東京マルイの鉄道模型の魅力と特色

みなさんは東京マルイという会社を知っていますか?

古くから、ホビーの分野では画期的な製品を生み出してきたメーカーですが、その名が一気に広まったのは「電動ガン」という、電動式エアガンが生み出されたときです。

スポンサーリンク

東京マルイの魅力

高品質が売り

まさに7年もの歳月をかけ、研究を重ねて今までのエアガンの常識を覆す新製品を世に送り出しました。

その後は、海外製電動ガンが東京マルイの後を追うように、様々な機種をリリースしましたが、東京マルイの高品質な製品に匹敵するものは未だに現われていません。

それは、この会社が安易な利益より、ユーザーが満足できる高品質なアイテムを生み出す会社だからです。

Zゲージシリーズ

そして、その信念や特色は鉄道模型にも受け継がれました。
東京マルイの、Zゲージシリーズです。

鉄道模型に詳しい人なら「なぜZゲージ?」と思う人もいるでしょう。
長いこと日本では、Nゲージという規格の鉄道模型が主流でした。

欧米などでは、Nゲージよりもやや大きいHOゲージが主流ですが、線路を広げた際に大きくなるHOゲージは、日本向きではありませんでした。

そこでNゲージが人気なのですが、Zゲージはさらに小型の鉄道模型です。
そもそもZゲージは、鉄道模型の最高峰メルクリン社が考案したもので、歴史があります。

Zゲージのメリットは、そのコンパクトさです。
小さな車両なら、手のひらに納まるほどで、線路を広げた際にも省スペースで済みます。

アパートやマンションなど、まさに今の日本の居住空間にピッタリの大きさというわけです。
しかし、今まで日本では本格的なZゲージのラインナップはありませんでした。

ほぼ未開拓といった市場に参入するには、車両だけでなく線路やコントローラなど、ブランドとして揃えられる多くのアイテムが必要だったからです。

その問題に真っ向から取り組んだのが、東京マルイでした。

電動ガンのときと同じように、特色として精密なディテールにこだわり、小さくてもリアルな車両をリリースしたんです。

ジオラマを完成品としてリリース

その後は、初心者でも簡単に始められるように車両セットや、完成したジオラマを組み合わせるだけで、本格的なレイアウトが作れるジオラマセットなどをリリース。

その後も、急ピッチではないものの、着実にアイテム数を増やしました。
こうした目先の動向に捕らわれず、長期的に品質の高いものを作るという理念も東京マルイの特色です。

その結果、東京マルイのZゲージシリーズ「PRO Z」というブランドは、価格が高いものの、それに見合った高いクオリティの鉄道模型として定着したのです。
LEDの採用で、照明を落とした状態での夜間走行も実現しました。

このような特色を持つZゲージが普及した理由はいくつかあります。

ひとつは先ほどもお話したように、現在の日本の居住スペースでは、大きなコースやジオラマが設置しづらいことです。

アパートやマンションはもちろんですが、戸建てでもNゲージを走らせるとなると、一部屋だけではスペースが足りない場合も多くあります。

一方でZゲージなら広げてもスペースは取りませんし、収納だって楽です。

また、東京マルイの技術力が高かったこともあります。
電動ガンで培ったリアルさの追求は、鉄道模型にも生きていて、長年、鉄道模型を趣味としてきた人たちにも受け入れられるレベルだったからです。

小さな模型ほど、ディテールを妥協しないといけない場合がありますが、東京マルイはそれを受け入れることなく「Nゲージレベルの精巧さをZゲージで再現した」といってもいいでしょう。

その結果、コストが高くなりましたが良いものを知っているファンからすれば、クォリティに対しては十分納得できる範囲だったんです。

例えば、ジオラマにしてもそうです。
ジオラマは、ベースに配置したレールを中心に建物やトンネル、駅、山や川などの自然の風景を配置して、実際の沿線の風景を再現することです。

他のスケールでは、個別の構造物や材料となる素材は売っていましたが、最終的には自分で組み合わせて作らなくてはいけませんでした。

元々、鉄道模型には年齢的な制限がなく、子供からお年寄りまで楽しめる趣味ですから、ある程度の金額でジオラマを作ることはできましたが、その手間は大きく、仕事をしながら作るには時間的に大変な制約がありました。

でも、東京マルイはその手間を省いて、高い再現度を持ったジオラマを完成品としてリリースしたんです。
これは、鉄道模型の世界においても大きな衝撃でした。

最後に

そうした取り組みによって、大人だけでなく親子揃って気軽に鉄道模型を楽しめるようになったのも、東京マルイのおかげです。

男の子にとって、鉄道模型は多くが一度は憧れて手に入れたいと願う趣味のひとつです。

そんな人たちの期待に応え、日本らしい「例え高くても良いものは必ず認められる」という東京マルイの信念が、このZゲージの特色として表れています。

初めての人も、子供の頃に憧れていてその夢が忘れられない人も、鉄道模型を始めるなら東京マルイのZゲージから始めることをおすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:スーパーファミコン

今の若い人たちは知らない方も多いかと思いますが、30代40代の世代のゲームと言えば任天堂のスーパーファミコンだと思います。 スーパーファミコンについて簡単にまとめました。

CGMマーケットプレイスに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

アニメやマンガなどのサブカルチャーに寛容な徳島県では、徳島で開催されるイベント「マチ★アソビ」において、知事自らこのイベントの公開収録に加わったり、初音ミクの撮影会にも積極的な姿勢を示していました。

ドローンに資格は必要なのか?

ドローンとは操縦士が乗らない無人の飛行機のことを指します。 英語の雄のミツバチから転じた言葉で、大きさは10センチほどの小さなものから、30メートルを超える大型のものまであります。 形もいろいろな種類 …

Cheery DOLLのドレスや小物で我が家のドールをおしゃれに!

ドールメーカーから発売されているドールはそのままでも魅力的ですが、衣装にこだわることでより楽しみが広がります。

としまえん開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

ジャパンコスプレフェスティバルをはじめ、頻繁にコスプレイベントが開催されているとしまえんは、幻想的な写真を撮ることができる撮影スポットがたくさんあり、人気のあるイベント会場です。 実はフィルムカメラが …

楽天モーションウィジェット