春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「デニムと合わせる」

きちんと感のあるトレンチコートに、カジュアルな印象のデニムパンツを合わせると、きれいめカジュアルスタイルが完成します。

スポンサーリンク

トレンチコートとデニムパンツできれいめカジュアル

あまりラフになりすぎないとあって、大人の女性でも着こなしやすいのがポイントです。 例えば、ダメージデニムのような少しハードな雰囲気のボトムスを合わせても、大人カジュアルなコーディネートが仕上がります。

そしてスキニーデニムを合わせる際には、足元をヒール高めのパンプスにするだけで、ぐっとレディな魅力が高まります。

また、抜け感を意識すると、トレンドのボリュームのあるボトムスも、簡単に着回し出来ます。デニムガウチョパンツの場合、足首を見せる事が出来るような、ローカットスニーカーなどを合わせると、カジュアル感を損なわずに、抜け感を演出する事で、大人っぽさに繋がります。

さらに、デニムのサロペットのような、着回し方によっては幼く見えてしまうアイテムも、裾をロールアップして足首を見せると、大人の着こなしに仕上がります。

足首の華奢な部分を見せると、女性らしさが高まるだけでなく、脚全体の細見せにも繋がり、まさに一石二鳥です。この時も、より大人っぽさを高めたいのであれば、ヒール高めのパンプスをチョイスすると良いでしょう。

海外セレブのようなコーディネートを楽しみたいという方は、足元にフラットシューズをチョイスしましょう。

フラットシューズは、エフォートレスなスタイルにピッタリのアイテムです。トレンチコートもきちんと着るのではなく、あえて着崩す事で、よりエフォートレスな雰囲気が高まり、オシャレに仕上がります。

トレンチコートにデニムスカートでアクティブに

トレンチコートにデニムスカートを合わせると、正統派カジュアルスタイルが完成します。

また、スカートの着丈を問わず着回し出来るアウターとあって、非常に役立つ事間違いありません。 デニムミニスカートの場合、ソックスとスニーカーを組み合わせると、アクティブで若々しい印象の着こなしに仕上がります。

同じソックスでも、パンプスを合わせると、ガーリー度が高まります。そして、タイツとローファーを合わせると、落ち着いた雰囲気が演出できます。

このように、足元の組み合わせ次第でも、着回しの幅が広がります。

デニムロングスカートの場合、トレンチコートの丈とロングスカートの丈を合わせると、バランス良く着こなせます。そして、ペンシルスカートのような、タイトなシルエットのロングスカートをチョイスすると、より女性らしさが高まります。

さらに、爽やかさが欲しいという方には、ホワイトのデニムロングスカートがオススメです。

丈を問わず、ホワイトのボトムスは爽やかな印象をコーディネートにプラスしてくれます。トップス、スカート、スニーカーとあえてインナーをオールホワイトでまとめ、トレンチコートを羽織ってもオシャレに決まります。

個性をアピールしたい方は、全体的にロング丈を意識すると良いでしょう。

アウターもボトムスもロング丈の場合、トレンドライクなゆるずるコーディネートが完成します。ただし、ロング丈でボリュームがある分、どうしても重たいコーディネートに見えてしまいがちです。

そこで、重たく見えすぎないよう、差し色でコーディネートを軽くする工夫が必要です。

トレンチコートとデニムジャケットのレイヤードスタイル

アウターのレイヤードスタイルというと、パーカーをインナーに着るといった、着回し術が一般的です。

しかし、オシャレ上級者を目指すのであれば、トレンチコートのインナーに、デニムジャケットをレイヤードするスタイルがオススメです。

デニムジャケットをインナーとして合わせると、鮮やかなブルーがコーディネートの重さを少し軽くしてくれます。特にダークなトップスを合わせる機会が増える秋冬などに合わせれば、防寒対策は勿論、コーディネートの重さを軽くするという事でも、非常に役立ちます。

また、難しいデニムオンデニムスタイルも、簡単に決まるのがこのレイヤードスタイルの魅力です。

トレンチコートをそのまま羽織っても、肩掛けしても、きれいめな印象に仕上がります。どうしてもラフなコーディネートになりすぎてしまうという方にとっても、嬉しい着回し術と呼べるでしょう。

さらに、袖口からデニムジャケットを覗かせる事で、コーディネートのワンポイントにするというのも、オシャレ上級者ならではの着回し術です。

コーディネートがシンプルにまとまりすぎてしまった時などに、是非デニムジャケットを、インナーとして取り入れてみましょう。

シンプルなコーディネートも、トレンド感のあるオシャレ上級者の着こなしにアップデート出来ます。

しかもデニムジャケットは、アウターのカラーを選ばないとあって、どのようなカラーのアウターであっても、インナーとしてしっくりと馴染んでくれるのが魅力です。

その為、誰にでもチャレンジしやすい着回し術なので、是非一度試してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

40代の女性のための上品プチプラコーデ術

40代は、子育てがひと段落した主婦や、子育て真っ最中の主婦や、キャリアウーマンで仕事にばりばりの女性など、さまざまな世代のいろいろな職種の女性がいます。 同じ40代でも、童顔に見える人や、大人っぽく見 …

レースアップの最新デザインをチェック!

クラシカルなレトロ、ゆるファッション、そしてレースアップというのも、今トレンドになっているデザインとして注目されています。最新のデザインとして、靴にも取り入れられています。 おしゃれをしたいなら、足元 …

プチプラアイテムでもオシャレに見える!「チノパン」

プチプラでも大人気のチノパンは、流行廃りのないベーシックなデザインなので、長く愛用できるアイテムです。 合わせる服のテイスト次第で、違った着こなしが楽しめるところもチノパンの魅力ですが、そんなプチプラ …

モテる20代・30代の必須アイテム「モノトーン」

ファッションアイテムの中でも人気があるのがモノトーンのアイテムです。 誰でも1つは持っているアイテムだとは思いますが、これがあるとコーディネートの幅がさらに広がります。 スポンサーリンク モノトーンと …

「大人の差し色」の取り入れメソッド:時計のベルトを思い切る

若者を中心に、毎日着る服のコーディネートやオシャレに気を使っている人は多いでしょう。 アパレル系の仕事に就いている人であれば、自分なりの個性を生かした、スタイリッシュでオシャレな着こなしが得意ですが、 …

楽天モーションウィジェット