もけいや松原の鉄道模型の魅力と特色

「もけいや松原」と聞いて、その商品を思い出すことが出来るならば、その人はレベルの高い鉄道模型の趣味人です。

鉄道模型楽しみ方は人それぞれと思います。

車両を楽しむ人、動きを楽しむ人、楽しみ方は様々でしょうが、レベルが上がるにつれて、ジオラマ内で走らせることに楽しみを発見し、更にはその模型の細部のディテールや情景の演出などにこだわりが出てくるものです。

スポンサーリンク

もけいや松原の魅力

ここで、実際の鉄道が走る情景を思い出してみましょう。

鉄道は本当に色々な場所で活躍をしています。
それは、自然豊かな土地で働いているものもあれば、大都会の中で動くものもいます。

いずれにしても、「情景」の中でその姿を見ることが出来ます。

では、鉄道模型の楽しみ方で、この「情景」の中と言えば、やはりジオラマに話が及びます。

ジオラマにかかせない「情景」が強み

もけいや松原の特色は、実にこの「情景」の表現に尽きるのです。

もけいや松原の特色は、二つの「情景」の表現に強みがあると言えるでしょう。

その一つは、車両のリアリティを上げることによる表現、もう一つは、列車の走る情景のリアリティを上げる部分、その二つが強いのです。

そこで、その一つ目の特色、車両の表現についての、もけいや松原の強みを挙げましょう。

照明技術の高さ

ご存知のように、鉄道模型はレールに弱い直流電流を流して、モーターで駆動しています。
鉄道模型メーカーの出荷する鉄道模型の駆動車は、モーターを積んでいます。

それで、物によってはヘッドライトにLED灯などを装備して、「夜」を演出出来るものがありますが、このLED灯火は、全ての模型車両が出来るものではありません。

それはメーカーの標準品の中で決まってきます。

しかし、鉄道模型のオーナーは、そのこだわりから、メーカー出荷時に照明が付いていないものに「夜」を走行させたい人もいるかと思います。

そこで、車両への照明のこだわりが出るのですが、その要望に、もけいや松原は見事に応えます。

既存の車両にLED照明を設置すること、その点での技術がもけいや松原の特筆すべき点と言えるのです。
もけいや松原のLED照明は、客室内照明にとどまらず、貨車のテールランプの灯火にも及びます。

Nゲージ車両での、この改造技術は、本当にプロのワザとして脱帽するしかありません。

動きのリアリティ

次に、車両の「動き」に着目します。
鉄道模型は電動です。強い電流ならばパワーが出ますし、弱ければ遅くなります。

けれどもその動きは、操作する人の手元のパワーパックの操作次第になります。

ところで、一般のメーカー製パワーユニットは通電までがメインであることで、車両の動きのリアリティ、例えばスロースタート、スローストップまでを追求しているものは少ないです。

ところがもけいや松原は、この車両の動きにまでこだわったオリジナルのパワーパックまでを揃えています。
このオリジナルパワーパックは、その通電状況をコントロールして、車両の加速、減速までを調整して、よりリアリティの高い模型の走行を演出するのです。

細部にまで及ぶ豊かな表現力

さて、二つ目の特色、情景のリアリティの部分での強みについて述べます。
鉄道模型は、情景の中を走らせることに、その趣味の醍醐味があると言えます。

もけいや松原は、このジオラマ表現にも強いのです。

しかも大手メーカーの手が届かないような部分、例えば、ジオラマ内の踏み切りの照明、道路の街灯の照明、そして、ジオラマ内の自動車のヘッドライトにまで、LED照明の取り付けは及びます。

こう言った照明のジオラマ内での設置により、ジオラマの「夜」の表現が、より豊かになることが大きな特色です。

また、もけいや松原は、オリジナルの情景表現パーツも作っています。
それは主に情景の中の「道路」の中の演出のパーツに挙げられます。

自動車、そして道路のセンターラインなどの演出は、もけいや松原の強い部分です。

こんな具合に、もけいや松原は鉄道模型と、それを演出するジオラマに強みがあることが分かったことと思います。

さて、それではもけいや松原の「最高に演出出来るシーン」はどこかと言うと、それは「夕暮れ」や「夜」のシーン、つまり照明器が灯火している時間帯と言えます。

ジオラマは情景を表現します。
しかし、それが「時間」までをも表現するのは、難易度が高いとも言えるでしょう。

しかし、もけいや松原の提供する車両、あるいはジオラマ内の照明は、暗くなった街並みを最高に表現することと言えます。

最後に

以上のように、情景表現をより豊かにしてくれる、もけいや松原の技術とサービスは、趣味人の「こだわり」を、非常に高いレベルで満足させてくれると言えるでしょう。

鉄道模型そのものの表現力アップ、そして、ジオラマそのものの豊かな表情、そして、ジオラマに「時間帯」までをも演出してくれるサービスは、鉄道模型を趣味とする人たちにとって、喉から手が出るほどの付加価値を与えてくれるものとも言えるかも知れません。

もけいや松原、本当に趣味人の店ですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

花やしき開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

日本でもっとも歴史が古い遊園地として知られる浅草の花やしきは、地元から今なお愛され続ける憩いの場所です。 コスプレ用のイベント会場として開放されることもあり、昭和チックでレトロたっぷりな風情を楽しめる …

2人用カードゲーム「バトルライン」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク バトルラインはどんなゲーム? バトルラインは(Battle Line)は7つの軍旗を争って、手持ちのカードで役を作ることで相手と勝負します。

コスプレの強い味方!”くるくる”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

みんなの変身願望を実現してくれる「くるくるはウィッグ」は、多少毛量が少なめかもしれませんが、品質が良いです。立体的なヘアスタイルが多いので、少ない毛量でもそれほど気にならないでしょう。 中には、毛量が …

プラモデルやフィギュアの塗装に!アルクラッドⅡの特徴と使い方

アルクラッドⅡは、塗膜を鏡のようなメタリックに仕上げられる塗料で、プラモデルや模型、フィギュアなどに使用されています。

いつの時代も男の子はミニカー好き!ポケットトミカ

トミカといえば、男の子なら誰もが一度は小さいときに買ってもらったり遊んだことがある有名なおもちゃです。 そのトミカがカプセルトイになったシリーズの1つに、ポケットトミカがあります。

楽天モーションウィジェット