カンボジア旅行のおすすめ観光スポット

カンボジア最大の観光スポットで海外旅行が趣味の人は1度は行きたい、またはいったことがあるのはアンコール・ワットでしょう。

スポンサーリンク

カンボジアのおすすめはアンコールワット

アンコール・ワットはカンボジアでもパワースポットとして人気の場所です。

ただ、都市部からは公共機関がないため、タクシーやトゥクトゥクで行く人が多いです。
その時にはぼったくりには気をつける方がいいでしょう。

また、ツアーでも参加できるので添乗員だけでなくバスで現地まで連れて行ってくれます。
海外旅行初心者の人はツアーで参加するほうがおすすめです。

アンコール・ワットとはお寺です。
それ相応のマナーがあるので注意しましょう。

大声で叫んだり、喫煙、飲食などはマナー違反になるので辞めましょう。
世界遺産でもあるため、遺産を傷つけたり持って帰ったりするのは禁止です。

シェリムアップにあるトゥールスレン虐殺博物館も歴史を感じさせてくれる場所です。
収容所として使われていた高校を使用して博物館となっています。

カンボジアはポルポト政権時代に多くの虐殺行為が行われていました。
知識があると言っただけで収容され、虐殺された人は数知れません。
写真や拷問器具などが展示されており見る人たちにどれだけの悲惨な歴史があった国なのかを教えてくれます。

日本人もおいしいとうなるおすすめグルメ

カンボジアのグルメはレストランでも食べることができます。

クメール料理と言い、特に魚でも淡水魚が良く捕れるためスープなどに使われています。
タイやベトナムが隣国なので似ている料理もありますが、タイと違ってそこまで辛くありません。

ココナッツを使用するなどまろやかなグルメも数多いです。
マーケットなどで食事をするととても安いです。

クイテイウという麺はベトナムのフォーに似ていますが、少し細い麺です。
あっさりしているけども、濃厚な出汁と一緒に食べるとほっと一息つけるグルメです。

また、食事にバナナの花を使った料理も多いです。
ニョアムトロヨンチェイクというバナナの花と一緒に鳥肉を煮込んでそれをサラダにした一品です。

また同じようにバナナの花と鳥肉で作ったスープもあり、食べ過ぎた胃を優しく保護してくれる効果があります。

日本では味わえないようなグルメが豊富なのが特徴です。

またデザートは主にココナッツミルクを使われています。
バナナとココナッツミルクで作った物、ごはんとココナッツミルクを蒸してお餅にしたようなスイーツもあります。

かぼちゃや里芋などを使った、どちらかというと自然の素朴な味を大切にするものが多いです。

カンボジアまでのフライト時間は?

カンボジアに海外旅行へ行く場合、日本からはプノンペンまでの直行便があります。
それですと6時間半程度で到着ができます。

もちろん経由していく便も多くあります。
その中でも多いのがソウル、香港、タイ、ベトナムがあります。
最短で10時間程度かかりますが、乗り継ぎ時間の長さによっても違うため、行く前にはしっかりと確認しておく必要があります。

また時差は2時間程度ですので、そこまで時差ボケなどはないでしょう。

カンボジアは海外旅行ではとても人気の国なので、フライトの本数も多いです。

飛行機だけで無く、バスや電車などでも入国ができます。

ベトナムやタイなどが隣国のため、数カ国を巡るツアーなどもあります。
多めの休みでのんびりと観光を楽しみたい人にはおすすめです。

温暖な気候ですが、夏場でも夜になると涼しくなるので少し羽織る物をもっていくことをおすすめします。
日中は日が強く、肌が弱い人は日焼け止めなどを持って行くことが良いでしょう。

カンボジアに入国の時にはビザが必要です。
旅行に行く前に申請するのをおすすめしますが、現地に到着しても申請ができます。
ただ待ち時間があったりするので、それを短縮するためには前もって取っておきましょう。

物価はどれぐらい安い?

カンボジアの通貨はリエルですが、アメリカドルが流通しているため、ドルで買い物もできます。
ドルの使用頻度が高いので、観光地ではほとんどの施設で使うことができます。

しかし、日本とは違って大きなお札で1つものを購入しようとすると嫌がられることがあります。
これは偽札が出回っているのもありますし、大きなお札だとたくさんのおつりが必要となってくるので、できるだけ細かいのを出す方が良いでしょう。
両替の時に細かくしてもらうように告げるのもおすすめです。

海外旅行では両替をどこにするかが困ります。
日本の空港でもできますが、比較的レートが悪いことが多いです。

現地の両替所でするのがレートがいいです。
また、ホテルでも両替ができるところがありますが、手数料を高く取られるためあまりおすすめできません。

観光地の物価は少し高めに設定されているところが多いです。
町中のレストランですと比較的安くで食事ができます。
また屋台などで食べると100円程度でお腹いっぱいになるのでとても安いです。

また重要なのは水です。
衛生面でも日本と違って良くないため、水道の水は飲まないでミネラルウォーターを買いましょう。
ペットボトル1本10円程度なのでとても安いです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, , ,

関連記事

水と緑がテーマの遊園地!としまえんのおもしろさ

としまえんは、池袋駅から約15分、新宿駅からは約20分の距離にあり、最寄り駅の豊島園駅からは徒歩1分から2分程度で到着します。 所在地は練馬区で、東京都内はもちろん首都圏全体で見ても有数の規模と一日中 …

熊本県のおすすめ旅行スポット

九州地方の中央に位置する熊本県は、通称「火の国」とも呼ばれています。 そんな熊本県のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。

デモイン(アメリカ・アイオワ州)のおすすめ観光スポット

デイモンは経済と文化の中心都市と呼ばれています。

ハネムーン旅行におすすめの国TOP5

ハネムーンは一生に一度しかない大切な旅行です。 絶対に素敵な思い出になるようにしたいと、どのカップルの方も願うところでしょう。 結婚式の準備で忙しい中でも素敵な海外旅行になるように、前もって準備をして …

ハンガリー旅行のおすすめ観光スポット

なんとなくヨーロッパの国々のひとつで、具体的なイメージがあまりないハンガリーですが、実際に行った人はすっかりその虜になる人が多いです。 ハンガリーはヨーロッパのおしゃれさと、自然の雄大さ、素朴さを兼ね …

楽天モーションウィジェット