天賞堂の鉄道模型の魅力と特色

日本が誇るホビーメーカーとなった「天賞堂」は、銀座に本店を構え、貴金属や宝飾や時計などを扱っている会社でもあります。

明治12年に創業された歴史のある会社ですが、中でも有名なのは「鉄道模型」です。

スポンサーリンク

世界でも一目置かれる「Tenshodo」

きっかけは、当時の社長の趣味

天賞堂の鉄道模型は、「16番ゲージ」と呼ばれるサイズをメインとして製造されているのが特色で、精密性において、世界的にも評価が高いものとなっています。

創業当時「天賞堂」が扱っていたのは印鑑でしたが、その後に時計や貴金属も扱うようになっていきました。
そして昭和24年に、当時の社長の趣味が高じて鉄道模型も扱うようになったという経緯があります。

昭和24年頃は、進駐軍やアメリカ向けの製品を中心に製造していましたが、昭和30年頃には国内向けの販売が増えていきました。

天賞堂が得意としていたのは、蒸気機関車や電気機関車などでしたが、大ヒットしたのは、151系特急車両でした。
ロングセラーとなった151系特急車両の中で、最も人気が高いのは、1960年代から1970年代の国鉄時代の車両です。

宝飾技術が際立つ、精密さ

天賞堂の鉄道模型は、同じ車両であっても個体や時期によって細かい違いを再現できているのが特色です。

また天賞堂の鉄道模型は、銀色の箱に入っているので、いつしか「銀箱」と呼ばれるようになりました。
何と言っても、天賞堂の鉄道模型の特色は、宝飾品の技術を生かした、真鍮製の精密な造形ですね。

特にパーツの多い機関車は、天賞堂の技術が最も際立つ存在です。

近年では、ダイキャストやプラスチックなどの素材を使った鉄道模型も手掛けており、様々なニーズに応じられる製品を販売しています。

また「Zゲージ」という、線路幅が非常に小さい鉄道模型も製造しています。
一般的には、ラジコン飛行機やラジコン車なども模型です。

動かして遊ぶために丈夫に作られてはいますが、細かなディテールは重要視されていません。
しかし鉄道模型は、動かして遊べるにもかかわらず、細かい部分まで本物と遜色ない完成度を誇ります。

天賞堂の鉄道模型は、塗装をしていない状態でも人気があるため、透明な塗装をしただけの状態を欲しがるマニアもいます。

鉄道模型は精密に作られていますが、よく見ると微妙にデフォルメされているのが分かります。
たとえ実物を正確に縮小して精密な車両を作ったとしても、実物と同じインパクトは与えられません。

そこで様々なパーツを少し太くしたり大きくしたりして、重厚なイメージを生み出しているのです。

天賞堂がメインとして製造している「16番ゲージ」は、線路幅が16.5ミリのサイズです。
この線路幅は「HOゲージ」と呼ばれることもありますが、正確には「HOゲージ」とは縮尺が違うので、天賞堂では「HOゲージ」とは呼んでいません。

音へもこだわり

最近は、音の出る鉄道模型が出てきましたが、天賞堂でも音の出る仕組みを備えた鉄道模型を用意しています。

昔は、音を出すためにテープを使っていましたが、現在では車両に内蔵しているスピーカーから、音が出るシステムとなっています。

スピーカーは底面に内蔵されており、専用のコントローラーで操作できるようになっています。
汽笛や走行音なども、手元のスイッチで自由にオンとオフができます。

このシステムは、電源が入っていれば使えるので、停止している状態でも鳴らすことができます。
走行している時だけではなく、ディスプレイしている状態でも様々な音を鳴らして、楽しめるようになっているのです。

天賞堂が手掛けている音の出る鉄道模型は、実際の車両から録音したものです。

録音することを目的に、天賞堂の社員が派遣されることもありますし、録音のために社員旅行の行先を決めることもあるほどです。

これまでに録音されてきたサウンドライブラリーは、膨大な数に及びます。

鉄道模型の楽しみ方

ところで鉄道模型を始めてみたいけど、どのように楽しめば良いのか分からないという初心者もいるはずです。
鉄道模型の楽しさは、大きく分けて3つあります。

1つ目は車両のコレクションです。
鉄道好きなら、部屋に飾って眺めるだけで楽しむことができます。

2つ目は車両の工作です。
プラモデルのように組み立てていく楽しさがあります。ベテランになると、紙やプラ板から自作する人もいるんですよ。

3つ目はジオラマ作りです。
ジオラマは、山河や建物などを配置した情景を自作することです。
そこに車両を置いたり、写真を撮ったりして楽しむのです。

しかし、部屋にも限られたスペースというものがありますよね。
広いスペースが無ければ、ジオラマは作れないような気がします。

でも、実際には小さなスペースにも、リアルなジオラマを構築することは可能ですし、安い予算でも、スキルによっては完成度の高いものを作れます。
そう考えれば鉄道模型は難しいものではなく、もっと身近なものだと感じるはずです。

最後に

まずは「初心者セット」から始めるのはどうでしょう。
「初心者セット」には、車両と線路がセットになっているので、初心者でも気軽に始められますよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

プラモデルやフィギュアの塗装に!シタデルカラーの特徴と使い方

プラモデル作りにおいて、進化しているのは塗装技術だけでなく、使いやすさが考えられた塗料の登場も見逃せません。 使い勝手の良い塗料は、フィギュアの塗装にも適していますから、新しい塗料の可能性を知ると、作 …

フリマアプリ「モノキュン!」の特徴や使い方

スマートフォンから気軽に、フリーマーケット感覚でお買い物ができる、フリマアプリの人気が急上昇中です。 最近では、ちょっと変わったフリマアプリも続々と登場しており、その特徴や使い方に注目が集まっています …

ちいさくてかわいい!ねんどろいどとは?

スポンサーリンク ねんどろいどとは? 「ねんどろいど」とは、謎の原型師集団という触れ込みの「ねんどろん」が制作、あるいは協力して制作している全高10cmほどの小さいフィギュアです。 フィギュア化の題材 …

フリマアプリとネットオークションの違いは?どちらがお得?

いらないものを売りたいけれど、どうやって売るのかで悩んでいませんか。 スマホやパソコンなどがあると、自分で取引して売ることができます。 フリマアプリとネットオークションがあるので、これらの違いを見極め …

大人買いしたい!進化し続けるカプセルトイ

カプセルトイとはいわゆるガチャガチャのことです。 コインを入れてレバーを回すとカプセルに入ったおもちゃが出てきますが、何が出てくるのかわからないドキドキ感がありますね。 そんなカプセルトイですが、昔は …

楽天モーションウィジェット