トレンドカラー!ピンクのトップスを使ったコーディネート

ピンクを取り入れたファッションは、男女問わず人気ですが、日頃着なれない方は、どう合わせていいのか悩むカラーでもあります。

ボトムも、甘めのスカート等にしてしまうと、媚びてる印象になってしまい、大人の女性は敬遠しがちです。

そこで、トレンド感のあるおしゃれな着こなしを、ご紹介します。

スポンサーリンク

ピンクはスモーキーカラーを選ぶ

ピンクといっても、様々な種類があります。ショッキングピンク、サーモンピンク等、濃淡だけでなく色味も様々です。

トレンドカラーになっているのは、青みがあり淡いくすんだような、スモーキーカラーなので、手元にない方は、まずはそこから選びましょう。

スモーキーピンクであれば、単体でも落ち着いた印象があるので、大人の女性も抵抗なく取り入れられますし、甘めのコーディネートをしても締まるので、若い女性にも人気です。

普段着なれない方にも取り入れやすいので、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

トップスに、スモーキーピンクを選ぶと、青みがかった色が、肌色をより白くみせ、透明感がでるのでトレンド感以上の効果が期待できます。

注意点としては、胸元が大きく開いているようなタイプだと、セクシーになりすぎてしまうので、ボートネックや首がつまっているものを選びましょう。

全体的にタイトよりも、袖が広がっていたり、ふんわりしたシルエットのものの方が、今季は合わせやすいです。

小物や靴にもピンクや、反対色の派手な色のものを選んでしまうと、全体的に散らかってしまうので、落ち着いた色のものや、ボトムに合わせた色を選ぶと良いです。

同じピンクでまとめたつもりでも、先ほどお伝えしたように、様々な種類があるので、注意しないとちぐはぐな印象になってしまいますので、注意が必要です。

とはいえ、合うカラーも多いので、難しく考えずにポイントを抑えれば、簡単におしゃれにきまります。

ワントーンコーデに最適

白いボトムスに合わせると、簡単にトレンドのワントーンコーディネートが完成するので、おすすめです。

靴も、白やベージュなど、全体的に淡い同じ色合いでまとめましょう。ワンコーデといっても、すべて白でまとめてしまうと、ぼやけてスタイルも悪くみえてしまうので、かなり難易度が高いです。

トップスにピンク、ボトムスに白、靴はベージュのパンプス等、グラデーションになるように合わせれば、洗練された印象になります。

おすすめのボトムスは、ワイドパンツです。ワイドパンツもトレンドなので、スモーキーピンクと合わせれば、一気にあか抜けたおしゃれな印象になります。

全体的にゆるいシルエットのものが今季は多いので、トップスは前だけでも必ずインして、スタイルアップしましょう。

それでも、全体的に淡い色合いになる分、太って見えてしまう場合があるので、首、手首、足首の3首をだして、女性らしいシルエットになるようにしましょう。

ワントーンでも、スタイルよくすっきり着こなせます。

ピンクは、ゴールドともシルバーとも相性がいいので、アクセサリー選びも難しくありません。

華奢なゴールドのアクセサリーを選べば、より女性らしくみえますし、反対に少し男性的なゴツめのシルバーアクセサリーと合わせると、ピンクでもかっこよく着こなせます。

また、パールもとても合うので、柔らかい印象にしたい場合は、1粒パールのピアスや、パールのロングネックレス等のアクセサリーを合わせると、上品に仕上がります。

ブラックと合わせて大人可愛さを

ボトムスに、黒を合わせると、ピンクの甘い印象を緩和しつつも、モノトーンよりは可愛らしさが出るのでおすすめです。

スカートの場合は、ひざ下丈のふんわりしたものを選んでも、甘くなりすぎませんし、ミニ丈でもかっこよくなります。

パンツは、ワイドパンツにするとトレンド感がでます。ここでポイントなのが、トップス以外のアイテムを、すべて黒にすることです。

靴もカバンも黒にして、ピンクを引き立てましょう。一気にモード感が高まり、おしゃれにみられること請け合いです。

暗くなりすぎてしまうようで、気になる方は、もう1色入れるとすれば白です。他のカラーだと、ポイントがどこかわかりにくくなってしまい、ぼやけた印象になってしまいます。

また、ピンクの分量が多すぎると、派手な印象が強まりすぎてしまうので、トップスの丈が長い場合は、インするなどして工夫しましょう。

全身のうち、40パーセント程度に抑えるのが理想です。

ピンクは、デニムとも相性がいいのですが、そのままだとカジュアルになりすぎてしまうので、黒の小物で引き締めるのが良いでしょう。

黒のパンプスと、ハットなどを合わせることで、ピンクとデニムの子供っぽさが消えて、お出かけにも使えるコーディネートに格上げされます。

黒もピンクも強いカラーなので、アクセサリーは控えめにしたほうがまとまりやすいです。

小さなパールのピアスや、華奢なブレスレッド等、コーデの邪魔にならないサイズ、色のものを選びましょう。

最後に

ピンクは、女性をより輝かせ引き立たせる、万能カラーです。

苦手意識があって、しばらく着ていないという方は、大変もったいないです。

組み合わせによっては、とても着やすいカラーなので、トレンドに乗ってぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

行事別!おしゃれママのファッション辞典【発表会】

ママになると、一年を通して様々な行事に参加することが多く、その度に服装に悩むものですが、特に子供の発表会では、ママの服装にも気合が入るものです。 子供ができても、いくつになっても、いつだって素敵に見ら …

女の子でも可愛くかぶりたい!キャップ×ウェットスタイリング

女の子でも、キャップが好きで愛用している人も多いでしょう。 ボーイッシュなコーデにももちろん合うし、ガーリーテイストの時も、外しアイテムとして重宝しますね。 キャップのかぶり方には、どんな事に気を付け …

秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:テラコッタ

今話題の流行カラーでもあるテラコッタは、特に秋に取り入れやすいカラーの一つでもあります。 レンガのような色は、ブラウンともベージュとも違い、アクセントとしても使っていくことができますし、アイテムもいろ …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【親子遠足】

数多くある行事の中でも、子どもが幼稚園に通う間だけ楽しめるのが「親子遠足」です。 子どもが小学校に上がると、親子で一緒に遠足に行く機会はまずありませんので、ママとしては大切にしたい行事と言えます。

夏もまだまだ使える!スカーフのアレンジテクニック

オシャレの定番であり、着こなしのポイントとなる「スカーフ」は、夏でも使える優秀で便利なアイテムです。 スカーフを使ったことがない方でも、シンプルなデザインや優しい色味のものはとても使いやすく、始めやす …

楽天モーションウィジェット