アメリカ・コロラド州のおすすめ観光スポット

アメリカのコロラド州の中で人気のある観光地の1つがブラックキャニオン・オブ・ザ・ガニソン国立公園です。

スポンサーリンク

コロラド州での観光ならブラックキャニオン

この公園は、日本にあるような公園ではなく、広大な大地に大きな谷間があります。
ゴツゴツした岩場が強烈な印象を与えてくれるのがこの公園の特徴です。
まさしく秘境と言うことができるでしょう。

渓谷のはるか下の方を見ると、ガニソン川が流れていますが、このガニソン川は200万年以上の時間をかけて岩肌を切り開いてきました。
これによって、大きな渓谷ができました。

この川は急勾配で有名です。
1キロメートルにつき平均6.4メートルも下っていくため、グランドキャニオンの谷底を流れているコロラド川よりもはるかに急勾配であることがわかります。

この川でラフティングは禁止されています。
なぜなら非常に危険だからです。
流れが急すぎてコントロールできない可能性が高いです。
しかもいちど水の中に入ってしまうとそのまま流されてしまう可能性があります。

ブラックキャニオン・オブ・ザ・ガニソン国立公園で、神秘的な素晴らしい光景を見ることができますが、サウスリムの案内所では、11カ所の展望台から選ぶことができます。

このように、何度旅行に行っても楽しめるのがご公園の特徴です。

お勧めのグルメは肉料理が多い

コロラド州では、牛肉がいっぱい生産されてます。
そのため、肉料理が多いのが特徴です。

地元コロラドでとれたビーフだけでなくポークなども使われていることが多いです。
ホルモン剤を一切使わず自然な状態で飼育しているため、おいしい肉を食べることができます。

中でも人気があるのはハンバーガーです。
日本のハンバーガーとは違う、スケールの大きい料理を楽しむことができます。

野菜料理も注目です。
野菜でよく使われているのはビーツになります。
ビーツは、アメリカの野菜の中でもポピュラーなものとして知られています。
これはサトウダイコンの仲間で、苦味よりも甘みの方が強く、栄養価の高い野菜として知られています。

フルーツも見逃すことができません。
秋には、ストロベリーやチェリーを収穫することができ、お店で提供されているスイーツにもチェリーやピーチがたくさん含まれているのが特徴です。
定番デザートとしては、ストロベリータルトにアイスを添えたものが有名です。

お酒好きの人にとってたまらないのはクラフトビールでしょう。
コロラド州は、ビールの生産地として知られており、アメリカの全土の中で1番ビールが飲まれている地域です。
地ビールだけで200種類を超えるほどになります。

半日近く飛行機に乗っている必要がある

日本からアメリカのコロラド州に観光目的で行くためには、必ず飛行機に乗る必要があります。

飛行機のフライト時間はおよそ10時間50分です。
若干前後することがありますが、11時間位飛行機に揺られると思っておけば間違いないでしょう。

日本からであれば成田空港から出発すると良いでしょう。
行き先はコロラド州の中でもデンバーが一般的な行き先です。
また関西空港からも行くことができます。

ただ、どちらも便の数がそれほど多くはありません。
人気がある時期には、チケットが取れない可能性がありますので早めの予約が必要です。

飛行機で行く場合は、デンバー行き以外にもサンフランシスコ行きに乗ることもできます。
ただし、多少面倒臭いです。

サンフランシスコの行きの便に乗り、サンフランシスコに着いたならばそこからアムトラックに乗りデンバーに向けて出発します。
途中、レメリビルまで、バスに乗って行き、そこからアムトラックに32時間ほど揺られるとデンバーに到着するでしょう。

日本との時差はおよそ16時間になります。
飛行機に乗っている間に16時間時間が戻ることになりますので、午後出発しても、現地に到着すると午前中に戻っていることになります。

物価は日本よりも安い

コロラド州に観光に行くときには、どれぐらいの物価になるかを気にしておく必要があります。
物価を知らないと観光でどれぐらいのお金を使ったらいいかわからないでしょう。

結論から言えば、アメリカの中でも割と物価が低いことで知られています。
例えばアメリカのニューヨークと比較するとその物価は7割程度になります。
一方で、東京と比較するとおよそ6割ほどの物価と考えておけばよいでしょう。

ただし、食べ物に関してはものによって価格が異なります。
コロラド州でたくさん生産されている牛肉や果物、野菜などは割と安い値段で購入することができますが、現地で日本製品を購入するとなると割高になります。
基本的に現地で生産している物を購入すれば、それほど大きな出費になる事はないでしょう。

観光するときに、外食をする場合、1食500円程度でお腹いっぱい食べることができます。
もし1週間ほど滞在する場合は、1人当たりおよそ1万円もあれば十分に食事をすることができます。

物価と言えば交通費が気になるところです。
現地で車を借りて移動する場合、そのガソリン代は安く、燃費の良くないアメ車でも、日本のエコカーほどの費用とは言いませんが、最終的にエコカーに近い位の出費で済みます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

ベルン(スイス)のおすすめ観光スポット

スイスのベルンという町は、ほぼ中央に位置する大きな町です。旧市街の町並みはとても美しく、世界遺産にも認定されています。

12月におすすめの国内旅行先3選

本格的な冬が始まる12月は、カニや牡蠣など、新鮮な海の幸が解禁になる美味しい時期でもあります。少し寒い土地へ行くほど、美味しいものを堪能できるので国内旅行におすすめの季節です。 年末に入ると旅行代金も …

那須高原南ヶ丘牧場で人気の体験とは?

栃木県那須高原南ヶ丘牧場は様々な体験ができる観光牧場として小さな子供からお年寄りまで多くの人が訪れる人気の観光牧場です。

家族旅行におすすめ!東京ドイツ村の楽しみ方

家族旅行に出掛ける予定がある方にお勧めしたいのが東京ドイツ村です。

誰にも邪魔されない!貸切風呂のある宿の良さ

温泉は基本的に男風呂と女風呂で別れていて、恋人や夫婦二人で行ったときには別々にお風呂に入りますね。 一人で入ればのんびりとつかることが出来ますが、寂しい思いをすることにもなるでしょう。 男風呂と女風呂 …

楽天モーションウィジェット