トレンドアイテム、ワイドパンツの合わせ方

ここ数年、トレンドのワイドパンツは、ワードローブに1つあると、かなり着回せる便利なアイテムです。

普段フェミニンな服装の人も、カジュアルな人でも、合わせる服を選ばずに組み合わせられて、ちょっとおしゃれになれます。

スポンサーリンク

フェミニン派の着回し方

普段ワンピースやフレアスカート、カーディガンなどのフェミニンなファッションが好きな人は、ワイドパンツにはちょっとチャレンジしにくいでしょう。

しかし、そんなかわいい系が好きな人にも、ワイドパンツはいつもの印象とちょっと変えられるため、おすすめです。

例えば、ワイドパンツの中でも、色は黒やベージュ、ピンクなどの取り入れやすい色を選びましょう。また、デザインも適度にボリュームがあって、ウエストマークがされているものだと、合わせやすいです。

カーキなどのカジュアルな色のものや、イエローやレッドなどの鮮やかな色は、ちょっと上級者向けなので、まずは合わせやすい色からチャレンジしてみましょう。

いつも着ているお気に入りのレースのトップスに、黒やグレーのワイドパンツは、相性抜群です。いつもは、フレアスカートやタイトスカートを合わせるところを、ワイドパンツに変えるだけで、コーディネートにギャップが出せます。

フェミニン派の人のファッションの悩みで多いのが、いつも同じような印象のコーディネートになってしまうということです。

かわいい服装は、万人受けするものの、なんとなくいつも変わらない印象になりがちなのは、否めません。

そこに、ワイドパンツを取り入れれば、かなりトレンド感を出せますし、デートにも普段とのギャップが出せて使えます。

今年トレンドのチェック柄のワイドパンツも、プレッピーでカジュアルになりすぎないので、おすすめのアイテムです。

カジュアル派は毎日でも履ける

カジュアル派の女性には、ワイドパンツは毎日でも履けるぐらいとても重宝します。

ワイドパンツは、ガウチョほどは緩くなりすぎませんし、テーパードパンツほど通勤っぽくないので、ちょうどいい雰囲気で履けます。

夏なら、Tシャツやノースリーブのブラウス、冬ならニットやスエットなど、デイリーなトップスと合わせやすく、トップスをインすることで、カジュアルになりすぎないので、おしゃれな雰囲気も出せます。

そのため、普段カジュアルなコーディネートが多い人は、何本もワイドパンツを持っているという人も多いです。

着回すことを考えると、黒やグレー、カーキなどのベーシックな色がおすすめですが、2本目を買うならピンクやイエローなどの、流行りのカラーや、チェック柄やドット柄などの柄物もかわいいです。

周りともかぶりませんし、無地のトップスなら合わせやすいので、柄物でも十分重宝します。

ワイドパンツは、お休みの日のスタイルにはもちろん、通勤スタイルにもかなり使えます。シャツやシンプルなニットと合わせるだけで、ちょっと今年っぽくなるので便利です。

下半身のスタイルに自信がないという人も、うまくカバーできるのでおすすめです。

合わせる靴は、フラットシューズでももちろんいいのですが、ヒールのあるパンプスを合わせると、簡単にスタイル良く見せられるので、下半身コンプレックスがある人にはぴったりです。

色や素材を変えて、2.3本あるとかなり使いまわせます。

ジーユーやユニクロのプチプラアイテムも万能

ワイドパンツは、その人のスタイルに合ったものを履くと、スッキリ見えますが、大きすぎるものだと太く見えたり、小さめだとなんとなくスタイルが悪く見えます。

そのため、ゆるいボトムとはいえ、サイジングが非常に大事になります。

そうなると、ブランドのものがいいのかなと思いがちですが、ジーユーやユニクロなどはサイズ展開がされているので、優秀なワイドパンツがたくさんあり、おすすめです。

ほとんどの商品がS、M、Lとあり、丈やウエスト、ヒップがそれぞれサイズが異なっています。

ウエストは、ベルトやウエストマークがついているものが多いので、ヒップのシルエットで合わせるのがおすすめです。

ワイドパンツは、後ろ姿がだらしなく見えてしまうことがあるので、必ず後ろ姿をチェックした上で、購入しましょう。

ジーユーやユニクロの他にも、ローリーズファームやZARAなど、サイズが展開があり、はやりの要素がうまく取り入れられているのでおすすめです。

一口にワイドパンツといっても、最近は素材がベロアなどの変わったものだったり、サイドにスリットが入っていたりと、デザインの幅はかなり広がっています。

シンプルなものだけでなく、コーディネートの主役になってくれるものもたくさんあるので、華やかさをプラスしたい時にもぴったりです。

リーズナブルでもおしゃれに履けるものがたくさんあるので、はやりの商品をいろいろと揃えたい、おしゃれ好きな女性にもいいでしょう。

最後に

ワイドパンツは、もはや定番のボトムの1つですが、最近は定番のデザイン以外のものもたくさん出ています。

他の人とちょっと差をつけられるディティールのものも出てきているので、着回しも意識しつつ選んでみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

ハットでコーディネートに遊びを加える♪

おしゃれアイテムの一つとして、ハットは一段上のおしゃれを楽しむことができますが、おしゃれ度が高いゆえに、コーディネートをすることが難しかったり、かぶることになかなか勇気がいるアイテムの一つでもあります …

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「ワイドパンツと合わせる」

トレンドが続いているワイドパンツですが、スキニーパンツなどの細身のボトムスとは違って、全身のバランスを取るのが難しく。アウターに悩むところです。 しかし実は、ワイドパンツはポイントをおさえると、どんな …

季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!インナーはシンプルに

どんなファッションにも使える、万能なアイテムカーディガン。 コーディネートによって、様々な取り入れ方ができますね。割と、どんな服にも合わせやすいアイテムですが、中に着るトップスとの相性は大切です。

もう失敗しない!プチプラコーデの注意点5つ

プチプラアイテムは上手にコーディネートを整えれば、お財布にも優しくていいですね。 その一方で、すぐに安っぽいと見破られたり、なんだかイケてないファッションになってしまうこともあります。 そんなプチプラ …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【親子遠足】

数多くある行事の中でも、子どもが幼稚園に通う間だけ楽しめるのが「親子遠足」です。 子どもが小学校に上がると、親子で一緒に遠足に行く機会はまずありませんので、ママとしては大切にしたい行事と言えます。

楽天モーションウィジェット