海外デビューにおすすめ!タイの一人旅

タイのバンコク
海外旅行にある程度慣れてはいるけれど、一人旅はまだ経験がないという方の一人海外旅行デビューでおすすめの国のひとつに「タイ」があります。

スポンサーリンク

一人旅で行くタイの魅力

近い!安い!お気軽に行ける国

東京から飛行機で直行ならば6時間程度で到着し、時差も2時間しかないので時差ボケになる心配もありません。

タイはここ数年で首都バンコクの開発が目覚ましく、高層ビルや高級ホテルが立ち並ぶ一方で、古い町並みも残っており、情緒が楽しめる国です。

もちろん日本とは事情が違うので治安の面等で気をつけなければならない部分はありますが、タクシーや電車などの交通手段も発達していて、国内の移動も楽にできます。

そのうえ日本と比べて物価がずっと安いので、プチ贅沢を楽しんでしまいましょう。

週末や連休を利用すれば仕事が忙しい人でも比較的気軽に行かれますし、何よりも格安航空券が充実しているのが嬉しいですよね。

タイに着いたら何をしようかなと考えている方、一人旅は気ままに行動できることが最大のメリットですよね。

お寺観光もよし、高級ホテルを楽しむもよし、勿論グルメは欠かすことができません。

どこから攻略していくかは人それぞれですが、どうせなら全部体験してしまいましょう。

バンコクの見どころは意外とコンパクトなので、ホテルにチェックインして荷物を置いたら早速街に繰り出してみましょう。

日本とは違ういろいろな発見と体験ができるはずです。

ただし、タイは暑いので服装には気をつけましょう。

日本と同じようにクーラーが効き過ぎている建物もあるので、薄手のカーディガンなどを出かける際にいつも1枚持っていると重宝するでしょう。

遅寝早起きで丸ごとタイを満喫しよう

タイの見どころと言えば、まずは数ある「お寺」です。

旅行中多くのお寺を目にすることがあると思いますが、中でも王宮や暁の寺院と呼ばれるワットアルンは見逃せないお寺です。

ただし、寺院によっては服装に基準があるので肌を露出したような格好では行かないようにしたいものです。

旅行中は是非早起きをして、バンコクで有名な「水上マーケット」に行ってみてはいかがでしょうか。

小舟にたくさんの果物や商品を載せて商売をしているところを見ることができます。

運河の上に家を建てて住んでいる水上生活者の様子もわかりますし、素敵なお土産が見つかるかもしれません。

個人で船着き場まで行ってチケットを購入することもできますが、言葉の問題もあるので心配だという方は日本からも申し込みができるツアーに参加すると便利で安心です。

一人旅なのだから、なるべく全部自分でやりたいと思う方もいるかもしれませんが、一人旅だからこそ、利用できるツアーは事前に予約することで効率よく観光し、時間を節約するということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

水上マーケットの他にも象に乗ることができる体験ツアーや、古都アユタヤを観光するツアーなどさまざまなオプショナルツアーがあるので、上手に利用することで旅行の楽しさが倍増するかもしれません。

タイの魅力は夜遅くまで続きます。

ディナークルーズに参加して朝とは違う川からの長根を体験したり、1日の疲れを癒すためにマッサージに行ってみてはどうでしょうか。

丁寧なマッサージを驚くほど安い価格で受けることができます。

気持ちが良すぎてマッサージの途中で眠ってしまう人も少なくはありません。

少しのタイ語でひとりごはんも心配なし!

そしてやはりタイといえば、タイ料理。

少しピリッと辛い料理の数々は日本人の口に合うこと請け合いです。

一人旅だからとレストランに入りにくいということなどありません。

タイにはひとりでも気軽に入れるレストランやカフェがたくさんあります。

有名レストランから街角のカフェまで、どこに入ろうか迷うくらいでしょう。

そして毎日タイ料理ばかりで飽きてしまったという方もご安心ください。

日本食やイタリアンなど、世界の料理を出すレストランも充実しています。

1日歩き回ってレストランに行く気力がないという方。

大丈夫です。

タイにはコンビニという強い味方があるので、簡単なものを買ってきてホテルの部屋でくつろぎながら食べることもできるのです。

このようにタイはたくさんの魅力を持った、とても親しみやすい国です。

旅行期間に余裕がある方はビーチリゾートだってできてしまいます。

時間に制限があるという方は、旅行のテーマを決めて何回かに分けてタイを訪れるという方法もありますよね。

一人旅なら思いのままにプランを立てられるところが強みですよね。

そこでひとつおすすめしたいのが、旅行に行く前にタイ語を少し勉強しておくということです。

タイは英語があまり通じないということもありますが、それよりも現地の言葉で「こんにちは」や「ありがとう」が言えたらそれだけでも素敵ですよね。

大らかで優しい性格のタイ人とも仲良くなれるのではないでしょうか。

それに言葉が通じた時の喜びはひとしおですよね。

たとえ短い期間でもタイで「暮らした」良い思い出になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

江戸ワンダーランド日光江戸村を家族旅行で楽しむ3つのポイント

江戸ワンダーランド日光江戸村は、栃木県日光市にある江戸時代の文化を体験出来る江戸エンターテイメントテーマパークです。 広大な敷地に街道、宿場町、商家街、武家屋敷、忍者の里といった本格的な江戸の街並みが …

千葉県のおすすめ旅行スポット

関東地方に属する千葉県は、房総半島と関東平野の南部にまたがる地域で、日本で唯一、海抜500m以上の山地がない県でもあります。 そんな千葉県のおすすめスポットを、いくつかご紹介致します。 スポンサーリン …

毎分約32,000リットルの湧出量を誇る「伊東温泉」の楽しみ方

伊東温泉は、伊豆半島の伊東市にある温泉で、平安時代に開湯された、長い歴史を持つ温泉です。 江戸時代には、3代将軍徳川家光公に献上湯が行われました。 明治時代後期以降は、機械掘りにより泉源の数が増えて、 …

荘厳な雰囲気でリラックス!老舗旅館に泊まろう

旅行の中でも宿泊をメインにする人の場合、中には老舗旅館に泊まりたいという考えの人もいます。 老舗旅館とはいえ、現代的でモダンな内装の場合も多かったり、歴史的な建物を楽しんだり、歴史そのものを楽しめると …

花見をするならここがオススメ!「飛鳥山公園」のみどころ

東京の桜の名所として、人気のある場所のひとつが、北区にある飛鳥山公園です。 飛鳥山公園が、実はとても歴史のある行楽地であるということをご存知ですか。

楽天モーションウィジェット