トレンドカラー!ネイビーのアウターを使ったコーディネート

ネイビー(紺)は、制服でもよく使われている色ですが、落ち着きや気品のある色です。

そんなネイビーのアウターは、色々な場面で活かせる万能アイテムです。

ワントーンにまとめるも良し、モノトーンにまとめるも良し、ビビッドカラーを差し色に持って来るのも有りです。

また、夏しか出番がないと思いがちな白のパンツも合います。

スポンサーリンク

ワントーンにまとめるコーディネート

ネイビーのダッフルコートの下には何を着ようか、ワントーンじゃおかしいかなと思う人も少なくありませんが、大丈夫です。ワントーンも、有りです。

紺のクロプトパンツなどで、スッキリとまとめても良いし、スニーカーではなく、ヒールのある靴を履くと、少し大人の雰囲気になります。

一気に大人の雰囲気を出すのはちょっと恥ずかしなという人は、ネイビーのダッフルコートの下に、紺のセーターでワントーンにまとめて、靴だけいつものスニーカーではなくローヒールのパンプスなどにして、カジュアル大人にするのも、おすすめのコーディネートです。

丈が短めのネイビーのジャケットや、ダッフルコートの下に、紺のセーターやカットソーを合わせて、茶系のブーツを差し色にするのもおすすめです。

スリムパンツの裾を中に入れても、格好いいですね。

ネイビーのトレンチコートは、スーツの上に着ると、通勤着にもなります。中のスーツは、紺でワントーンになってもOKです。

柔らかい素材のトレンチコートを1着持っておくと、上品で清潔感があるので、仕事の時にも何かと重宝です。

ベルトリボンも、色々と結び方を工夫しましょう。後ろで蝶々にする、前で止める、横でさりげなく結ぶなど、ほんの少しの違いで雰囲気が変わります。

ワントーンにする時は、どこかにアクセントカラーを入れると、ベターです。

紺のセーターの下から、チラリと白のシャツをのぞかせたり、帽子やマフラーにビビッドカラーを取り入れても良いでしょう。

マフラーや帽子は、赤やワイン色が一押しです。

モノトーンでまとめてシックに

紺×紺ではなく、モノトーンにまとめるのも、シックで大人っぽくなります。

ネイビーのダッフルコートの下は、グレーのセーター、そして黒のパンツやスカートといった、ファッションコーディネートも一押しです。

ネイビー×黒だと、重くなりすぎる傾向がありますが、グレーを入れることで、それを緩和してくれます。

パンツに、グレーを持って来るのも良いでしょう。グレーのスリムパンツに、マリン風の紺のボーダーのカットソーで、その上にネイビーのロングコートをサッと羽織って、オフィスビルを退社する様は、デキる格好良い女風です。

中の、セーターやカットソーをキャメルやモカ、ブラウンなどのアースカラーでモノトーンにまとめるのも、シックに着こなせます。

セーターやカットソーに、ダークグリーンなどを持ってきても合うでしょう。パンツやスカートをモスグリーンにしても、シックにまとまります。

セーターやカットソーを、ブラウン系統の色にしたら、その色と同じような色か少し濃い色のブーツを履くと、バランス良くなるでしょう。

モカなどの茶系統のカットソーに黒のパンツ、ネイビーのロングコート、そして茶色系統のブーツなどが一例です。

バッグも、ブーツの色と合わせると良いでしょう。ちょっと差し色に、マフラーは思い切って黄色っぽい色にするのもgoodです。

ネイビーは、色々な色と合わせやすい万能カラーなので、思い切って色々な色に挑戦してみると良いでしょう。

トレンドカラーなだけに、自由に気軽に色々なファッションを楽しみましょう。

白のパンツは夏だけじゃありません

夏に活躍した、白のパンツをタンスの引き出しにしまい込んでいませんか。白は、夏だけの色だ、と思いがちですが、冬でも充分に着こなせます。

白とネイビーは、とても合います。しかしこの組み合わせだと、色の明度の差が、大きすぎると思うこともあるでしょう。

そこで、インナーにグレーやアースカラーを持って来ると、明度の差が大きくなりすぎません。

白のスリムパンツにモカのセーター、そしてネイビーのロングコートで、大人女子の雰囲気をかもし出せます。セーターをグレーやモスグリーンにしても、すっきりと落ち着いた雰囲気にまとまります。

また、少し甘いキュートな雰囲気を出したいのなら、ピンクやオレンジ系等の色や、パステルカラーをインナーに持ってくるのも有りです。

若い子ならビビッドなピンクを、大人女子ならベージュピンクなどの、少し明度を落としたピンクを持って来ると良いでしょう。

青空のように爽やかなサックス系や、淡いエメラルドグリーン、淡いパープル、レモンイエローなどのパステルカラーのインナーも結構合います。

ちょっと甘めに、ちょっとキュートに仕上げたい時に、パステルカラーのインナーはおすすめのアイテムです。

パステルカラーのインナーに白のパンツ、そしてネイビーのコートやジャケットで、あなたの清潔感が一層アップするでしょう。

ピンクやオレンジやイエローのような、ビビッドカラーのインナーに白のパンツ、そして上にネイビーのジャケットやコートを羽織るのも有りです。

ビビッドカラーの甘さや、派手さが緩和されます。

「少し若すぎるかな」、「少し派手派手になりすぎかな」などと思った時は、ネイビーのアウターを合わせてみてください。

意外と、スッキリと落ち着くでしょう。

最後に

ネイビーのアウターには、ダッフルコートやジャケット、ロングコートなど色々ありますが、ネイビーは、どんな色にも合わせやすい万能カラーです。

上品で清潔感のある色なので、この冬、ネイビーのアウターは、1着は持っていたいアイテムです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

飽きないコートの着回し術:ショート丈はブルゾン感覚出来る

防寒アイテムで欠かせないのがコートですが、毎日着ているとマンネリになってしまい、着こなし方がわからないという方は、ショート丈のコートの場合は、ブルゾン感覚で着用するとカジュアルにもスタイリッシュにも着 …

流行のチェック柄、小物で取り入れよう!

秋冬になると、何故か欲しくなるのが、タータンチェックや千鳥格子のアイテムです。 でもいきなりコートやワンピースを購入するのには、ちょっと勇気が要るという意見も多数見受けられます。 そんな時は、まず気軽 …

年齢に合わせたおしゃれなコーディネートの仕方

おしゃれは楽しいですね。 本人にとってはもちろん、見る人にとっても楽しく気持ちのいいものです。 ですが、年齢と共におしゃれが難しくなることがあります。 自分自身が年齢を重ねるにつれ変化して、似合うと思 …

忙しい朝のお助けワザ!時短・簡単ヘアアレンジ

会社や学校に行く前に、優雅に準備が出来るという人は少ないと思います。 いろいろと準備をしないといけないですし、毎日ヘアメイクはするものの、あまり時間をかけれないこともあるでしょう。 もしくは、全く時間 …

洋服選びに迷う事がなくなる基本のアイテム!「クラシックなドレスパンツ」

ドレスパンツというアイテムを上手く着こなすためにはまず、小物の色の組み合わせをしっかり考えることが大切です。 この洋服は、小物のバランスや組み合わせるアイテムの色遣いを間違えてしまうと、本来持っている …

楽天モーションウィジェット