ビスマーク(アメリカ・ノースダコタ州)のおすすめ観光スポット

ノースダコタ州はアメリカ合衆国の中央にあり、カナダと国境を接しています。

ビスマークは同州の州都で、州内では2番目に大きな都市です。

スポンサーリンク

ビスマークの観光スポット

市の名称はドイツの宰相だったオットー・フォン・ビスマルクに由来しています。

市内には公園も多く、周辺は小麦畑や森林の多い地域です。

ルイス・クラーク探検隊は18世紀のアメリカ合衆国陸軍大尉メリウェザー・ルイスと少尉ウィリアム・クラークに率いられ、陸路で太平洋へ探検して帰還した最初の白人アメリカ人による探検隊です。

ビスマークはルイス・クラーク探検隊の北西部開拓ルートの中間点あるため、同探検隊に関する史跡や博物館が多く見られます。

市内には多くの観光スポットが存在します。

ノースダコタヘリテージセンター・アンド・州立博物館では恐竜がいた時代から初期の民族、現代に関する展示が行われており同市の歴史を学ぶことができます。

ダコタ動物園には毎年15万人以上の観光客が訪れます。哺乳類から、鳥類、爬虫類、魚類など様々な動物たちを見ることができます。

動物園は大自然の中に存在しているので、野生に近い姿を観察することが可能です。

同市にはミシシッピ川の最大の支流であるミズーリ川も流れています。

全長4130kmにも及ぶアメリカでも最大級の川です。

ビスマークのおすすめグルメ

ノースダコタ州の産業において農業は重要な位置を占めています。

ビスマークでも周辺に小麦畑が広がっているように、穀物生産が盛んな地域です。

農業に携わるのは同州の人口のおよそ10%弱ですが、アメリカ有数の穀物生産量を誇ります。

また農業用地は11万平方㎞という広大なもので、同州の陸地の90%を占めておりアメリカ国内では3番目の広さです。

同州では様々な農産物の生産量で全米トップクラスの生産量を誇っています。

パスタに使用されるデュラム小麦の生産量は全米の約58%を占めます。

大麦や燕麦、大豆、ヒマワリなども州内各地で生産されています。

ソバの生産量は全米のおよそ20%です。

レッド川流域ではテンサイやトウモロコシが生産され、同州の中央部では蜂蜜も生産されています。

蜂蜜、乾燥豆類、レンズマメ、ジャガイモなどは全国有数の生産量です。

ビスマークは農業が非常に盛んなノースダコタ州の州都なので、観光客は同州内で生産された農作物を活かした料理を楽しむことができます。

市内には多くのファーストフード店やステーキハウスなどがあります。

また同市の人口のおよそ9割は白人ですが、そのうち約6割はドイツ系なのでドイツ料理を提供するレストランも見られます。

日本からビスマークへのフライト時間

観光を目的として日本からノースダコタ州ビスマークへ行くには何度か乗り継ぎが必要です。

成田空港などからの直行便はないので、経路によってフライト時間に違いが出てきます。

早い場合には14時間弱で到着することができますが、遅い場合には40時間を超えます。

乗り継ぎルートには様々なものが存在します。

東京を出発してオレゴン州ポートランドで乗り継ぎをした場合には、さらにミネソタ州へ向かいます。

ミネソタ州のミネアポリスにあるセント ポール国際空港からビスマークまでは日に数便が就航している小型機を利用します。

市内には公共交通機関があまりないので、空港でレンタカーを借りることになります。

ミネアポリスから自動車で同市に向かうのは非常に困難です。

同市に最も近い州内の都市はファーゴですが、自動車で4時間ほどの距離にあります。ファーゴはミネアポリスからも4時間ほどの距離です。

東京から同市へ行く経路には他にもハワイ州のホノルルやテキサス州のダラスフォートワース国際空港、コロラド州のデンバー国際空港 などで乗り継ぎをするものが存在します。

テキサス州のダラスフォートワース国際空港を経由する場合には、さらにシカゴ州のオヘア国際空港で乗り継ぎをする必要があります。

ビスマークの物価

ノースダコタ州の経済の大きな特徴は失業率がアメリカ国内でも非常に低いという点が挙げられます。

2010年の失業率は3.7%と全米で最も低く、1987年以降5%を超えたことがありません。

州内では農業が最大の産業ですが石油産業や食品加工業なども成長を見せており、経済状態が好調です。

州内で様々な農産物を生産していることもあり、物価の低い地域に分類できます。

同州は経済が好調で物価も安いことからアメリカ合衆国の中でも非常に住みやすい地域の1つに挙げられます。

州都から最も近いファーゴまで自動車で4時間かかり他の州へ行く場合にも小型機を利用する必要がありますが、今後さらなる発展を遂げる可能性を有しています。

特に同州内の石油の埋蔵量は莫大です。

州西部では石油ブームが起きており、ウィリストン、タイオーガなどは急速に発展してきています。

同州内の石油の2010年の1日あたりの石油産出量は5万6千バレルで全米4位となりました。

これは2007年の水準と比較すると3倍以上の量です。

また同州はグレートプレーンズ内に位置しており、常に秒速4.4m以上の風が吹いていることから風力発電も盛んに行われています。

同州内は農作物をはじめとして物価も安く、経済状態も優れているため非常に住みやすい地域です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

徳川家康が愛した「熱海温泉」の楽しみ方

「日本三大温泉」のひとつに数えられている、熱海温泉の歴史は、1500年前の奈良時代にさかのぼります。 かつて、海に温泉が噴き出している様子を見た住人が「熱い海」と呼び、熱海の地名が付いたと言われている …

夏休みに家族で旅行したい三重県のおすすめスポット3選

待ちに待った夏休み。子供達にとっては嬉しくてたまらない毎日の始まりです。 せっかくなら色々な体験を子供にもさせたいですし、大人も一緒に楽しみたいものです。 そこでおすすめの旅行先である三重県の紹介をし …

「マリーンプロダクト」でマリンスポーツを楽しむ!

沖縄の海は、世界でも屈指の透明度を誇るとても美しい海です。 そんな美しい沖縄の海を、シュノーケリングやスキューバダイビングなどの、マリンスポーツでじっくりと堪能したい方におすすめなのが、PADIの5ス …

大山まきばみるくの里で人気の体験とは?

大山まきばみるくの里は、鳥取県西部の西伯郡に位置しています。 牧場の裏には、「伯耆富士」の名前で親しまれる中国地方最高峰標高1,729mを擁する大山が聳え立ちます。

オランダ旅行のおすすめ観光スポット

レンブラントやフェルメール、ゴッホなど、世界に誇る絵画の巨匠を多く輩出しているオランダ。 その芸術の歴史をぎゅっと凝縮したような場所が、アムステルダム国立美術館です。

楽天モーションウィジェット