トレンドカラー!レッドの小物を使ったコーディネート

トレンドカラーとして、人気急上昇中のレッド。

洋服にレッドを取り入れてみようかなとも思うけれど、「やっぱり洋服だとレッドの面積が大きすぎてちょっと・・・」という方が多いのも、事実です。

それなら、流行のレッドを小物で取り入れて、いつものスタイルから脱皮してみましょう。

スポンサーリンク

赤いショルダーバッグで小粋に

赤いショルダーバッグがあるだけで、人目を引き付けてくれるインパクトコーディネートが完成します。

例えば、ベージュのワイドパンツに、トップスは黒のレースの袖がふんわりしたブラウス、そして黒いリボンが付いたベージュの麦わら帽子、靴は真っ白なスニーカーというコーデ、アクセサリーは木の実風のユラユラ揺れる自然素材のイヤリング、ここに真っ赤な小さめのショルダーバッグをたすき掛けします。

バッグがなければ、おとなしめの無難なファッションですが、投入された赤いショルダーバッグのドラマチックな演出に、誰もがびっくり驚くことでしょう。

それから、白と黒のボーダー柄のカットソーに、黒のキャスケット、黒のワイドパンツに白いスニーカーという、カジュアルとシックの組合わせに、やはり赤いショルダーバッグを持ってきてあげます。

この黒×白に赤という組み合わせは、まるでパリジェンヌになったかのような、気分を味わうことができるでしょう。

パンツが二つ続きましたので、次はワンピースです。

例えば、黒がベースのちょっと短め丈の花柄のワンピースに黒いパンプス、ここにやはり赤のショルダーバッグです。

ワンピースの花柄の中に、赤が入っていることで、バッグの色とマッチしておしゃれ度が高まります。

注意する点は、どの組み合わせの場合も、赤いショルダーバッグが大きすぎないことです。

できれば、ちょっと小さいかなというくらいの大きさが、バランス的にベストです。

目線を釘付けにする赤いパンプスでドラマチックに

カーキ色のフライトジャケットの中に、胸元をちょっとだけいつもより開いた真っ白なシャツ。

ジャケットもシャツも、襟は立てて、カッコよく。

ボトムスは、ウオッシュタイプのブルーデニムに、ブラウンのベルト。こんなちょっとマニッシュな装いに、赤パンプスを合わせます。

ポイントは、手首と足首の素肌見せで、女らしさを演出して下さい。赤がパンプスだけでは、ちょっと違和感があるので、手首に赤いブレスレットをあしらって完成です。

次は、ふんわりとしたデザインに、大きなリボンが付いた紺色の女の子っぽいブラウスと、スリムタイプのカットオフジーンズとの組み合わせです。

胸元には、ちょっと長めのネックレスが光っています。この組み合わせは、ボトムスがジーンズではあっても、トップスが女性らしいデザインなので、全体的な印象も女性らしくなります。

ここに、真っ赤なヒールパンプスを持ってくると、強烈な印象を与えます。やはり、一番下の部分だけが赤となると、ちょっと違和感がでますので、小技として、マニキュアとルージュも真っ赤で決めてみましょう。

もし、ここにバッグも真っ赤なものを持ってきてしまうと、やぼったくなりますから、注意して下さいネ。

赤という色は強烈なだけに、使いすぎにはいつも気を付けていないと、失敗をしでかすこともあります。

ショッピングの際は、赤い面積が少なめなタイプの小物を探すようにして、気に入ったらちょこちょこ買っておくと、いざという時に大活躍してくれます。

赤スニーカー、うまく使いこなせば上級者

歩きやすく疲れないという実用面からだけでなく、最近ではおしゃれのために、好んで履く人もいるのがスニーカー。

このスニーカーに、レッドを使えたなら、これはもう誰もが認めるおしゃれ上級者さんです。

カーキのジャケットに、中は真っ白なTシャツ、ボトムスはちょっと薄めのスリムなブルーデニム。髪はまとめて、黒のサングラスで決めます。

仕上げに、ベージュ系のトートバッグを手にしましょう。このコーディネートに、赤いスニーカーを投入するというのは、おしゃれ上級者にしかできない裏技です。

この組み合わせは、カジュアルであっても、ただのカジュアルではなく、上級カジュアルです。

次は、ボーイッシュなスタイル。トップスは白×黒のボーダーTシャツの上に、Gジャンを重ね、更にその上にネイビーのジャケットを重ねます。

ボトムスは、ジャケットと同じネイビーのスリムパンツ。そして、白のキャップをかぶります。この組み合わせに、赤のスニーカーを合わせます。

ただ、今回のスニーカーは紐が白、それからつま先部分や靴底となるゴムの部分も白のタイプで、赤の面積が少ないものをチョイスします。

この位の赤の場合、それほどインパクトが強くならず、ちょうどいいおしゃれっぽさで仕上がります。

全体的にボーイッシュなコーディネートですが、スニーカーの赤をワンポイントとして使ったことで、女の子らしさがプラスされて、ボーイッシュになりすぎることも防いでくれています。

最後に

赤は、それ単体で全体の色とするのは強烈すぎて、難易度が高い色ですが、ブラックやグレー、ネイビー、ホワイトなどのベーシックな色と、相性が非常にいい色です。

ベーシックカラーでまとめると無難すぎて、無個性になってしまいますので、ここに赤をワンポイントプラスして、あなただけのキュートな個性を演出しましょう。

赤といっても、ボルドー系からオレンジ系まで色々あるので、ぜひあなたに一番似合う赤を見つけて下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

リアルファーのメリット・デメリット

稲作が始まるよりも以前から人は、動物を狩り、その肉を食べるだけでなく、毛皮もまた防寒のために利用していました。 温暖化が進む中、日本で毛皮が必要なほどの寒さと言うのは、それほどありません。 しかしなが …

冬の重ね着コーデ♪デニムジャケット×ニットコート

寒い冬は重ね着でオシャレをするのにピッタリの季節です。 でも重ね着は意外と難しいですよね。 冬場はせっかく重ね着をしても上からコートを着るので、インナーが見えず、いつもマンネリコーディネートになりがち …

万能アイテム!ボーダーカットソーの選び方:カラー

カジュアルにもガーリーにも着回せることができ、さまざまなコーデに使える定番アイテムであるボーダーカットソーは、見せ方や合わせるボトムス次第で、いろいろな場面で大活躍すること間違いない万能アイテムです。

オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:パンツをロールアップして靴下の色を活用

冷たい北風が吹く寒い冬は、少しでも肌を出したくないものです。春や夏などは、肌の露出を満喫したいという人でも、さすがに冬は暖かいものをたくさん着たいという人がほとんどでしょう。 でも、寒い冬だからこそ、 …

春夏の万能アイテム「ポロシャツ」はトップスが黒ならボトムは白で!

春夏はできるだけ軽やかに、汗ばんだ時に気にならないようなアイテムを選んで着用していきたい季節です。 その季節にピッタリのトップスが、ポロシャツです。

楽天モーションウィジェット