トレンドカラー!ピンクのボトムスを使ったコーディネート

ファッションを今風、ブームに合わせるには、トレンドカラーを取り入れるのが良く、今期はピンクの人気が高まっています。

女性らしさを表現するカラーですが、ポイントはバランスになり、トップスよりもボトムスに使用する方が、着回しが良いです。

スポンサーリンク

スカートは女性らしさを強調するアイテムです

ファッションのブームは、毎年変わっていくもので、今年はピンクがトレンドのカラーとなっています。そこで、女性らしさを強調するスタイルなら、ボトムスをスカートにすることがおすすめです。

ミニスカートからロングスカート、フレアー、タイトなど、スカートといってもさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります。

また、色味も明るいショッキング系から、落ち着いたサーモン系などバラエティが豊かです。

若々しく元気な印象を出したい時には、明るいピンク色のミニスカートが良く、トップスはガーリー傾向にするならブラウス、カジュアル感を高めるならТシャツを合わせてください。

カラーは、白や黒といったシンプルなものがよく、組み合わせやすくなります。

足元も、スタイルに合わせてスニーカーからパンプス、サンダルやブーツなど、さまざまなものが合わせやすいのも特徴です。

大人の女性らしさを印象付ける時には、膝丈のタイトやロングフレアーなどがよく、トップスはシャツやブラウスでシンプルにまとめるのが良く、色合い的に、やや子供っぽくなるところを打ち消してくれる効果があります。

足元は、パンプスやハイヒールで、ビジネスウーマン風のスタイルを作り出すのも魅力的です。

スカートそのものが、女性らしさを強調するアイテムなので、どのようなスタイルでも、柔らかな印象を与えてくれます。

シーンを限定せず着こなせるので、一枚持っておくと、さまざまな状況で役立ってくれるはずです。

ガウチョパンツで機能性をアップ

ここ数年人気が続いているのが、ガウチョパンツやスカーチョといった、裾に向かって広がっていく、スカートとパンツを合わせたボトムスです。

パンツスタイルよりも女性らしさがあり、体型のカバー効果も高く、若者から高齢者まで着やすいのが、特徴のひとつになります。

このガウチョパンツをピンク色にすると、ボーイッシュな印象から、ガーリッシュ感が強まります。

薄めの色合いなら軽やかに、濃い目の色は重厚感を与えるので、目的に応じて使い分けると、シチュエーションに応じた組み立てができて、持っていると便利なアイテムです。

トップスは、Тシャツからブラウス、ポロシャツなど、どのようなものでも合わせやすく、カジュアルアイテムですから、こだわりは特になく、さまざまなパターンを合わせてみると面白いです。

キレイめ系を目指すなら、白や黒、アースカラーのブラウスが良く、逆にカジュアルテイストなら、ポップなカラーのТシャツがおすすめになります。

ガウチョパンツはロング丈ですから、下半身が重たくなる印象があるかもしれません。そのため、トップスに軽さを出すのがよく、全体的なバランスを考えて組み合わせていくと分かりやすいです。

また、帽子やベルト、スカーフといったアイテムを取り入れるのも良く、下半身の重さを軽減させるようにコーディネートしていくと、選びやすくなります。

カジュアルテイストでありながら、ピンク色にすることで、女性らしさをイメージさせやすくなるのが特徴です。

パンツスタイルもおすすめです

ボトムスにピンク色を利用する時に、ジーンズやパンツもおすすめです。

パンツスタイルは、ボーイッシュ系の定番アイテムですが、ピンクにすることで、ガーリッシュな印象も付随することができるので、上手く活用すると着回しのアレンジが広がります。

ピンクは、暖色で膨張の効果があるので、可能ならスリムタイプがおすすめで、ストレートだと人によっては、下半身が太って見えてしまうかもしれません。

ポイントとしては、太めの濃い色のベルトをする、スカーフなどを差し色にしてください。

また、ハーフサイズや膝上など丈が短いタイプですと、太って見えることが少なくなるので、おすすめになります。

パンツをピンク色にした場合、クラシカルな印象とは遠ざかり、カジュアル感が高まりますので、トップスはТシャツや開襟シャツなどがよく、引き締め効果を狙うなら黒や濃紺などのダーク系、調和を考えた場合は、白や黄色などを合わせるといいです。

ミニ丈のパンツの場合は、下に黒のレギンスを履くと、色合いの効果で細く見えるようになります。

また、逆にオーバーオールなどは、大きめの方が可愛らしく、体型をカバーしてくれるので、誰でも着やすくおすすめです。

明るくポップな色合いは、カジュアルシーンにぴったりなので、遊び着として持っておくと、幅広いコーデを楽しめます。

足元も、スニーカーやパンプスなど、手持ちの靴を合わせられるので、自分のプロポーションを考えて選ぶのが良く、おすすめです。

最後に

ピンク色は、女性らしさを強調してくれて、ボトムスに使う場合は、完成されたイメージに合わせることが大切です。

女性らしさを強調するならスカート、ラフならガウチョパンツ、ボーイッシュ系ならパンツルックと、組み合わせやすいのが魅力になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

一目置かれるお洒落コーデ!「ジョガーパンツをメンズライクに着こなす」

今や定番のファッションアイテムになったがジョガーパンツですが、名前のジョガーがジョギングをする人を意味するように、 運動する人が履くような感じのパンツを指します。運動用のパンツすべてをジョガーパンツと …

シンプルでエレガント!ノーカラーコートの冬コーデ

冬のアウターには様々なものがありますね。 最近のレディースファッションではノーカラーコートがトレンドとなっており、街でも少なくない確率で着こなしている方がいたりします。 スポンサーリンク ノーカラーコ …

革の鞄を長持ちさせるお手入れ&保存方法

革の鞄は上手く使い込む事で長持ちしますし、風合いが増して見た目も良くなります。長持ちさせるコツは、適切なお手入れと保存をする事です。 専用の道具を持っていれば、誰でも簡単にできますので、大切な革の鞄を …

美人度がUPするアイテムの使い方!~ベルト~

ファッションのコーディネートにおいて、ファッションアイテムやアクセサリーの使い方は大切です。 同じファッションアイテムやアクセサリーを使っていても、全体的なバランスを考えずに使っていきますと、アンバラ …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「ロングカーディガン」

肌寒い日には、厚着をするよりも羽織ものを持ち歩くことで、温度調節がしやすくなります。 肌寒い日だけでなく、夏の暑い日も、スーパーマーケットやレストランなどの冷房対策などで持ち歩いていると、便利なアイテ …

楽天モーションウィジェット