ベルギー旅行のおすすめ観光スポット

ベルギーでおすすめのスポットといえば、首都のブリュッセルと北西部の都市ブルージュです。

中心地として賑わうブリュッセルと、比較的落ち着いた雰囲気のブルージュはそれぞれ違った魅力を持っています。

スポンサーリンク

2大観光都市、ブリュッセルとブルージュ

ブリュッセルは世界で最も美しいと言われる広場グラン=プラスや、世界的にも有名な小便小僧が見どころ。

世界遺産にも登録されているグラン=プラスは豪華なゴシック様式の木造建築物に囲まれており、市庁舎や王の家、ギルドハウスが立ち並びます。

小便小僧は時々イベント行事や季節に合わせた衣装を着ていることもあり、よく写真で見かけるものとは違った姿が見られるかもしれません。

ブルージュは古きよきベルギーの雰囲気が残る街で、旧市街はチョコレート色の可愛らしい建物が立ち並びます。

ヨーロッパのキュートな雰囲気を持つ雑貨屋さんを多く見かけるのも特徴です。

天使をモチーフにしたグッズが多く、乙女心をくすぐられます。

どちらもあまり大きくない都市なので、街中を歩き回るだけなら地図が無くても迷うことがありません。

交通機関を使わなくても、徒歩で十分に観光できます。

観光するポイントと目的を絞れば一日で2つの都市両方を見て回ることも可能です。

チョコレートとワッフルは極上

ベルギーに来たのなら、チョコレートとワッフルを試さずには帰れません。

いたるところにチョコレートショップとワッフルショップがあり、お店周辺で座って食べたり食べ歩いている人の姿を多く見かけます。

チョコレートは見た目も凝ったユニークなものが多く、数えきれないほど豊富な種類が売られているので見ているだけでもワクワクしてしまいます。

お店のカウンターで売られているチョコレートは店員さんにグラム単位や個数で注文すると、目の前で注文した分をよそってくれます。

店員はみな外国人慣れしているので、海外旅行者にも親切に接してくれます。

一休みしたい時は、カフェで濃厚なココアを味わうのもおすすめです。

お酒が好きな人なら、チョコレートリキュール入りのドリンクを味わってみるのもいいでしょう。

チョコレートリキュールは街中のチョコレートショップでも購入できます。

ワッフルはお土産用に持ち帰るのもおすすめですが、やはり一度は現地で出来立てのものを召し上がってみてください。

サクサクで香ばしく、もっちりした生地は極上です。

ソースをかけて味わうなら、ヨーロッパで人気のヌテラもいいですが、やはりベルギーらしくチョコレートを選ぶのがおすすめです。

各都市までの移動時間

東京成田空港からベルギーのブリュッセル国際空港までの所要時間は、直行便で12時間です。

ベルギーからは周辺のヨーロッパの国々に簡単にアクセスできるので、複数の国を回りながら海外旅行を楽しむ方も多くいます。

小さい国ゆえにメインの海外旅行先というよりは、ヨーロッパ周遊の経由地の一つとして訪れる人が多いのも特徴です。

空港から市内へは電車で向かうと便利です。

空港から直接つながる鉄道駅に向かい、そこから出発する電車ならどれに乗ってもブリュッセル市内に向かうことができます。

切符を買う時は自動販売機か窓口を利用します。

窓口では英語が通じるので、海外旅行慣れしていない人でも戸惑わずに購入することができます。

空港から市内までをつなぐバスも運行されていますが、渋滞にはまりやすく時間もかかるのであまりおすすめできません。

ベルギーは比較的治安のよい国なので、きちんと荷物や身なりに気を付けていれば地下鉄も安心して利用できます。

ブルージュへ行くときは、ブリュッセルから鉄道を利用することをおすすめします。

直通の電車が運用されており、ブリュッセルからブルージュまで約2時間で到着します。

窓口で当日チケットを購入することも可能です。

比較的物価が高いと言われるベルギー

ベルギーで使用されている通貨はユーロです。

ユーロと円の変動にもよりますが、世界的に見てもベルギーは物価が高い国の一つです。

外食費や宿泊費から考えると、フランスや日本とあまり変わらないくらいの物価と言えます。

ブリュッセルはEUの重要機関が集中している都市なので、海外旅行として訪れる人はもちろんビジネス目的で訪れる人も多くいます。

政治家などの著名人が訪れるような高級レストランやホテルが多く揃うため、外食費や宿泊費は全体的に高くなります。

ブリュッセルに続いて物価が高い都市は、アントワープです。

アントワープはフランダースの犬の舞台になった都市でもあり、豪華な駅や美術館を一目見ようと多くの観光客が訪れます。

旅行者が少ない田舎ではかなり安価で過ごすことができます。

大都市の郊外でも安いホテルを見つけることはできますが、サービスが不十分であったり治安に問題がある地域もあるので十分に下調べをしてから滞在先を選びましょう。

スーパーに売っている食品は日本と比べると安めです。

アルコールや加工肉はかなりお手頃価格で手に入ります。

出費を抑えたいならバーに行く代わりにお酒とおつまみを購入してホテルで味わうのもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

サントリーのビール工場、武蔵野ブルワリーの工場見学

武蔵野ブルワリー(旧:サントリー武蔵野ビール工場)では、一般の方のガイドツアーを実施しています。 最後にプレミアムモルツの試飲が用意されていて、人気の工場見学です。

地元民おすすめ!新潟県旅行の穴場スポット3選

旅行に行ったとき、観光するにしてものびのびと見て回りたいものです。 そのためにはきれいな場所であることは当然ですが、行きやすい場所であることも重要です。 新潟県にもそのような穴場があるので、旅行の際に …

台湾旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行先に台湾を選ぶ人が年々増えてきています。 距離的に近いものの、しっかり外国の文化も味わえ、その上親日の人が多い国であるため、安心していくことの出来る国だといえるでしょう。 地元のグルメを味わい …

三重県のおすすめ温泉地3選

三重県は、2016年5月にサミットが開催され、観光地としても世界中で注目を浴びています。 伊勢神宮やナガシマスパーランド、鳥羽水族館など、有名な観光スポットが沢山あります。その中でも、温泉は家族でもカ …

ロチェスター(アメリカ・ニューヨーク州)のおすすめ観光スポット

最近は海外が身近なものとなり、長期休暇には日本を飛び出して、海外旅行に行く人が増えています。 世界には魅力的な場所が多いですが、中でもアメリカの人気は高く、行ってみたいと考えている人も多いかもしれませ …

楽天モーションウィジェット