の走行を楽しむことができます。

鉄道模型愛好家であれば、店舗に設置されたレンタルレイアウト上を、走行する模型車両を見ているだけでも時間が経つのを忘れてしまい、丸一日楽しむことができます。

本物志向が強い鉄道模型愛好家の方であれば、Models IMONの店舗を訪問してみるのはいかがでしょうか?

ちなみにModels IMONの店舗は関東地方にしかありませんが、インターネットを利用すれば製品を購入することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

さかつうの鉄道模型の魅力と特色

さかつうの鉄道模型の魅力と特色については、様々なものがあります。

今プレイしても楽しめる!ニンテンドーゲームキューブの名作ゲームソフト5選

2001年に発売されたニンテンドーゲームキューブは、多彩なゲームソフトを販売しました。

東京国際交流館開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

東京国際交流館は、お台場地区を一望できるような好立地の場所にあり、随時いろんなコスプレイベントが開催されています。 アクセスも、公共交通機関がいろいろ使えますので、ゆりかもめや臨海線、そしてバスであれ …

ゲームの代表「PZL」の意味と特徴について

ゲームジャンルのひとつ、パズルゲームについて紹介します。

ボードゲーム「アイム・ザ・ボス!」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク アイム・ザ・ボス!はどんなゲーム? アイム・ザ・ボス!(I’m the Boss!)は交渉を通じて投資家の同意を得ながら商談を成立させていくゲームです。

楽天モーションウィジェット