一人旅にもオススメ「ネパール」は魅力がいっぱい!

一人旅をする上で、最も重要だと言っても過言でないのが、旅の安全性です。

日本はなんて安全で、平和なのだろうと実感するほど、海外には思わぬ危険があるものです。

しかし、平和なれした危機感の薄い日本人にとっても、安全性の面で一人旅をしやすい国が、ネパールです。ネパールは、30以上もの民族から成り立っている国で、面白いことに、日本人と見間違うほど、顔立ちの似た人々に出会えることもあるため、自然と親近感が湧いてきます。

首都カトマンズや、有名な観光地であるポカラなどには地方出身者も多く、沢山の民族に出会えるので、交流を深めて、民族性や文化を学ぶ絶好の機会を得られるでしょう。

スポンサーリンク

一人旅にもオススメ「ネパール」

一人旅でも安心のネパールの人のよさと、治安のよさ

ネパールでは、ヒンズー教や仏教、イスラム教など、沢山の宗教や信仰が混在しているため、八百万の神を持つ日本人のように、他者を認め受け入れる心に溢れています。

ネパールの人々はとても親切であり、友好的でもあるので、一人旅でもすぐに現地の人々との交流が持てます。泊まった先のホテルや、ゲストハウスのスタッフと仲良くなった、入ったお店の店員と旅行から帰っても連絡を取り合っているなど、ふとしたきっかけで現地の人々との交流が生まれるのも、ネパールならではです。

ネパールの人々の中には、日本語が話せたり、日本語を勉強している学生も多いため、日本人旅行者との出会いを、とても喜んでくれる人さえいます。

学生や若者は、流ちょうな英語を話す人も多く、コミュニケーションに問題はないでしょう。安全への最低限の注意を払いながら、現地の人々との交流を楽しんでみてはいかがでしょうか。

世界でも類をみない自然と文化の多様性を楽しめるネパールの観光地

旅行と言えば、欠かせないのが観光です。

ネパールは、観光に於いても大変魅力的な国です。
首都カトマンズには、数多くのヒンズー教寺院や仏教寺院があり、世界遺産になっている壮観な寺院から、土着の信仰に基づくものまで、少し歩くだけでも、その民族性や信仰の厚さをうかがい知ることができます。

長い歴史の中で築かれてきた古い街並みや、バザールと呼ばれる沢山の小店が並ぶ通りは、一日中いても飽きません。

そして、カトマンズからバスで日帰りでも移動できる範囲には、古都パタンやバクタプルといった、見事な建築物や、彫刻、絵画といった文化的にも豊かで、有名な観光地もあります。

カトマンズの喧騒から離れ、文化や歴史を感じながらの情緒ある一人歩きもお勧めです。日本人の持つ、文化的要素や信仰心とはまた違った、でもどこか懐かしく感じるような、建物や人々の佇まいに出会えることでしょう。

もう少し都会的な雰囲気や観光を求めるのであれば、カトマンズから西へ約200キロの景勝地、ポカラがお勧めです。

大きな湖のほとりには、レストランやホテル、様々なお店が並び、世界各国から観光客が訪れます。人気の秘訣は、大きな湖と共に仰ぎ見る壮観なヒマラヤ山脈です。8000メートル級のヒマラヤをすぐ近くに見られる上に、気候は温暖で、とても過ごしやすいのが特徴です。

パラグライディングやグライダーでのフライトなど、アクティビティーが充実しているのも、人気の秘密です。

一風変わった観光がしたい方には、世界遺産に登録された、中央ネパール南部の、チトワン国立公園が良いでしょう。数多くの動物と、壮大な自然、先住民族の平原ならではの暮らしなど、一度に沢山の見どころが堪能できます。

ネパールの醍醐味山歩き

ネパールと言ってまず思い浮かぶのが、ヒマラヤ山脈という人も少なくないでしょう。

ヒマラヤと言うと、エベレストなどの何千メートルもある、登山家でないと登れない高い山々のイメージを持ちますが、バックパック一つで、旅行に来るような旅行者でさえ楽しめる、山歩きのコースが沢山あります。

街中には、必要な衣類や道具を安価でレンタルしてくれるお店もあって安心です。1泊2日のミニトレッキングから、2週間にもわたる本格的なコースまであるので、自分の体力や旅程と相談しながら、忘れ得ぬ思い出作りをしましょう。

間近に迫る雄壮なヒマラヤの山々を眺めながらの山歩きは、人生観をも変えてくれるかもしれません。

ただ安全のためにも、現地で旅行会社のツアーに申し込んだり、ホテルやゲストハウスで仲間を募るなどして、グループで行くことをお勧めします。

旅行の醍醐味、グルメ

日本で、インドやネパールのカレー屋さんを見ることは、もはや珍しくなくなりましたが、本場ネパールで食べるカレーこそ、美味しいものはありません。

インドほど唐辛子を使わないのであまり辛くなく、意外なほどあっさりとして美味しいのです。ネパール人の日常食、ダルバートとよばれるごはんに、豆のスープ、カレーやおかず、漬物のセットは、日本に帰ってからも食べたくなる、病み付きの一品になることでしょう。

その他にも、多民族国家らしく、チベット料理や、ネワール料理といった、特殊で洗練された食文化を味わうことができます。

ネパールの人々にならい、手で食べてみると良いでしょう。慣れてくると、食事は味覚だけでなく、触覚も大切であり、美味しく味わう要素であることがわかってきます。

一人旅でも臆することなく入れる庶民的なお店も多く、また、現地の人が利用するような所にこそ、真のネパールを見いだせることでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-,

関連記事

源泉かけ流しがおすすめ!スーパー銭湯の楽しみ方

スーパー銭湯はここ数年間で各地に誕生している娯楽施設ですね。 楽しみ方もさまざまで、多種多様な浴槽や露天風呂でサッパリした後は、館内にある飲食店でお腹を満たしたり、休憩室でのんびりと寝転がったり、マッ …

アメリカ・カンザス州のおすすめ観光スポット

カンザス州おすすめの観光スポットは、セジウィック群立動物公園(Sedgwick County Zoo)です。

キングストン(ジャマイカ)のおすすめ観光スポット

ジャマイカのキングストンへの観光旅行を計画する方の多くは、映画の影響を大きく受けている事が多く、中でもキングストンのジェームズボンドビーチは、人気観光スポットになっています。

山口県のおすすめ温泉地3選

明治維新まで山口県は長州藩と呼ばれ、毛利氏によって治められていました。明治維新の際に、長州藩出身の多くの志士が活躍して、薩摩藩と共に近代日本の形成に貢献したことで知られています。 山口県内には多くの温 …

知識が広がる!凧の博物館の魅力とは?

凧の博物館は、東京都内、日本橋1丁目にある有名な老舗洋食レストラン「たいめいけん」5階にあります。 日本国内の凧は勿論、古今東西、世界各国のあらゆる凧のコレクションが3000点以上、展示されているので …

楽天モーションウィジェット