ワールド工芸の鉄道模型の魅力と特色

ワールド工芸は、主に鉄道模型の製造や販売を行っている日本のメーカーです。

スポンサーリンク

ワールド工芸の魅力

人気は電気機関車

ワールド工芸が得意としているのは、Nゲージや16番やHOナローなどのスケールサイズです。

ワールド工芸で製造している鉄道模型は、金属製の素材を使っているのが特色で、とてもシャープなデザインが好評です。
金属製の鉄道模型が好きな人は、ワールド工芸の製品を購入してみるのはどうでしょう。

ジャンルを超えて、色々なNゲージの鉄道模型を販売しているのもワールド工芸の特色で、中でも電気機関車はなかなかの人気商品ですよ。

鉄道をあなたの部屋にも

ところで、鉄道は生活の中でほとんどの人がお世話になっていますよね。

そんな身近な鉄道を、小さくして持ち出したいという衝動にかられることはありませんか?
車両を部屋に飾って眺めたり、走る姿を見ているとすごく楽しそうですよね。

鉄道模型は、あくまでも模型ですので、現実には存在しない風景も再現することができるわけです。
たった1両でも、部屋に走らせればいつもの風景が一変することは間違いありません。

鉄道模型の選び方

とはいえ鉄道模型ショップに行ってみると、とても多くの鉄道模型が販売されています。
その中から、どのような鉄道模型を、どのような基準で選べば良いのか初心者には分かりにくいはずです。

基本的には、自分のイメージにピッタリのパーツを選んで、組み上げていけば良いということになりますが、その前に鉄道模型のサイズに関しての知識を深めましょう。

サイズ

まずは鉄道模型ショップでよく見かけるのはNゲージと呼ばれるものです。
Nゲージのサイズは、実物の150分の1で、線路の幅は9ミリとなっています。

比較的小さいので、車両を繋げて楽しむのに向いているのがNゲージの特色です。

最近よく見かけるようになったのはZゲージです。
Zゲージは、Nゲージよりも小さい220分の1となっていて、狭いスペースでも円形の線路を簡単に敷くことができるサイズです。

続いてはHOゲージです。
昔は80分の1のHOゲージは迫力があってとても人気がありましたが、置き場所に困ったり、値段が高くなりすぎるという理由で、初心者には不評となっていきました。

さらに大きいサイズのOゲージというものもあります。
Oゲージは、45分の1というサイズとなっています。とにかく大きいサイズが好きな人には、憧れのサイズですよね。

鉄道模型の魅力は、走らせることだけではありません。

展示用に車両を飾って眺めるのも楽しいものです。故郷で走っていた車両を飾ってみたり、思い出の車両を蘇らせてみたりして、自分なりにアレンジするのも楽しいものですよ。

ジオラマ

鉄道模型は走らせるのも飾るのも楽しいですが、ジオラマにするという楽しさもあるんです。

ジオラマというのは、好きな風景を自由に作って楽しむことです。
まったくの初心者であっても、基本セットを購入すれば誰でも入っていける世界です。

信号や駅舎、ホームや踏切、山や公園なども自分で好きなように作っていきます。
そこにガソリンスタンドやファミリーレストラン、乗用車を配置したり、人や動物を配置してストーリーを創造することも、ジオラマの楽しみ方です。

小物も色々と販売されていますので、自分のイメージする風景を自由に創造していきましょう。

初心者はスターターキットがおススメ

初心者はまずスターターセットを購入してみるのがお勧めですよ。

スターターセットは、鉄道模型ショップや鉄道模型を扱っている家電量販店などの他、インターネットでも簡単に手に入ります。
線路だけのセットも販売されていますが、やはり初心者は車両も入っているものを購入しましょう。

線路は、差し込み口に連結するだけなので、まず楕円形に配置することから始めてはどうでしょう。
最初は、楕円形の線路の上をグルグルと走らせるだけでも楽しいはずです。

さらに深く楽しむには、待避線や交差のセットなども組み合わせれば、より複雑で本格的なものになっていきますよ。

待避線のセットでは、ポイントの切り替えも電動で行うので、遠隔操作する楽しさも味わえるんです。
しかし注意しなけらばいけないこともあります。

注意したいポイント

それは違うメーカー同士の線路は繋げないということと、モーター付きの車両を走らせるためには、電源が必要ということです。

線路のメーカーは必ず統一するようにしましょうね。
線路の幅については規格で決まっているので、車両を走らせるには問題はありません。

スターターセットの費用に関しては、NゲージとZゲージは約20000円程度で、その他のパーツは個別に購入できます。
車両には、モーター付きとモーター無しがあります。

飾りたいだけならモーターは必要ありませんが、走らせたい場合はモーター付きを購入しましょう。

モーター付きの電車は、3000円から6000円程度で、機関車なら5000円から10000円程度します。
とにかく安く飾りたいのなら、数本の線路とモーターの無い車両という組み合わせで、2000円から3000円程度になります。

小さな駅などのパーツなら1000円程度で購入できますよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ホビー, 模型
-,

関連記事

HOBBY ROUNDに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

日本のフィギュア・模型メーカーとして有名なボークスが開催している「お客様参加型」のホビーの祭典、それがホビーラウンド(HOBBY ROUND)です。

大人がはまる!ドールハウスの魅力

ドールハウスは老若男女に人気があり、世界中に愛好家が存在します。 日本ではシルバニアファミリーが馴染み深いですね。 特に大人がはまることが多いドールハウスの魅力を紹介します。 スポンサーリンク ドール …

カードゲーム「ごきぶりポーカー」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ごきぶりポーカーはどんなゲーム? ポーカーというくらいですから絵合わせが目的かといえばそのようなことは無く、ごきぶりポーカーは「絵を合わせないこと」を目標にしたブラフゲームです。

Nintendo Switch は子供向けではない?

日本ではこれまで数多くのゲーム機が登場してきました。 任天堂の新作ゲーム機「Nintendo Switch」は”スイッチ”という名前があらわす通り、携帯機としても据え置き機としても利用できるだけでなく …

ボードゲーム「パンデミック」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク パンデミックはどんなゲーム? パンデミック(Pandemic)はプレイヤーが人類の代表となって、世界的規模でのウィルス感染を食い止めることを目的とするゲームです。

楽天モーションウィジェット