一人旅にもオススメ「オーストラリア」は魅力がいっぱい!

オーストラリアは、比較的治安が良いので、女性の一人旅でも、安心して旅行できる国です。
東京から10時間ほどの長いフライト時間にも関わらず、時差が日本とはわずかなので、時差ボケになる心配がありません。

オーストラリアはとても広く、どこから観光すればよいのか迷ってしまいますが、1回の旅行で、全部の都市をまわりきることはとてもできないので、気に入ったら何度でも訪れてみて下さい。

オーストラリアは、訪れる場所によってさまざまな違った顔を見せてくれることでしょう。
ただ、どこを訪れるにしろ、ひとつだけ忘れてはならない注意があります。それは、オーストラリアの季節は日本とは全く反対だということです。

ですから、日本が冬だという時は、あちらは夏になります。持って行く服装は、夏の服装ということになるわけですね。

スポンサーリンク

一人旅にもオススメ「オーストラリア」

まずはやっぱりシドニーでしょ!

さて、オーストラリアでも人気の都市と言えば、やはりシドニーですよね。
シドニーのシンボルは、言わずと知れた「オペラハウス」。

あのヨットの帆を膨らませたような独特のデザインの建物です。シドニーを訪れるなら、必ず行っておきたいスポットですよね。

オペラハウスでは、日本語のガイドの説明付きのツアーがあるので、興味がある方は参加してみるのも良いのではないでしょうか。シドニーは海に面していますが、そのシティ側と、海を挟んだ北側の街を結ぶのが「ハーバーブリッジ」です。

こちらは時間があったらカメラに収めるだけでなく、是非実際に渡って、橋の上からの眺めを味わってほしいところです。

その他にも、開拓時代の面影を残す町並み「ザ・ロックス」や、時間があったら是非行ってみたい「ブルーマウンテン」など、見どころが満載です。

世界で1番住みやすい街ってどんなところ?

オーストラリアは、なにしろ日本の国土の20倍もあるので、どこへ移動するにも時間がかかります。
一人旅の気楽さで、時間をかけて電車の中から、ゆっくり景色を眺めながら旅行を楽しむのも良いですが、移動にあまり時間をかけたくないという方には、飛行機がおすすめです。

シドニーからオーストラリア第2の都市、メルボルンまで1時間半で行くことができます。

このメルボルン、世界で最も住みやすい街のナンバー1に輝いたということはご存知でしょうか。緑がたくさんある街の中には、古い荘厳な建物が立ち並んでいます。

ここで是非訪れておきたいのが、メルボルンの台所と言われる「クイーンズ・ビクトリアマーケット」です。
食料品から生活雑貨まで、1000を超えるお店が並ぶこのマーケットは、見ているだけで楽しめること間違いなしです。お店の人もみんな気さくなので、思い切って英語で話しかけてみましょう。

肉や魚を持って帰るのは無理でも、ちょっとした果物やお菓子なら、買って帰っておやつにもなりますよね。

メルボルンの魅力はそれだけではありません。
ほんの1時間半程度バスを走らせれば、かわいいペンギンにも会うことができます。フィリップ島という島に生息する世界最小のフェアリーペンギンが、日没になると漁を終え、行進して巣穴に帰る姿が見られるのです。

一人旅ならツアーに申し込むのが安心でしょう。
ワイルドライフパークという、エサをあげられるタイプの自然動物園やコアラ保護区、ショッピング等とセットになったツアーがあるので、自分の気に入ったツアーに申し込めば、一人旅でもラクラク快適な遠出ができてしまいます。

次はどこの都市?何度も行きたいオーストラリア

せっかくオーストラリアまで一人旅で来たのだから、もう少し遠くまで行って、今度は自然を満喫したいという方に一押しなのが「エアーズロック」です。

メルボルンから飛行機で約3時間、世界で2番目に大きいこの一枚岩は、先住民であるアボリジニには「ウルル」と呼ばれています。

登頂ルートが閉鎖されていて、登れないこともありますが、エアーズロックは、たとえ登ることができなくても十分に訪れる価値がある世界遺産です。

早朝や夕方など、時間によってその色を変えるエアーズロックを見るだけでも、神秘的な体験ができることでしょう。また、エアーズロックに描かれている、アボリジニのアートを見学したり、近くにある風の谷を散策するのも、楽しい思い出になりそうです。

さて、そんなエアーズロックがどこにあるかというと、大体オーストラリアの真ん中にあると思ってください。

メルボルンから3時間も飛行機に乗ってやってきたのに、まだ真ん中へんだなんてオーストラリアの大きさが実感できるのではないでしょうか。

そう、オーストラリアの主な観光地を旅行しようと思ったら、数ヵ月の長い休暇が必要ですよね。でも、じっくり味わうためには、駆け足でまわるには勿体ない見どころがたくさんあります。

そんな理由から、オーストラリアに何度も訪れるという人は少なくはありません。モダンなシドニー、緑がたくさんあるメルボルン、大自然の神秘が味わえるエアーズロック。

この他にも、これまた世界遺産のグレートバリアリーフや砂の島、フレーザー等があるブリスベンなど、訪れる度に次回の目的地となる「ターゲット」に、こと欠くことはないでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

セーラム(アメリカ・オレゴン州)のおすすめ観光スポット

市の中心をウィラメット川が流れるセーラムには、博物館や歴史的建造物など数多くの観光名所があります。

手ぶらでOK!九頭竜国民休養地キャンプ場で楽しもう

キャンプというと、テントや寝袋、食事をする時のテーブルやイスなど、色々な道具を揃えていないとできないというイメージがあります。 でも、九頭竜国民休養地キャンプ場なら旅行に出かける時と同じような準備だけ …

夏休みに家族で旅行したい千葉県のおすすめスポット3選

千葉県には家族旅行に最適なレジャースポットが豊富に揃っています。 豊かな自然が溢れる場所もありますし、動物と触れ合えるところもあります。 都心からも遠くないので、電車や車を使えば手軽に旅行に訪れること …

毎分約32,000リットルの湧出量を誇る「伊東温泉」の楽しみ方

伊東温泉は、伊豆半島の伊東市にある温泉で、平安時代に開湯された、長い歴史を持つ温泉です。 江戸時代には、3代将軍徳川家光公に献上湯が行われました。 明治時代後期以降は、機械掘りにより泉源の数が増えて、 …

地元民おすすめ!宮城県旅行の穴場スポット3選

宮城県には地元民だけが知る穴場のスポットがあります。 宮城県の旅行の定番は、仙台七夕などのイベントと合わせて、松島や蔵王を廻るルートです。 限られた日程で旅行の行程を選ぶ場合はやむを得ない選択です。 …

楽天モーションウィジェット