アトランタ(アメリカ・ジョージア州)のおすすめ観光スポット

ジョージア州アトランタで観光旅行の際にはおすすめの観光スポットは多数あり、自然を楽しんだり、歴史ある建物を見物したりと、多彩な楽しみ方が可能となっています。

スポンサーリンク

立ち寄っておきたいポイント

まず、大人気なのは世界的に見ても最大クラスの巨大水槽を誇るジョージア水族館です。

3万トンを超える水量を湛える水槽を有しており、ジンベエザメなどの大型生物が悠々と泳ぎ回っています。

他にもベルーガや子供に大人気のペンギンなどが揃っていますし、珍しい生物も暮らしています。

イルカショーもありますが、日本とはやや趣向が違ったもので、新鮮な楽しみ方が出来るでしょう。

公民権運動で有名なキング牧師の生家であるマーティン・ルーサー・キング国立歴史地区も、日本人観光客に人気のスポットです。

キング牧師の生い立ちや生涯に迫る資料が展示されており、アメリカの歴史や黒人差別の実際、キング牧師の人柄についてなどに、触れることが出来ます。

無料で入場可能なので、立ち寄れる場合には、見学してみるのも悪くないでしょう。

派手なアトラクションというわけではありませんが、日本人観光客の評判は高い施設です。

センテニアル・オリンピック公園はオリンピック会場の跡地に作られたもので、広々とした開放感ある公園です。

ゆっくりと過ごしたい時にはおすすめです。

美味しいものも盛りだくさん

ジョージア州アトランタに観光旅行で出かける際には、アメリカ南部の名物料理やソウルフードを思う存分楽しめるでしょう。

アトランタはオリンピックが開催された経歴もありますから、足を運びやすいお店も豊富で、料理もワイルドでボリューミー。

南部らしさをガッツリと味わうにはうってつけの街と言えるでしょう。

この街では、何と言ってもフライドチキンなどのチキン料理が、とても良く親しまれています。

サクサクに上がったフライドチキンや、スパイシーに味付けしたジャークチキン、さっぱりと楽しみたい時にはチキンサラダなども味わうことが可能です。

他にも、お肉大好きなアメリカらしく、ステーキハウスも良くあります。

スタンダードなものから骨付きのステーキなども楽しめるので、がっつりと肉を食べたいという方にもオススメできます。

高級目なおしゃれなレストランもですが、ワイルドな雰囲気のショップも有り、色々なスタイルのステーキハウスを楽しめるでしょう。

トウモロコシの粉を使って作ったコーンブレッドも、アトランタでは親しまれている料理です。

パンの代わりについてくることもよくあります。

また、地元で作られるビールなどもありますから、ジョージア州アトランタへ旅行の際には、お酒好きな方は賞味しておきましょう。

直行便を始め選択肢は多数

日本からジョージア州アトランタへのフライトは、羽田からの場合、行きは直行便はなく最低でも一度は乗り継ぐ必要があります。

成田空港の場合は直行便があるので、出来るだけフライト時間を短縮したい場合には、成田空港を使ったほうが良さそうです。

成田空港からアトランタに行くには、直行便を利用すると最短時間で到着可能です。

アトランタのハーツフィールド・ジャクソン空港へは、平均的には12時間半程度のフライト時間となります。

帰りの場合は14時間ほどとなり、行きよりも帰りのほうが時間が掛るようです。

乗り継ぐ場合には、デンバー国際空港やシアトルのタコマ空港、他にもデトロイトのメトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港などを経由し、アトランタへと向かう移動手段が選択肢となります。

これらの方法ではフライト時間は15時間から16時間程度となります。

ただし、乗り継ぎ時間を考えると、全体での移動時間は数時間加算されるでしょう。

費用を少し抑えたい場合には、フライト時間は18時間から19時間程度に成りますが、ロサンゼルス空港やダラスのフォートワース空港を使えば、多少はリーズナブルに渡米することが可能です。

日本との時差は13時間で、向こうのほうが遅れていますから、旅行計画の際には、この点も注意が必要です。

意外とリーズナブルで過ごしやすい

アトランタはオリンピックも開催された都市で、知名度も高く、ジョージア州では最大の都市です。

このことを見ると物価が高そうなイメージがあるかもしれませんが、意外と他の大都市に比べるとリーズナブル。

日本で暮らすよりも、生活費自体は抑えて過ごすことも可能でしょう。

ラスベガスやロサンゼルスとの比較では、相当出費を抑えられます。

まず、食料品は全体的に安く、安いお店ならかなりのお手頃価格で購入できるでしょう。

肉もアメリカらしくリーズナブルですが、良いお店を探すと、より廉価で入手可能です。

外食についても、他の大都市に比べる割りと安いですので、環境客に必須のレストランや喫茶店も利用しやすいようです。

安めの値段設定のものもあるようですから、出費を抑えたい時には利用できるでしょう。

ガソリンも日本に比べると相当安いので、レンタカーを利用して自由に観光を楽しむのも有りかも知れません。

消費税については、食品や日用品に掛かるセールス・タックスと、宿泊施設に掛かるホテル・タックスが存在します。

また、日本にはない文化ですがチップという制度があるので、観光旅行の際には、この点については把握しておかないと、思わぬ出費になるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

アメリカ・アラバマ州のおすすめ観光スポット

自然豊かな景色とアメリカが持つ歴史をしっかりと感じることができる街が多いことが大きな魅力です。

山梨県のおすすめ旅行スポット

富士山でも有名な山梨県は、甲信越地方にある県で、本州の内陸部に位置します。 そんな山梨県のおすすめスポット、いくつかご紹介致します。 スポンサーリンク 山梨へ行くなら、ここがおススメ! 富士五湖からの …

カップル旅行で行きたい近畿地方のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 kinki地方に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

山口県のおすすめ温泉地3選

明治維新まで山口県は長州藩と呼ばれ、毛利氏によって治められていました。明治維新の際に、長州藩出身の多くの志士が活躍して、薩摩藩と共に近代日本の形成に貢献したことで知られています。 山口県内には多くの温 …

コロンバス(アメリカ・インディアナ州)のおすすめ観光スポット

インディアナ州のコロンバス州には、たくさんの観光スポットがありますが、中でも人気なのがミルレースパークです。

楽天モーションウィジェット